平成22年度富士総合火力演習(総合予行)

応募ハガキが落選という私にとって最大級の緊急事態で幕を開けた今年の総火演シーズン。幸い知人のツテで総合予行日のチケットがなんとか手に入りとりあえず一安心していたところに、今度は90式戦車の砲身破損事故や空自F-2支援戦闘機の脚引き込み事故と、不安なニュースが相次ぎ・・・。

まあそれでも、制約付きながら例年通り今年も見学することができてよかったよかった。
(というわけで本記事は29日の一般公開に先駆けて行われた、24日の総合予行の様子です)



対戦車ヘリAH-1SコブラがTOW対戦車ミサイルを発射した瞬間。
画像

このTOWは有線誘導式のミサイルで、ワイヤーを引きながら目標まで飛翔する。命中後は機体側のカッターでワイヤーを切断するんだそうだ。
今年も木更津の第4対戦車ヘリ隊(IV ATH)からの参加。

輸送ヘリCH-47Jチヌークが隊員をリペリング降下させ直ちに離脱していく。
画像

目の前で巨漢が豪快に飛ぶ。総火演でのチヌークの機動は毎年大迫力である。
この機体は木更津の106飛行隊(HGP VI)“kazusa flight”

観測ヘリOH-1ニンジャも恒例の派手なフライトを披露。
画像

背を見せ腹を見せ、パワフルかつ軽やかに舞う姿は総火演でもすっかりおなじみとなった感がある。

今年はついに戦闘ヘリAH-64Dアパッチ・ロングボウが射撃を実施。
画像

画像

ヘルファイア対戦車ミサイルはお預けとなったが、空薬莢をばら撒きながらの30ミリチェーンガンの連射はコブラの20ミリ砲とは一味違う迫力があった。

少なくとも予行日に90式戦車は撃たないという情報を事故後に得ていたので、もしかしたらそのぶん74式戦車が余計に撃つんじゃないかという淡い期待も抱いていたのだが、残念ながらあくまでナナヨンはナナヨンとしての射撃を行うにとどまった。キュウマルの射撃は主砲同軸の7.62ミリ機銃と、ラストの発発(発煙弾発射機=スモーク・ディスチャージャー)のみ(ブログトップページのタイトルバック参照)。
来年は頼むぜ、キュウマル!
画像
射撃状態を示す赤旗が、120ミリ滑腔砲ではなく7.62ミリ同軸機銃のためなのが悲しすぎる・・・(泣)

画像

ちなみに長年の総火演通いにおいて戦車砲の発砲炎を一枚も撮れなかったのは今年がたぶん初めて。釣りで言うところの「ぼうず」であった。周囲のカメラマンさんたちの連写音を聞いていて、我が愛機EOS30Dの連写速度が明らかに遅いことを痛感。発砲炎撮影は運と連写速度にかかってるからなあ・・・。

最後に今年の初登場装備を紹介。

まずは10式戦車
画像

先月の富士駐屯地祭ですでに一般公開された新戦車を初めて目にした。90式より一回り小さいはずなのに見た目にはむしろ大きな印象を与える精悍なスタイル。主砲は90式と同サイズ(44口径120ミリ)の滑腔砲で、10式にはラインメタル製ではなく国産砲が搭載されているとのこと。
最近雑誌等で見かける10式は富士学校機甲科部の車両だが、この車両は戦車教導隊所属となっていた。富校での試験が終わり戦教隊への配置換えが進んでいるのかもしれないな。

アパッチの射撃とヒトマル式が注目を浴びたであろう今年の総火演。だが注目すべきはやはり96式自走120ミリ迫撃砲だと断言してしまおう。
画像

画像

東千歳の第11普通科連隊にしか配備されていない激レア装備なのだから。はるばる海を越えて本土にやってきた総火演初登場の自走120迫。車体にマークされる「11普-重迫」の部隊標示に、感激のあまり涙した私であった(笑)
(ここ数年北海道各部隊の90式戦車が総火演に登場しているが、車両は戦車教導隊の物を使用しているので・・・)

最後の最後にオマケ~。
スタンド前を続々と退場していく戦車の群れ。笑顔で手を振ってくれる車長さんたちにイケメンが多いことに気付いた(笑)

戦教2中の90式戦車の車長さん。
画像

戦教1中の74式戦車の車長さん。
画像

いや~、いい顔してますね♪

件の90式戦車の事故は、公開前のリハーサル中に行進間射撃(走りながら徹甲弾を撃つ)を行っていた1個小隊4両のうち1両の砲身が暴発。破片が観客席まで飛んだというもので、けっきょく私の見学した日は同戦車の戦車砲射撃がすべてキャンセルになってしまった。
その後原因が判明したため今日29日の一般公開では予定通り射撃が行われるようで、本日見学の皆さんがうらやましい限り(悔泣)

松島でF-2の事故が発生したのはまさに総合予行が始まる頃。25日以降全機飛行停止になっているF-2は一般公開の今日、果たして飛ぶことができるのか?

予行と一般公開で、90式とF-2の参加が入れ替わりに危うくなった(無くなった)状況は総火演ファンとして非常に残念なことである。来年はまたプログラムどおりの見事な演習展示を披露していただきたいものだ。

防衛省さん、陸自さん、空自さん、期待してますよ!



昨年の総火演記事
北の精鋭見参・・・富士総合火力演習(2009/08/30)


8/29 10:23追記
現在ネットで一般公開の様子が生中継されており、築城のF-2×2機の参加を確認しました。
同 11:14 さらに追記
90式戦車による行進間射撃は実施されましたが、方向転換前の一発目は撃ちませんでした。今年は元々そういうシークエンスだったのか、事故への配慮なのかは不明。

"平成22年度富士総合火力演習(総合予行)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント