『コクリコ坂から』・・・少女よ君は旗をあげる

東京オリンピックを目前に控えた日本。舞台は横浜。純真な少女と少年の恋模様は途中ドキリとするような展開も交えつつ、それでも最後は実に清々しい希望あるエンディングへとつながってゆく。
ジブリならではのファンタジー色はほとんどないが、登場人物すべてが優しくて温かくて爽やかで、後味が絶品のアニメーションだった。

校内の部室棟取り壊しを巡るドタバタと下宿の住人たちの日常風景の中、観客が惹かれていくのは海と俊の恋の行方だ。親しさを増すふたりにとって衝撃の事実が判明するのだが、それを知った上で想いを伝える海の告白シーンはとにかくまっすぐで、胸がキュンとなってしまった。
この“衝撃の事実”には時代ゆえの裏話があり、それが少しずつ解明されていくにつれ沈んでいた二人の表情が徐々に明るくなっていく感じも実によい。

で、惜しむらくは海と俊が育んでいくこの恋模様の描き方が何かこうあっさりし過ぎていること。古きよき時代を思わせる学校でのドタバタ劇も楽しくていいのだが、どうせなら若い恋人たちにもっともっとスポットを当てた劇的なラブストーリー仕立てでもよかったように思う。

海が「メル」と呼ばれているワケ、庭に咲くポピー(ヒナゲシ)の意味、下宿人たちの素性など、少々説明が不親切な部分もあったかな。妹の“空”や弟の“陸”(この兄弟は自衛隊かっ?)の扱いにも中途半端さを感じてしまった。

そうそう、疑問がひとつ。
海の父親が朝鮮戦争で戦車揚陸艦(LST)に乗り組んでいたという設定があり、実際にLSTが攻撃を受けてるシーンも出てくるのだが、日本がこういう形で朝鮮戦争にかかわったというのは史実? ちょっと調べてみたところ海保の掃海部隊の派遣はあったようだけど・・・。
海の父親が船の事故で亡くなっているのは原作どおりなのだが、本作ではなぜわざわざ朝鮮戦争を絡めたのだろう・・・・・謎。



まあそれでもとにかく、吾朗監督が本作に注いだであろう優しさは世代を問わず多くの人に伝わるのではなかろうか。過去のジブリ傑作群と並べて語るには少々世界観の小さな物語ではある。けれど、そこからじんわりとにじんでくるホッコリとした温かさはなかなかに心地よい。
夏休みを前に大作や人気シリーズ目白押しの映画館にあってホッと一息つけるような、そんな優しさあふれる良作がここにある。



"『コクリコ坂から』・・・少女よ君は旗をあげる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント