『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』・・・ライヘンバッハとその後

ホームズとワトソンの人物像に関する固定観念を鮮やかに覆してくれた前作から2年。楽しみにしていた続編がいよいよ公開となり、ロバート・ダウニーJr.とジュード・ロウによるあの名コンビが再びスクリーンに帰ってきた。

いやーおもしろかった!
コナン・ドイルだとか謎解きミステリーだとか、そういう予備知識は忘れてしまったほうが楽しめるのは前作同様。また前作で若干気になった中だるみも今回は皆無で、とにかくテンポがいい。アクションとコメディがバランスよく配され、もちろん適度なサスペンス&ミステリーも交えながらの展開が実に痛快だ。その場限りの笑い要素かと思われたアイテムたちが終盤でしっかり役目を果たす様も、伏線回収としてきっちり決まっている。
ロンドンからフランスへドイツへと舞台もめまぐるしく変わっていくのだが、話がシンプルなので置いていかれることもない。そしてクライマックスは『最後の事件』の、あのライヘンバッハの滝である。熱心なシャーロキアンならずとも、ホームズとモリアーティ教授の対決の場として知る人は多いはず。しかも本作ではこの地にヨーロッパ各国首脳が集まっているという設定で、モリアーティが企む世界規模の陰謀をホームズがいかに暴き阻止するかという、原作を超えた壮大なスケールの対決の場として見応えたっぷりに描かれていた。
滝壺に消える二人は果たして・・・。

ロバート・ダウニー演じるホームズが相変わらずコミカルですっかり楽しませてもらった。例えば変装。そもそも変装は探偵の重要スキルだから、中国人になろうが女装しようが本来おかしいことではないはず・・・なのだが、本作のホームズの変装は学芸会レベルといおうかドリフレベルといおうか、もう笑わずにはいられない。そしてあの馬、さらには実用性が甚だ疑わしい意味不明な迷彩スーツ(笑)と、世界中のシャーロキアンの逆鱗に触れることはないかと心配になるほど可笑しかった。
もっとも序盤で登場するあの迷彩スーツは、最後のシーンで“この部屋のどこかに絶対ホームズがいる”と観客に思わせ探させるための、つまり映画的には重要アイテムなのである。事実ワトソンがあわてて部屋を出ていった後、笑いをこらえながらホームズを探しちゃったよ私。

敵に遭遇したホームズが脳内で瞬時に危機回避のシミュレーションをし行動を起こすという一連の流れも本作の見所のひとつ。これ、前作でも非常に印象に残る見せ方だったわけで今回もその演出は健在。その時点で得られる複数の情報から直後の未来を予測するという彼の才能おそるべし。


愛しのレイチェル・マクアダムスが今回も出番が少ないうえに、まさかの展開で正直ショック~。しかし、考えてみれば実際の場面ではアイリーンが倒れる時のガチャンという音しか聞こえなかったわけだし、ホームズに“そのこと”を伝えるのは他ならぬモリアーティである。ホームズ自身、原作と違いライヘンバッハからの生還が明確に描かれた以上アイリーンだってきっと・・・。

そして、そう。
みんな揃っての3作目を期待したいのである。



 『シャーロック・ホームズ』・・・ホームズとワトソンの人物像  2010/03/13

"『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』・・・ライヘンバッハとその後" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント