『劇場版 SPEC ~天~』・・・開けてしまったパンドラの箱

思えばテレビドラマの第1話からハマってしまった『SPEC』。戸田恵梨香と加瀬亮の新境地にグイグイ引き込まれてあっという間の全10話。結局謎だらけじゃないか~!な終わり方だったドラマの続編がついにキタ!(喜)

ちなみに昨日の「王様のブランチ」の中で「テレビドラマのほうを見てなくても単体で楽しめる」と紹介していたが、それはどうだろう。少なくとも先日放送されたスペシャルドラマ『SPEC ~翔~』を見ておかないと付いていけないこと必至。SPECの世界観を存分に楽しむためにもぜひテレビ版を見てからの鑑賞を強くおススメする。


秘密裏に進行するシンプルプランに対抗すべく組織化したスペックホルダーたち。彼らをまとめるのは死んだはずの一十一(ニノマエジュウイチ)だ。当麻の左手が持つスペックによって召喚されない限り存在することがありえないはずの彼が、二人のスペックホルダーを従え“ミショウ(公安第五課未詳事件特別対策係)”に挑んでくるのだ。
公安トップも動く。劇場版でついに“本物”登場となった津田の指揮のもと、ミショウをはじめ内調(CIRO)や自衛隊情報部も参加しての対策本部が立ち上がる。
SITだのCIROだのと私のマニア心をくすぐる組織があれこれ登場するのもうれしい限り。SATじゃなくてSITだもんなあ。なんてマニアックな。対テロ編成ということで陸自特戦群への参加要請もきっとあったに違いない!?

閑話休題。

『TRICK』や『ケイゾク』等々でもおなじみの堤ワールドが本作でも炸裂。いちいち列挙したらキリのない小ネタの数々。セリフの端々から壁のポスターに至るまで、これでもかのネタの応酬である。“ママゾン”だの“冬のソノタ”だのと実在するアレコレのパロディも多数。
監督にかかればキャストも即ネタの元。キルビルは出るわデカレッドは出るわ。そりゃあ栗山千明に載寧龍二だもんねぇ。栗山演じる里子は監督の急な思い付きにより帰国子女という設定になったそうで、珍妙な日本語がこれまた面白かった。そういや伊藤淳史役の伊藤淳史ってのもわかったようなわからんような。

ニノマエのスペックは時間を止めること。
正確に言うと周囲の動きが止まって見えるほどの高速動作ができるという、要するに009島村ジョーの加速装置的スペックである。時間をコントロールできる能力は最強のように思えるが、当麻はそれゆえの致命的な弱点を見出していて、ドラマ最終話同様今回もそこを突いた見事な作戦でニノマエを倒す。つまりスペック発動時に(時間概念で)周囲の何倍もの高速でその場で存在しているニノマエが触れたらヤバイ物を、カウンターメジャーとして戦いの場に当麻は持ち込むのである。
当麻とニノマエが決着をつけるこのシーン、もちろん『SPEC』のお約束ともいえるタイムスライス撮影によって表現されている。CGによるVFXとは明らかに違うリアルな特撮映像の世界は一見の価値あり。


100万人に一人いるとされるスペックホルダー。もしそうなら単純計算で日本には120人ものスペックホルダーがいることになる。そのすべてが悪ではないし、己の特異体質を隠しひっそりと暮らす者もいよう。それでも相当数が瀬文や当麻たちの前に現れることは想像に難くない。パンドラの箱は開いてしまった、いや、皮肉にも警察が、そして他でもない堤監督自身が開けてしまったのだ。

ファティマ第三の予言、御前会議、そしてシンプルプラン。

スペックホルダーを迎え撃つ当麻たちの行く末は謎に満ちている。身近な人物の中にも敵か味方か曖昧な者が相変わらず多い。本作で死んだように描かれた人物たちもその生死はかなりあやしい。
正直テレビドラマを毎週楽しみにしていた時ほどの興奮はなかったが、これはもう乗りかかった船としてその展開その顛末に最後まで付き合うしかないようだ。


野々村からの手紙を読む雅のシーンがオープニングとエンディングに登場する。時は2年後の2014年。オープニングでは手紙の内容に驚かされ、エンディングでは雅の立つ場所の状況に絶句・・・。

2010年のテレビドラマの最終話「癸の回」が“起”となっていて、スペシャルドラマ「~翔~」が“承”、そして本作「~天~」が“転”である。となれば“結”にあたる続編は当然考えられているはず。「~翔~」及び「~天~」でクリアになった謎もある反面、新たな謎も生まれてしまった。瀬文と当麻が思いっきり否定する(笑)“結”ではあるが、これで終わってもらってはファンは困るのだ。

白服の男の正体は? ニノマエのク●ーンは誰が? 潤ちゃんは何者?

野々村の手紙を手に立ち尽くす雅の目の前に広がる驚愕の光景。これはシンプルプラン発動の結果なのか。日本はどうなってしまったのか。その真相が明かされる日を楽しみに待ちたい。

堤監督、「欠」などと言わずに「決」ってことで、マジ頼みます!


"『劇場版 SPEC ~天~』・・・開けてしまったパンドラの箱" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント