テーマ:園芸

真夏のトレニア

今年の夏もやっぱりトレニアでにぎわう我が家の庭。全部こぼれ種。この涼やかな青紫の気持ちいいこと! 圧倒的に多いのがこの色↑で、全体の9割以上を占める。4年前の春、庭の隅っこに一つまみの種をパラパラっと蒔いたのが始まりで、その後毎年このにぎわいだ。 残り1割がこの色↓ このピンクは年によって花苗を2~3株植え…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

メランポジウムの黄と緑

こぼれ種のメランポジウムが咲き出した。 これで今年も買わずに済んだわけだが、こうして発芽から開花までを自然に任せた場合、花を楽しめる期間が短くなってしまうという欠点は否めないんだよねえ。 まあ我が家では夏も後半になるとペチュニアやロベリアたちが少々くたびれてくるので、今からにぎやかになってくる花という点ではうれしい限りだけど…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

“あの”ギボウシその後

先月、株の根元で咲き始めてしまったヘンなギボウシ(笑)はその後、同時に伸びていた花茎の先のつぼみが順調に開花して一安心。我が家のギボウシ中で最も大きなサイズの白い花を咲かせ続けている。 このギボウシ、花一輪あたりの開花期間が他より長めなので、常に複数の花がにぎやかに咲いているのもうれしいところ。 (と言いながら写真が一輪アッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリエッティの庭・・・センニチコウ

映画『借りぐらしのアリエッティ』に登場する庭はなかなか魅力的だ。古い屋敷の手を入れていない庭なのにもかかわらず・・・いや、だからなのか無造作に咲き乱れる夏の花たちがどれもこれも美しい。 ガーデナーなら映画やアニメに興味がなくとも観て損はない作品である。 (そもそもジブリ作品は背景の植物がいつもきれいに描かれるのだ) 劇中の主要…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベインが魅せるカリブラコア

前にチビカマキリの記事の中で“もはやいいとこなしのお荷物な・・・”と表現したカリブラコア。JOY GARDEN(ジョイフル本田オリジナル?)の“サンノヴァ”というカラーで、ラベル写真の鮮やかな黄色に惹かれ去る5月に開花前の株を購入したものである。 ところが実際に咲き始めてみると、黄色の単色ではなく赤い脈模様(いわゆるベイン)が入る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こぼれ種のダールベルグデージー

今年の夏は定番のトレニアとメランポジウムの他にもうひとつ、こぼれ種から芽を出し花を咲かせている植物がある。昨年夏の寄せ植えに使ったダールベルグデージーだ。 先月初めに庭の2ヵ所で咲き始めるまで雑草と区別できてなかった私。せっせと草取りに精を出すマメな性格じゃなくてよかったよなあ(笑) 元々花サイズの小さい植物だが、今咲い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

借りぐらしの・・・バズ・ライトイヤー(何やってんだオレ)

うちのアイビーとバズの食玩フィギュアでアリエッティをパロってみた(笑) この後、花壇のマリーゴールドを使って例の「君たちは滅びゆく種族なんだよ」と翔少年に宣告されるシーンにチャレンジしたのだがなかなか構図が決まらず、ふと自分が庭でトイストーリーのおもちゃで遊んでいる怪しいおっさん状態であることに気付いた時点で急に近所や往来の目…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

クリスマスローズ・・・夏なのにこれは花なのでしょうか?

しばらく前から気になっているのだが、現在シマトネリコの木陰で夏越し中のクリスマスローズの根元のほうに何やら花のようなものが・・・。 春先の花の終わりや新しい葉が伸びた頃にはなかったんだけどなあ。気付かなかっただけで花期ギリギリに咲こうとしたものの咲き切れなかった昨シーズン最終花の姿なのだろうか。 写真は根元を撮影したもので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年の夏もトレニアがいっぱい

我が家の庭にトレニアの季節がやってきた。毎年恒例、こぼれ種からの一斉発芽である。 庭の至る所に出現したトレニアたち。日当たりのいい場所ほど成長も速いようで、すでに大きなつぼみを膨らませている物もある。 頃合いをみて間引きや移植をしてあげなきゃね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4番目のギボウシ、不思議な開花

3番目のギボウシがなかなか咲きそうで咲かない。そうこうするうちに4番目のギボウシがつぼみを頂点に花茎を伸ばし始めた。我が家で唯一品種名の判明しているギボウシ、“ソー・スウィート”だ。 とりあえず記録写真ということで撮ったのがこれなのだが↓ 撮影時に根元のほうで既に開花が始まっていることに初めて気付いた↓ 咲き終…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『借りぐらしのアリエッティ』・・・夏の草花、角砂糖・・・そしてノイチゴの実

深い緑と色鮮やかな夏の草花たちが織り成す美しい風景、そしてそこに息づくジブリらしい表情豊かなキャラクターたち。ストーリーに特別なインパクトはないものの、こじんまりとまとまった愛らしく優しい作風はとても心地よかった。 意志が強く朗らかで前向きで好奇心旺盛なしっかり者・・・そんなアリエッティ(声:志田未来)のキャラが典型的なジブリのヒ…
トラックバック:67
コメント:12

続きを読むread more

こっちのギボウシも開花間近

我が家に4種あるギボウシのうち、これまでに2種の花が終わった。残るは二つ・・・と思っていたら今年新たに植えたひとつがいつの間にかつぼみをつけていた。 葉は明るい黄緑で縁が濃い目のグリーン。この色合いはウチにある中では一番のお気に入り。ただし葉厚が薄めなので他のギボウシに比べるとちょっと安っぽく見えるのが玉に瑕ではある(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シマトネリコの花が咲いた~♪

2年前に植え付けた時はわずか80センチの苗木だったシマトネリコ。その後驚異的なスピードで成長し、今では3メートル超の立派な庭木となった。そして今年、我が家に来て以来初めての花を咲かせている。 木全体に花が付いたわけではなく、込み入った枝葉の中心付近にほんのひとかたまり。たまたま近所のご婦人とこの木を見上げながら「今年も花が咲か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

草取りの午後とメランポジウム

今日の予報は午後から雨。電気系が少々トラブってるバイクを降り出す前にとあわてて整備した。が、試走を終え作業完了となっても雨の気配は皆無。そこでしばらくサボってる庭の草取りに励むことにした。 梅雨時のじっとりとした蒸し暑さの中、蚊取り線香をダブルで配置しせっせと雑草を抜いていく。と、いつの間にか芽を出していたメランポジウムとご対面。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

3シーズン目に咲いたギボウシ

これまで一度も花を見たことのなかった葉色が青緑系のギボウシが、我が家に来て3シーズン目にして初めて花を咲かせている。 先週つぼみの状態を記事にしたギボウシは薄紫色の花を次々咲かせているが、それに対しこちらの花色は真っ白。 鉢植えと地植え2本立てのこのギボウシ、まず咲き出したのは地植えのほう。昨年株分けした一方を庭に植え付…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒメモンステラの覚醒

記事にはしなかったが去るGW前後に室内の観葉植物をいくつか植え替えた。 その後ヒメモンステラだけに成長の兆しが見られず心配していたのだが、先日上のほうの節目から突然新芽が伸び始め、あれよあれよという間に若い葉を一枚展開した。 濃いグリーンの厚葉が魅力のモンステラだが、開いた直後の葉のこうしたみずみずしい透き通るような質感と明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西武ドームのとなり、「ところざわのゆり園」に行ってきた

先日NHKのニュースをボケーっと見ていたらなにやら開けた斜面いっぱいに咲くユリの映像が・・・。単に花好きなだけでなく、いわゆる花の名所大好きな私にとってその映像はあまりに魅力的で見入ってしまい、肝心な情報をすっぽり聞き逃すハメに。(オバカ) かろうじて聞き取ったキーワードは“●●●ザワ”。 関東ローカルの話題だったので「きっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ギボウシのつぼみ分裂中

我が家のギボウシは現在4種類。花の時季が少しずつずれているので順番に愛でる楽しみがある。今年も最初のギボウシが花茎を何本も伸ばし始めた。それぞれのてっぺんにつぼみを乗せて。             ↑これが現在の様子だが、                        3日前はこんな形状↓ 最初は玉のようなつぼみが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちびカマキリが今年もやって来た

毎年ネタにしてるような気がするが、今年も庭でカマキリの赤ちゃんを見つけた。 カリブラコアの葉の上にちょこんと乗っているのを発見。指を近づけるとさっと威嚇ポーズを取るのはさすがだが、実際に触ろうものならテケテケ~っと逃げてしまう。まあこんな極小サイズなら下手に立ち向かうよりさっさと逃げ隠れるほうが生存率ははるかに高いわけで、いわ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フェンスを越えたムシトリナデシコ

2~3週間前から庭にこんな花が咲いている。雑草というよりは野の花といった雰囲気がある。 どこから我が家にやってきたのかはすぐに判明した。なんのことはない、フェンスを隔てたご近所さんの畑に群生している花なのだ。(↓こんな感じ) 風に乗ったか鳥の仕業か、こぼれた種が運ばれたのだろう。このお宅とはフェンス越しにお互いの草花…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅雨を知らせるヒメシャラの白花

昨日からヒメシャラが咲き始めた。毎年この時季に咲き出す白花は、梅雨入りが近いことを知らせてくれる我が家の頼もしい気象キャスターでもある。 その的中精度も清楚な佇まいも、どちらもテレビ各局のお天気お姉さんたちに少しも負けてはいない。 昨年の今頃はもうとっくに梅雨に入っていて、ヒメシャラの開花も月初めだった。今年の梅雨入りは平年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏花の植え付け第2弾その2・・・フェアリースター(ラベルがリニューアル♪)

日曜にブルーサルビア、マリーゴールドと一緒に植えたのがフェアリースター。第一園芸の小さなニチニチソウだ。実はニチニチソウの花のぺたんと平らな感じが昔から好きではないのだが、昨年このフェアリースターにひと目惚れしてしまったのだ。花サイズって好みに影響するんだねぇ(笑) 今年はピンク系の3種。上から“ソフトピンク”、“…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏花の植え付け第2弾その1・・・ブルーサルビア・マリーゴールド

去る3月末に今シーズンの夏花第1弾としてペチュニア・カリブラコア・ロベリアたちを植えた。いずれも今では賑やかに咲き乱れていて早くも夏の庭を演出してくれているのだが、彼ら第1弾はすべて鉢植え。テラコッタやプラ鉢である。 というわけで今日の第2弾は花壇植え。 先週ビオラやノースポールを片付けたことで2ヵ所ある花壇がきれいになった…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ビオラとパンジー、今シーズンもありがとう

日曜日、だいぶ見苦しくなってきたビオラ&パンジーたちを思い切って片付けた。断腸の思いとまでは言わないが、一応まだ枯れずに咲いている花たちを処分することが心苦しいこの時季の恒例行事である。 チューリップが咲きそろった頃、4月半ばに撮ったこの一枚が、今年最後のビオラの写真となった。 こちらは今シーズン我が家に咲いたビオラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅れたサンショウの植え替え

一昨年の秋、玄関前に突如芽生えたサンショウの木。特に手をかけることもなく自然に任せていたが、1メートルほどに育ったのでダメモトで一週間前に植え替えを決行した。今の場所でこれ以上大きくなると邪魔になってしまうのだ。サンショウはトゲもあるし。 どうせ植え替えるなら葉が出る前、最低でも先月中にすべきだったのだが諸々の事情によりこの時季と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薫風に揺れるアブチロン

初めての冬越しを経たアブチロンが初夏の陽気に誘われて続々開花している。散らずに残った去年の葉が申し訳程度に付いているだけで、今年の新しい葉はほとんどないというのになぜか花ばかり賑やかだ。 去年の夏に挿し木から根付いた物を植えつけた状態なのでまだ広がる枝もなく見た目はパッとしないが、そのぶんこの花付きのよさがうれしい。 瑞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナデシコ VS 雑草

今年も庭の小型ナデシコたちが続々と咲き出した。一見どぎつい彼らのピンクもやはりなきゃないで寂しいので、まずは夏までの間賑やかに咲き続けてほしいものだ。 日当たりのいいこの一角は雑草にとっても天国のようで、これからの季節油断をすると背の低いナデシコたちをあっという間に雑草が覆ってしまう。先日もカタバミやら名前のわからない雑草を一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

がんばれサクラソウ

連休中にサクラソウを頂いた。ポリアンサなどの西洋系ではなく日本サクラソウの仲間だ。品種名は不明だが玉のように咲く球状の花のなんとも愛らしいこと。 花真っ盛りの時期の株分けと植え付け。おまけに連休後半は夏日が続き、今日は肌寒い雨降りの一日。 我が家の庭にやって来たサクラソウにとっては落ち着くどころか毎日が試練の状態で、株分け前…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アズーロ&ミリオンベル一番花♪

連休中にロベリアのアズーロコンパクトとカリブラコアのミリオンベルが咲き始めた。いよいよサントリーコンビの開花だ。 ミリオンベルはこのオレンジと同じ鉢に黄も植えてある。ちょっとくどいくらいのトロピカルな雰囲気を狙ってのことだが、さて黄色が咲き出すとどんな風になるかな。 ミリオンベルとは別に頂き物のカリブラコアがさらに一鉢増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレは移り気

今年もいつの間にか庭のあちこちでスミレが咲いている。 ありがたいことに一昨年頃より毎年必ず出現するのだが、その場所は予測が付かない。昨年わりと大きく育った株の周辺に今年は全くないし、複数株が咲いてるあたりは昨年スミレなどひとつもなかった場所だ。 同じ場所にとどまることなく翌年には思いもかけないところで澄まして咲いてる移り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more