テーマ:園芸

梅雨の晴れ間のジニア

梅雨入り前に植えた夏の草花たちにとって試練の季節。 太陽が顔を出すとホッとする、雨のシーズン真っ只中。 ペチュニアたちが苦手な雨に打たれてしょんぼりとしている横で、寄せ植えのジニアはたいしたダメージもなく元気いっぱいだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏のニーレンベルギア

木々の緑も爽やかな初夏。 雨の日はまだ肌寒かったりもするけど、晴れれば気温は25度を軽々と超える、そんな季節の到来である。 花壇や各鉢ですっかり伸び切ったビオラたちを先週までに思い切ってすべて片付けた。 コニファーとヒューケラだけになってしまった寄せ植え鉢はさっそく夏向けに仕立て直し。最初はジニア、バーベナ、アイビーを植えて完…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花が終わったと思ったら・・・プリムラ・ジュリアン

GW前にたしかに一度花の終わったはずのジュリアン“マスカットのジュレ”が、ここへ来てなぜか突然咲き出した。もう5月もそろそろ終わろうというのに。 昨年植えたニホンサクラソウが今年は発芽するもとうとう咲かずじまいだったので、それを補うかのようなサクラソウ仲間の二度咲きと考えるとなんだか微笑ましい。 季節は徐々に夏に向かう今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チューリップを見に行こう

この季節の植物公園はどこも華やかだ。 「つつじが岡公園」のツツジ(館林)、「あしかがフラワーパーク」のフジ(足利)、「花の都公園」のチューリップ(山中湖)、「みさと芝桜公園」のシバザクラ(高崎)等々、これまでにもGWから5月にかけて各公園自慢の花たちを堪能すべく、あちこちに足を延ばしてきた。 今年はチューリップがちょうど見頃…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ツツジの花色

ツツジの季節。家々の庭先、公園や道路の植え込みと、関東でもあちこちで開花が始まった様子。我が家の庭でも数日前から赤紫の定番カラーが咲き出した。 ツツジというと(サツキやシャクナゲも含め)ふだん目にするのは白、ピンク、赤系だ。ところが同じツツジの仲間でもレンゲツツジはオレンジや黄色の花を咲かせる。他にはない独自のカラーはツツジの中で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スミレ咲く

10日ほど前からスミレが咲き始めた。 どこからかやってきて自然に芽を出し花を咲かせるようになったこの野生のスミレも、今年でもう4シーズン目。他の雑草に埋もれてしまいそうな低い草丈だが、存在感では負けてない。雑草たちを圧倒して凛と咲く。 「誠実」という花言葉がぴったりの落ち着いた紫花が、庭のあちこちでそよ風に揺れる。
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

庭木萌え立つ

庭の落葉樹たちが一斉に、一気に萌え出した。 若々しい緑色の青空に映えること! 上から、ヒメシャラ、ツツジ、サンショウ。 一方こちらはシマトネリコ。 12月に大胆な剪定を行ったせいか、この冬は大量に葉を落としてしまった。毎年常緑のままで冬を越して来ただけにどうなることかと心配したが、落葉樹同様ちゃん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の日のガーデニング・・・小さな来訪者

桜の季節到来。 クロッカスやミニスイセンが終わった庭の花壇では、ようやく出番が回ってきたとばかりにチューリップが艶やかに咲き始めた。 春だねぇ・・・。 この時期に欠かせない作業が夏の草花の植え付けだ。我が家の夏の定番の第一弾として、ペチュニア、カリブラコア、ロベリアの苗を植え付けた。 こんもりとした大株に育てるために…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花のチカラ

庭の植物がにぎやかに花を咲かせ始めている。 八分咲きといったところのジンチョウゲは甘い芳香を放ち、その下には白や黄色のクロッカスが毎日花を開く。 花芽をたくさんつけて開花を待つツツジの根元では、紫ストライプのクロッカスが満開だ。 ミニスイセンのティタティタが咲かせる鮮やかな黄色の花は見ているだけで元気になる。私…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

放置プランターからノースポール(&お知らせ)

今年は庭でこぼれ種ノースポールの発芽を確認できないでいた。絶えちゃったかなあと思っていたら、意外なところに1本。しかもすでに花が咲いている! 意外といってもよくある話で、庭の隅っこに放置してあったプランターで花を咲かせていたのだ。このプランター、いつ頃なにを植えていたのかまったく記憶がないという正真正銘の放置プランター(笑) …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

咲き続けるメランポジウム

12月もそろそろ半ばというのにメランポジウムが庭のあちらこちらで咲き続けている。 夏の花たちは寒くなる前に感謝を込めつつ片付けるのが我が家の通例なのだが、今年は秋からあれこれと忙しくて今日に至るまで一部の植物が未だ放置状態。 こぼれ種から育ってくれたメランポジウムたちもその一つで、散るも枯れるも自然任せのつもりでいたら、いや~がんば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の紅葉もそろそろ終焉

昨年同様庭のヒメシャラが今年も鮮やかな紅葉を見せてくれた。常緑のシマトネリコと並んで互いに引き立てあう姿も今や我が家の定番である。 根元に目をやるとギボウシたちはすでに枯れ、代わりにオキザリスたちが可憐な花を咲かせ始めている。 晩秋から初冬へ、季節は刻々と移ろいゆく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューリップの球根は皮をむいて!?

チューリップの球根植え付け第二弾。 先日の花壇植えに続き、今度は10号のプラ鉢に10球を植え込んだ。品種は由子(ゆうこ)。 春に花が咲くまでの彩りとしてビオラ・・・タキイの3色ミックス植え“シルキータッチ”を植えつけて完了。タキイのミックス植えは、去る10月下旬に植えた“サンシャインジュエル”がちょうど咲きそろい始めたところで、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミジバゼラニウムの花

先週作った寄せ植えの中のモミジバゼラニウムに花が咲いた。 “葉”が目的で寄せ植えに使ったわけだが、咲いてみると花のほうも地味ながらなかなかカワイイ。 ところでこのゼラニウム。花も葉も普通にイメージするゼラニウムとずいぶん違ってるけど、同じ仲間なのかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューリップを仕込んだビオラ花壇とコニファを使った寄せ植え作り

朝から庭でガーデニング三昧の一日。小さいほうの花壇にビオラやチューリップの球根を植え付け、その後10号鉢でコニファとヒューケラを使った寄せ植えを作ってみた。 まずは玄関手前の花壇に残っていたブルーサルビアを片付け、土を耕し赤玉と腐葉土を混ぜ込んでリフレッシュ。めんどくさがりのくせに実は凝り性なのでこの土作りの時間がけっこう好きだっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あっという間のポリゴナム

かわいらしいのに厄介者、そんなポリゴナムが今年もピンクの花を続々咲かせ始めた。 昨年の反省から今年は夏にある程度はびこったところで抜いたり切り戻したりとかなりスッキリさせた。そのおかげもあってか現在の繁茂具合はとりあえずちょうどいい感じ。 しかし油断は禁物。あっという間に勢力を広げてくれるからなあ、こいつは。 上手…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

咲きかけがアーティスティックなマリーゴールド

つぼみが開き始めてから完全に開花するまでにしばらくかかるマリーゴールドの花。クルクルッと巻かれた花びら一枚一枚が外側から順番に広がっていくその途中経過が実に芸術的だ。 咲いてしまえばおなじみのこの姿。 ちなみにこのマリーゴールド。もちろん我が家の庭にあるのだが、私が植えたものではない。花壇に植えてあったのは9月の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パンジー&ビオラの季節がやって来た♪

昨日の昼頃は汗ばむくらいの陽気だったのに今日は一転。上着なしでは肌寒く、夕方過ぎには冷たい雨に。先週の最高気温がずっと25度前後だったことがうそのようだ。 例年ならビオラやパンジーなど秋冬の草花の植え付けを行う頃なのだが、今年は“もう少し涼しくなってから”と考えていたので昨日まではこの週末のガーデニングを全く予定していなかった。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オキザリス“桃の輝き”&“バーシカラー”も芽が出た

クリスマスローズだけでなくオキザリスたちもお目覚めのようで、若い緑の新芽が順調に育ち始めている。 もう何年目になったか、この場所にすっかり落ち着いた“桃の輝き”は毎年株を大きく広げてくるのでほんと楽しみ。今年も広範囲に新芽を出している。まだひょろっとした感じの芽が個々に伸びている印象だが、もう少しすればふんわりと地面を覆うように茂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスローズに新芽が出た

猛暑の夏をシマトネリコの木陰でそこそこ快適に過ごしたであろう我が家のクリスマスローズ。いつの間にか新芽が出て、葉を広げるほどに育っていた。 大きく茂った古葉の陰に隠れていたので、先週までまったく気付かなかったよ・・・。 さらに株元をよく見てみるとこんなちっちゃいのも。 そろそろ日当たりのいい場所に移動してもいい時期…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日照時間と移り変わる植物と、我が家のフェアリースター

気温でみる限り相変わらず夏日が続く。涼しい朝に羽織って出掛けた上着が日中には余分なお荷物と化す。今日もやけに暑いなと思ったら最高気温は29.5度と真夏日の一歩手前。それでも植物たちの世界では着実に季節が秋へと移行している。我が家の庭も、街の中も。 考えてみれば植物たちが自らの変化のタイミングやきっかけとして感じ取っているのは、気温…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キンモクセイの季節

家でも会社でも、窓を開けるとキンモクセイの香りがふんわりと入り込んでくる。秋の訪れを告げるこの香りが街に満ちあふれる季節になった。 つい最近まで猛暑猛暑と騒いでいたのが嘘のようだ。 昨夜のフジ系ドラマ「世にも奇妙な物語」でも、キンモクセイの香りが時空を超えて主人公の女性のもとに届くという切なくも爽やかな一話があった。 キン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

近所で見かけた彼岸花に巾着田を思う

ヒガンバナの名所、埼玉の巾着田で開花が例年より大幅に遅れているというニュースを先日知ったのだが、ようやく早咲きのエリアが見頃を迎えたようだ。よかったよかった。 昨日の日曜に近所でもヒガンバナが咲いているのを見かけた。 ここのヒガンバナ、去る金曜にはまだつぼみだったと思うのだが、咲き出したらあっという間でびっくり。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真夏日に十五夜の月

私の住む街では今日も最高気温が33度を突破。気温だけ見ればなかなか夏が終わらない感があるが、それでもいつの間にか日が沈むのが早くなってきた。 そして今宵は十五夜である。もう秋なんだよねぇ。 夜半から雨の予報なのに、夜空はよく晴れているので、せっかくだから降り出す前にと二階の窓際に三脚を設置し、中秋の名月を撮影した。 使…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

近所で見かけた花・・・オミナエシ

春の七草は言えても秋の七草となるとかなり怪しい私。ナデシコが入っているのを知ったのも意外と最近である(汗) そんな私がちゃんと認識しているのがこれ、オミナエシ。 季節の移ろいをその時季その時季の花によって感じる人は多いと思う。春のチューリップ、夏のヒマワリ、秋のコスモスあたりは子供から大人までその定番だろう。 幹線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所で見かけた実・・・タマサンゴ

近所で見かけたシリーズ第二弾。 遠目にてっきりミニトマトだと思いつつ近づいてみたら、実の色つやこそ似てるもののどうやら別の木。 先日のハナトラノオ同様さっそく調べてみた。 「タマサンゴ」でいいのかな。 あ、でもこれってナス科の植物なんだ。 ということは・・・なーんだ、トマトのお仲間なのね~。 家の周りをち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

近所で見かけた花・・・ハナトラノオ?

家の近くでかわいらしい花がたくさん咲いているのを見かけた。淡いピンクがとてもやさしい色合い。空き地ではなくちゃんと人の手が入っていそうな場所だったが、この花については野生化してる印象。 帰ってさっそく調べてみたところ、これがよく耳にする「ハナトラノオ」らしい。 どうやらこれは終わりに近づいた状態で、本来なら茎一本一本にもっと…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

獲物を捕らえた庭のカナヘビ

人間の生活環境下でよく見かけ、一般的に“トカゲ”と呼ばれる小型の爬虫類にニホントカゲとカナヘビがいる。 うちの庭にも去年までは両者が共存していて共によく見かけたのだが、今年はニホントカゲを一度も見ていない。その分カナヘビがいつもより多く棲み付いているような感じである。 彼らは人の気配に敏感で、私が水遣りのため庭に出ると、トレ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

勝ち組のブリエッタとミリオンベル

お盆を境に鉢植えの夏花たちの明暗が分かれつつある。未だ衰える気配のないこの夏の記録的な暑さが影響したのかもしれない。 8月前半まで爽やかな青花をたくさん咲かせていたロベリア(アズーロコンパクト)は枯れてしまった。あっけなかったなという印象である。また、一ヶ月ほど前に調子のよさを書いたカリブラコアは現在花がひとつもない状態。これまた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マツバボタンとトレニア

いきなりマクロの世界。さて、これはなんでしょう? 正解はマツバボタンの花。花の写真撮ってると時々こうして遊びたくなるよね。(え、私だけ?) このマツバボタン、よそのお宅で咲いているのを撮らせていただいたのだが、それは一緒に咲いてる花の組み合わせがユニークだったから。 そう、トレニアとの競演! トレニア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more