テーマ:健康

『ソウル・サーファー』・・・腕を失った価値

練習中サメに襲われ片腕を失った少女サーファーの、勇気と希望の物語。現在プロサーファーとして活躍中の、ベサニー・ハミルトンの自伝に基づくトゥルー・ストーリーに序盤から引き込まれた。 単に過酷な闘病生活や心の葛藤を乗り越えていく姿を追うような作品ではないことが好印象。サメに襲われたベサニーが病院へ運ばれるまでのシーンこそさすがに目をそ…
トラックバック:21
コメント:8

続きを読むread more

『君への誓い』・・・ハッピーエンドではあるけれど

愛する人の記憶を失ってしまった時、それが戻らぬままにもう一度その人を愛すことができるのだろうか。恋愛という感情は奇跡や偶然の出会いから始まるものなのか、それともいわゆる赤い糸的な必然なり運命なりに導かれてのものなのか。 涙を誘うドラマチックなラブストーリーを期待しての鑑賞だったが本作にそうした要素はあまりなく、その代わりにこんなこ…
トラックバック:16
コメント:4

続きを読むread more

『50/50 フィフティ・フィフティ』・・・身近なガン患者への接し方とは

ガン患者を主人公に据えた作品だが、壮絶な闘病物語でもなく、その生死をめぐる感動号泣ドラマでもない。世話役を買って出たはずの恋人は去ってしまうし、親友も影で涙を流すどころかガンをネタにして悪ふざけの日々。担当となった新米セラピストもどこか頼りない。 それなのに観ているうちに心がポカポカと温かくなっていく展開が実に爽やか。ストーリーにドラ…
トラックバック:24
コメント:6

続きを読むread more

『アントキノイノチ』・・・“あのときの生命”を忘れずに生きよう

人はなぜ生きるのか。生きようとするのか。あるいはなぜ自ら死のうとするのか、他人を殺そうとするのか。 高校時代に親友を“殺した”青年と、同じ頃に“殺された”ことがあると語る少女。遺品整理業という特殊な職業に身を置く二人の心の揺らぎを通して「生命(いのち)」の意味を問う、ずしりと重みのある物語だった。 さだまさしの原作を一ヶ月ほど前…
トラックバック:15
コメント:2

続きを読むread more

『コンテイジョン』・・・接触感染の恐怖

ウィルス感染のパンデミック映画に何を期待するかで評価や感想が二分しそうな作品であった。 発症から感染拡大に至る経緯を軸として描きながら、患者、役人、警察や軍、科学者、医療関係者といった人々それぞれのドラマを絡め、その背景に製薬会社の陰謀やら軍事機密やらを設定したうえで、ホラーやサスペンスに振るか、あるいはSFやアクション系の味付け…
トラックバック:36
コメント:8

続きを読むread more

『私の中のあなた』・・・深い姉妹愛、家族の絆

もともと大好きなキャメロンと近年注目のアビゲイル嬢。私の本作鑑賞へのモチベーションは正直この二人の存在がすべてだったのだが、そんなミーハーな自分が恥ずかしくなるほどに温かくも壮絶な、そしてどこまでも優しい家族のドラマだった。 ブライアン(ジェイソン・パトリック)とサラ(キャメロン・ディアス)の間には長女ケイト(ソフィア・ヴァジリー…
トラックバック:42
コメント:10

続きを読むread more

エキナセアで免疫力アップ(広告記事じゃないよ~)

先日風邪をこじらせ数日寝込んでしまった。幸い新型インフルエンザではなかったものの、元々気管が弱いのでけっこう辛い思いをした。ようやく職場に復帰したらしたで「会社休んで映画のはしごか~?」などと同僚にからかわれる始末。これは映画好きの宿命か・・・。 友人の勧めで数年前から摂っているサプリメントがある。エキナセア。抗ウィルス性や免疫強…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『ディア・ドクター』・・・自分を偽る嘘と他人のための嘘

“その嘘は、罪ですか。” 山あいの小さな村。診療所の医師伊野(笑福亭鶴瓶)が村民たちに隠してきた重大な秘密。嘘。最初に提示した本作の宣伝文句の問いに答えるなら、これはれっきとした罪である。人の命を預かる医療の現場において、伊野の犯し続けた行為は断じて許されるものではない。 しかし無医村にやってきた彼の存在が住民たちにとってどれほ…
トラックバック:34
コメント:15

続きを読むread more

『7つの贈り物』・・・究極の自己犠牲で罪を贖うことの重み

自分の過去に苦悩する男が意を決して進める計画。それはある条件に見合う7人の他人を選び出し、彼らにひとつずつ7つの“贈り物”をすることだった・・・。 鑑賞前の予備知識がこの程度だった私にとって、本作の結末はまさに衝撃だった。必ずしも心地よい感動だけを純粋に味わえる作品ではないが、主人公ベン・トーマス(ウィル・スミス)が贖罪の手段とし…
トラックバック:44
コメント:10

続きを読むread more

冬至の贈り物

昨夜は頂き物のユズを贅沢に浮かべたユズ湯につかった。 極楽極楽~(= ̄▽ ̄=) 仕事が忙しく連日帰宅の遅い今日この頃。せっかく我が家にたどり着いても玄関前に立ちはだかる階段がまた難関。ほんの数段なのだが疲れたおじさんの身にはこの数段がこたえるのだ。 先週のある夜、その階段を昇りきったところに素敵な贈り物がそっと置かれていた…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今年もゆず湯だ

今年もご近所よりゆずをたくさん頂いた。 先日の冬至の日はもちろん、昨夜も今夜も我が家はゆず湯。それにしてもこんな気持ちのいい、そして健康にもいい入浴法を編み出した昔の人のなんと偉大なことか。 ゆずの成分による血行促進効果や美肌効果、そしてあの香りによるリラックス効果。湯冷めしにくいのはついつい長風呂になっちゃうせいもあるだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あってはならない社保中京病院での出来事

善意からの臓器提供意思。それによって摘出された腎臓を病院職員が誤って廃棄するという信じられない事件が起きた。 「提供された腎臓捨てる 社保中京病院 名古屋」 私が臓器提供意思表示カードを持つようになって1年が経った。(“私が「意思表示カード」を持つ意味”) 裏面の意思表示欄では腎臓はもちろん、記された各臓器に丸を付けて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

足の指がぁぁぁっ( ̄ロ ̄lll)

って言うほど大事件でもないのだが、左足薬指の腹にマメができた。んでこれがまた痛いのだ。 それにしてもなぜ突然こんなところにマメができたんだろう。仕事が変わったわけでもないし休日の過ごし方も特に変わってない。う~ん、なにかきっかけがあるはずだよなあ・・・としばし考えてひとつ思い当たった。 5本指の靴下!(笑) 今まで履い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カテキン飲料は本当に危険なのか?

古いネタで恐縮だが、週刊朝日6月9日号に“カテキン飲料に「安全性待った!」説浮上”という記事が載った。扱いは小さいが花王のヘルシアシリーズを健康に良かれと思って愛飲している私としては「ふ~ん」と読み流すわけにもいかない。立ち読みを中断しレジへ。家でちょっと調べてみることにした。 記事によると、食品添加物としての安全性を保証されてな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

風邪で寝込んだときの過ごし方

風邪をひいた。ここ2年ほどは、寝込んだりして仕事に支障が出るようなレベルの風邪には縁がなかったのだが、今回はダウン。 幸い(というのもおかしいが)悪化したのが金曜の帰宅後だったため、休みである土日に病院に行けたし静養も取れたしで、明日は会社に行けそうだ。まだ少し咳が出るけど熱はないし。 土曜の病院の帰りに書店に立ち寄り雑誌を…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

脳内トレーニングが必要か!?

会社の帰りに立ち寄ったホームセンターで、ふいに後ろから声を掛けられた。 「○○さん・・・ですよね?」 「はい?そうですけど・・・」と答えたものの、さて困った。確かに知っている人だ。そう遠くない時期にどこかで会っている人だ。しかし、どこの誰だったかさっぱり思い出せない。 「先日はどうもありがとうございました。その後いかが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬至は過ぎちゃったけど・・・ユズ湯♪

前回冒頭で書いた立ち話、このとき隣のおばさんことOさんより柚子(ユズ)をたくさん頂いた。Oさんのお宅には立派な柚子の木があるのだ。薬味としての柚子が大好きな私には、なんともありがたいクリスマスプレゼント(笑)となった。 この地に越してきて最初に会話をするようになったのがOさん。いや、正確には越してくる前、マイホームが出来上がってい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

明暗わかれた粗大ゴミ・・・45cm水槽編

隣のおばさんと庭先で立ち話をしていたら電話が鳴った。友人のK子からだった。「Sがクルマにひかれて入院だよう~」とのことでびっくり! K子とは古い付き合いで昔は飲み仲間でもあったのだが、そんな彼女も今ではかっちょいい旦那さんと家庭を持ち、3人の子を育てるたくましいお母さんである。Sとは二年生の長男クン。去る9月半ばに引越し直前の私の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

午前5時の星空に・・・

ここ最近会社の帰りが遅くなってしまい、けっきょく帰宅後のもろもろ雑事タイムがそのまま後ろへスイッチ。必然的に床に就くのが午前1時前後・・・。これではいかんということで、昨夜は超早寝した。(普通は平日早寝で休日前夜に夜更かしだよなあ。あべこべだ・・・) ふと目が覚めて時計に目をやるとちょうど5時を回ったところ。いつもなら目覚めること…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

私が「意思表示カード」を持つ意味

ちょっと前から『臓器提供意思表示カード』を、財布に入れて常に携行している。 このカードの存在は何年か前から知っていたけど、実物を見たのは数ヶ月前が初めてだった。それは隣席の同僚が、「そろそろお財布くたびれてきちゃったから新調しよっかなあ。ねえ、どうかな~これ?」と言いながら、自分の財布を見せてきた時のこと。 アナタの財布に興味は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

見えるのに存在しない厄介な「蚊」たち

ようするに飛蚊症のことである。実際私の目に数匹の「蚊」が住み着いているのは承知していた。しかし最近になって、それまで自覚していた「蚊」とは別の、モヤモヤした半透明のものが視界に現れるようになったため、不安になって眼科を訪れたのが先月のこと。 飛蚊症には生理的なものと病気によるものとがあって、先月と今回の2度にわたる眼底検査の結果、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

1日の終わりに350mlの幸せ(^-^)

アルコールはあまり強いほうではないのだが、それでもけっこう好き。そんなわけで、その日の終わりに家で飲む350cc缶がささやかな楽しみだったりする。 最近のお気に入りはチューハイの「カロリ。」と、発泡酒の「ダイエット」。どちらも低糖・低カロリーのサントリー商品。そろそろ40歳が見えてきた現在、やはりというかなんと言うか・・・そう、お…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

眼底検査とカメラのレンズ

ここ数ヶ月どうも目がかすむ。仕事中のパソコンがとにかく辛く感じていた。それが最近になって今度は明るい空を見上げたりすると、もやもやしたものが目の動きにシンクロして漂うような見え方をするようにもなってきて、なんだか急に心配に・・・。 そこで眼科へGO。車で出かけたのだが、受付で「お車ですか?」と訊かれた。なんでも眼底検査を受けた後、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more