テーマ:スポーツ

『ソウル・サーファー』・・・腕を失った価値

練習中サメに襲われ片腕を失った少女サーファーの、勇気と希望の物語。現在プロサーファーとして活躍中の、ベサニー・ハミルトンの自伝に基づくトゥルー・ストーリーに序盤から引き込まれた。 単に過酷な闘病生活や心の葛藤を乗り越えていく姿を追うような作品ではないことが好印象。サメに襲われたベサニーが病院へ運ばれるまでのシーンこそさすがに目をそ…
トラックバック:21
コメント:8

続きを読むread more

『リアル・スティール』・・・繰り出せ三連コンボ!

往年の名作『ロッキー』の興奮と感動を思い起こさずにはいられない情感あふれる人間ドラマと劇的なクライマックス。 それぞれに生きる気力を少しずつ見失っていたチャーリーとマックスが、廃工場で見つけたロボットATOMとの出会いを通して活気を取り戻し、同時に互いの絆を深めていくという王道ストーリー。これがまた実に気持ちいい。 廃棄されていた型…
トラックバック:41
コメント:10

続きを読むread more

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』・・・作り手の真摯さは?

一昨年のベストセラーの映画化。原作は既読だが、淡々とした奥深さのない文体と情景描写の希薄さゆえ、読み始め当初は正直辛かった。ところが読み進むにつれじわじわとその面白さが伝わってくる感じで、読み終えた後はなかなかの充実感を得た。 高校野球の女子マネージャーがドラッカーの経営学に野球部を当てはめての革新を実践し、その目標を甲子園出場におく…
トラックバック:25
コメント:6

続きを読むread more

真夏のアスリートたち

開幕から一週間。連日の熱戦に目が離せない北京五輪。 強気な発言がトレードマークの青年が一つ目の金の後に見せた涙と二冠二連覇の底力 初出場で銅メダルの快挙を成し遂げてなお笑顔を封印した少女の金への飽くなき想い 銅を逃した射撃手に駆け寄って抱きつく幼い女の子の小さな背中に大きく書かれた「ママがんばれ」の文字 口元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノリック、君も逝ってしまうのか・・・

オートバイレーシングライダーの「ノリック」こと安部典史が、昨夜交通事故で亡くなった。Uターンしたトラックとの衝突。現場はUターン禁止だったそうで、非のない(と思われる)彼の死が悔やまれてならない。 私がロードレースに夢中になっていたのは500ccクラスでシュワンツ、レイニー、ドゥーハンらが凌ぎを削っていた頃で、GP観戦のためはるば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の甲子園と『YELL!-16番目の夏-』

今年もたくさんの感動を残して球児たちの熱い夏が幕を閉じた。いつの間にかプロ野球に興味がなくなってしまった私も高校野球は別!特に夏の大会は大好きなのだ。 さてさて。夏の高校野球をテーマにした井上昌己(いのうえしょうこ)の『YELL!-16番目の夏-』という曲がある。彼女はけっしてメジャーではなかったけど、その声質や歌唱力、作曲センス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒川静香の笑顔

トリノオリンピック金メダリストの荒川静香選手が、競技からの引退とプロスケーターへの転向を表明した。 以前から彼女のファンだった私としては正直残念な思いもある。しかし、2004年に世界を制した彼女がその後の挫折を乗り越えトリノであらためて世界の頂点に立ったことを考えると、プロ転向のタイミングはまさに今なのかもしれない。 今夜行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アイス・プリンセス』・・・ディズニーのスポーツ映画はいいねぇ♪

先月の世界選手権で今季シーズンも終わったフィギュア・スケート。荒川静香や浅田真央らが脚光を浴びたことによりフィギュアがにわかにブームとなった中、なにやら話題の映画があると知りさっそく借りてきた。ディズニーの『アイス・プリンセス』である。 【多少ネタバレあり】 「奨学金のためになにか個人的な研究をしなさい」と先生から言われた高校生…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“2位に終わった”という言い方

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で、浅田真央選手が2位に入った。しかし残念ながらこれを“好成績を収めた”と表現するニュースにはお目にかかれなかった・・・。 昨年の同選手権の覇者でありジュニアでは無敵といっても過言でなかった彼女。今シーズンはGPシリーズにも参戦し、トリノ五輪で金メダルに輝いたあの荒川静香選手のGPファイナル進…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金メダルを呼ぶ男、NHK刈屋アナ

『トリノのオリンピックの女神は 荒川静香にキスをしました』 女子フィギュア・シングルのフリー。最終滑走スルツカヤ選手の得点が暫定1位の荒川選手に及ばず、荒川の金メダルが確定したときの実況アナウンサーのセリフ。いやークサイといえばクサイのだが、私は素敵な表現だと思った。そしてこんなセリフを吐けるスポーツアナは、やはりこの人しかいない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おめでとう!荒川静香選手

早朝4時起きでテレビに向かった。実は私、何を隠そうフィギュアスケートの、そして荒川静香の大ファンなのである。 幼少の頃、私の父親は地元のスケート場で週末ごとに開かれるスケート教室の講師を引き受けてるような人だった。シーズンになると私も父にくっついて週に3回は氷の上を滑っていた。 もっともここ10年はご無沙汰なので、今の私はもう軽…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more