テーマ:飛行機

『トランスフォーマー』・・・変身シーンの妙!

いやあおもしろかった!映像&音響はすごいし、米空軍の装備が次々登場するし、善玉ロボット対悪玉のロボットという単純なストーリーはわかりやすいし。娯楽大作とはこういう映画を言うのだ。 【ちょっとだけネタバレあり】 空軍仕様のV-22オスプレイの飛行シーンから始まるこの映画はこれでもかとばかりに米空軍機が登場する。最初に“変身”するの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総合火力演習に行ってきた!・・・その2

今年の総火演の目玉はやはり戦闘ヘリAH-64Dロングボウ・アパッチだろう。うれしいことにロングボウレーダーを装備した状態で2機が来てくれた。(写真は演習終了後、地上展示のために着陸する74502号)                EOS 30D / EF70-200mmF2.8L USM / シャッター優先AE  1/250秒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総合火力演習に行ってきた!・・・その1

陸上自衛隊の富士総合火力演習を久しぶりに見学した。 早朝6時前に現地到着。が、我々はがき当選者のスタンド席はすでに4分の1ほどが埋まっていた。なんだか以前より早くなってるなあ。来年は出発時間を再検討したほうがよさそうだ。                EOS 30D / EF70-200mmF2.8L USM / プログ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ダイ・ハード4.0』・・・ルーシー大きくなったねェ

シリーズ1、2作が断然おもしろかったダイ・ハードだが、私的には3作目で失速した感があった。だから4作目のアナウンスがあったとき、正直「もうやめればいいのに」と思ってしまったのだが、公開が迫るにつれ目にする機会の多くなってきた予告映像に釘付け。シリーズ初の劇場観賞となった。 クリスマスじゃなきゃダイ・ハードじゃないとか、限られた空間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ユナイテッド93』

なんというか、すごい映画だった。ここ最近劇場鑑賞した作品の中で最も衝撃的だったのは確か。 2001年9月11日の朝、NYのニューアーク空港を離陸したユナイテッド航空93便。あの悪夢の日にハイジャックされた4機の旅客機のうち、テロリストの計画を乗員乗客たちが唯一阻止し墜落させた機の、事実に基づくドラマである。 判明している事実…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

『エネミー・ライン』・・・あ、海に浮かぶウィルソン見っけ!(笑)

派手な空中戦や地上戦シーン満載の作品と思っていたらちょっと違った。では期待はずれだったかというとそんなことはなく、なかなか楽しめた。(レンタルDVD) 【多少ネタバレあり】 アドリア海に展開する空母カールビンソンから偵察任務で発艦したF/A-18Fスーパーホーネット。停戦協定中のボスニア上空へ侵入し地上のセルビア人勢力の“ある行…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『キャスト・アウェイ』・・・無人島にひとつだけ持っていくなら何?

TSUTAYAでふと目に留まりチョイス。2000年公開作品で当時けっこう話題になった記憶があり、そういう作品は大抵早めに見ているはずなのだが、これなぜかまだ見てなかった・・・。 【多少ネタバレあり】 FedExの社員であるチャック(トム・ハンクス)が搭乗する自社の貨物機が海に不時着(というかあれはもう墜落だな)。かろうじて無人島…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

グライダー舞う風景

きのう車でちょいと遠出をした。気持ちよく晴れ上がった青空の下、しばらくぶりに走るその国道はよどむこともなく軽快に流れている。やがて市街地の喧噪を抜けて視界が広がったとき、前方の空に何か白い点がきらっと光った。 “飛行機・・・かな?” 最初そう思ったが、普段見慣れているジェット機が巡航する姿とはどうも違う。時々太陽光を受けてき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『フライトプラン』・・・予告編はウマイ

『フライトプラン』を観た。主役のジョディ・フォスターが演じるのは航空機メーカーのエンジニア。自らも設計にかかわった最新鋭旅客機に一人娘と搭乗するが、その娘が機内で忽然と姿を消す。必死で娘を探すジョディ。ところが乗員たちはその子の搭乗の事実はないと言い・・・。 【以下ネタバレは極力避けてあります】 昨年暮れからテレビで流されたこの…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

“青い衝撃”が墜ちた日

きょうは11月14日。毎年この日になると欠かすことなく目を閉じ思い浮かべる、忘れられない光景がある。 田舎の少年だった私が、電車を乗り継ぎ期待に胸をふくらませてたどり着いたその地で、私の目前で事故は起こった。急降下していく機体が格納庫越しに消え、直後巨大な火球が空に立ち上る光景・・・。 1982年11月14日。航空自衛隊浜松…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

『ステルス』・・・クルビットでやられちゃうなよSu-37!

B級の匂いぷんぷんの映画が、実はけっこうおもしろかったりすることがある。きょう観てきた『ステルス』もまさにそのパターン。ちまたの評価は今ひとつの作品のようだが、どうしてどうして、私はなかなか楽しめた。 もともとこの映画は劇場で観るつもりはなかったのだが、“ロシア軍のSu(スホーイ)-37 スーパーフランカー(=ターミネーター)との…
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

今週の航空機トラブル2件に思う

今週は2件の航空機トラブルが相次いでニュースになった。佐世保での陸自AH-1Sの墜落と、ロサンゼルスでのジェットブルーA320のNLG(前脚)トラブル。 まずジェットブルーから。 私が気になったのは、タイヤが横向きになってしまったことに気付いたのは誰なのか?ってこと。コックピットクルーが当初知り得た情報は、“ギアがアップしてな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エースコンバット・ゼロ』発表~!o(≧∇≦)o

前作『エースコンバット5』発売から一年。早くもシリーズ最新作が発表となった!ナンバリングは『6』ではなく『0』とのこと。しかし、そんなことよりサブタイトルの『ザ・ベルカン・ウォー』、これに思わずニヤリとしたシリーズファンは多かったに違いない。 このシリーズの魅力のひとつは深いストーリー設定によるドラマ性。近未来SFアニメ大作風の『…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

墜落の山・・・あの御巣鷹の尾根に登って

夏休みを利用して群馬県上野村、御巣鷹の尾根に登ってきた。 飛行機に携わる仕事に就いて以来、いつか自分の足でその地に立ってみたい、自分の目でその斜面を見てみたい、そう思い続けていた私が行動を起こすのに実に20年もの歳月を要してしまった。 1985年8月12日、私はバイト先で123便の事故を知った。そして連日のテレビニュースや新…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

トム・クルーズとF-14トムキャットとGPZ900Rニンジャ

先日『宇宙戦争』でトム・クルーズを目にした。テレビやレンタルビデオ(DVD)を除けば、スクリーンでの彼は実に『トップガン』以来のこと。前にも書いたがトムというとやはり私には『トップガン』での“マーベリック”のイメージが強い。 『トップガン』は学生時代に観た。もちろん一番のお目当てはトムでもケリー・マクギリスでもなくF-14トムキャ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『宇宙戦争』トムとティム、20年後の悲劇(T_T)

【多少ネタバレあり】 興味がありながらなかなか時間の取れなかった『宇宙戦争』をやっと観た。うん、トムもいい、ダコタもいい、宇宙人の殺戮メカもいい・・・。なのに観終わっての満足度はかなり低いぞ。パニック映画にしては盛り上がりの起伏が少ないような、というか観ていてだんだんテンションが下がってしまった。 冒頭から序盤にかけてはすごい。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

富士山を下からじゃなく上から見る

当ブログに何度かコメントを頂いている方のブログを拝見していて、「夢?」と題して一度やってみたいことのリストを書き連ねている記事を見つけた。ニヤリなもの、ドキリなもの、ワハハなもの、オイオイなもの、なかなか面白いリストなのだが、その中に「富士山を上から見る」、というものがあった。 ふつう富士山は下から見上げてその雄大さを堪能するも…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

雨の日に太陽を見られる場所へ

子供の頃どうしても見てみたいものがあった。たぶん学研の学習雑誌あたりで読んだんだろうと思うが、雨雲のその上は晴れてる、ということを知って以来その晴れた空を、そう、雲の上の青空を自分の目で見たくて見たくて・・・。 もちろんそれは手の届かぬ夢ではなく、飛行機に乗れば見ることができるわけだ。が、けっきょくその夢がかなった時には大人にな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カッコよすぎ!フランカーシリーズ

ロシアの戦闘機、スホーイSu-27 フランカーとそのシリーズにメロメロである。 特にカナード翼装備の、Su-35/-37系のスタイルはたまらん。 なによりスゴイのは「コブラ」や「クルビット」といった独特の機動ができちゃうこと。 ようするに水平飛行中にその高度のまま機首を真上に向けたり、 そのまま後ろにぐるりんってまわっちゃったり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

エースコンバット5

ナムコのフライトシューティングゲーム。昨年発売のこいつを久々にプレイ。 う~ん、やはりこのゲームの完成度は高いぞ。 シリーズ3作目以降、ストーリーも厚いものになってきて、これもよい! 特に5のそれは秀逸。 シューティング主体にミッションをクリアしていく爽快感を邪魔することなく、 むしろ盛り上げてくれるドラマチックなストーリー。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more