テーマ:マイホーム

サントリーの「テラス・ライム」ってこんなにスゴイの!?

5月に花壇に植えたサントリーのテラス・ライムがぐんぐん勢力を広げている。既に花壇からあふれ出し、周囲のタマリュウを完全に覆いつくし、その先にあるコンクリートの階段を下へ下へと増殖中。それどころか隙あらばフェンスの間からお隣へ侵入しようとしている困った状態である。購入時は可愛らしいポット苗だったのになあ。こんなに大きくなるとは知らなかった…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ポリゴナム見つけた

昨年秋に玄関付近に植えつけたポリゴナム(ヒメツルソバ)。冬に地上部を枯らしてからはその存在を忘れかけていたのだが、先日新たに伸び始めた姿を発見した。 シーズンオフの処分品扱いを承知で購入したのは、翌年・・・つまり今シーズンを見据えてのことだったわけで、とりあえずその思いが叶いつつあるということだな。 庭のスミレ同様昨年の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ギボウシの株分け、そして・・・

GW中一気に葉が開き始めたギボウシ大小2種。本来は発芽前後が株分け適期のようだが、ギボウシ天国(笑)の実家では母親がいつも完全に葉が開いてからやっているので問題はないだろうと、この段階で株分けを実施した。 発芽数の多かった明るい緑葉の小さいほうは3つに、そこそこだった青葉の大きいほうは2つ(共に品種名がわからないのがイタいところ・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いとしのレディバード

ガーデニング中に見かけると、そのちょこまかとした愛らしさについ見入ってしまうテントウムシ。 我が家で見かけるのはたいていナナホシテントウかこのナミテントウ。 ナミテントウは新築後2年ほどは家の中でよく見かけた。どうやら彼らの越冬場所に私が家を建ててしまったのだ。そんな彼らも最近は室内からいなくなった。ようやく近くに新たな越冬…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ギボウシが出てきた

二鉢ある我が家のギボウシが今年もにょきにょき出てきた。時期的には去年と同じだが、顔を出した芽の数の多さにびっくり! 特にこの小型のほう(もらい物なので品種名わからず・・・)のすごいこと。去年の3倍は出てるんじゃなかろうか。 このまま育ったらさすがに窮屈そうなので、連休中に株分けをしてあげよう。 ヒメシャラやシマトネリコがも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

隣家のモッコウバラ

お隣のモッコウバラが満開を迎えた。伸びたつるの一部が境界フェンスを越えて我が家の敷地に侵入していて、それをお隣さんがしきりに気にされるのだが、その都度「かまわないですよ」と答えている。 だっておかげでこのかわいらしい花を楽しめるんだから♪ ということで、この写真を撮るにあたり一応お隣の許可をもらったが、撮影場所はもちろん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヒメモンステラの逆襲

「モンステラ」という語感のせいもあって何やら往年の怪獣映画のタイトルみたいになってしまったが、冬の間成長が止まるとばかり思っていたヒメモンステラの勢いは我が家にとって想定外。伸びるわ伸びるわ、もう手に負えない有様。だから気分はやっぱり“モンステラの逆襲”なのだ。 我が家に来た時はミニ観葉仕立てのかわいいヤツだったのに、昨年夏に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お得(?)なシマトネリコ 9ヶ月で2.3倍

ちょうど一年前、今年のお正月にポット植えの安い苗木を購入したシマトネリコ。3月に庭に植えなおして以来その成長の速さをたびたび記事にしてきたが、年内2倍という目標(?)は10月初めに余裕で達成。そして本日、今年最後の測定に臨んだところ植え付け時の2.3倍、153cmの高さになっていた。 お店により多少差はあろうが、このサイズの耐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚愕のシマトネリコ(伸びるのが速いんだってば!)

夏の気候にダメージを受けたヒメシャラとジャノメエリカとは対照的に、枝葉をぐんぐん伸ばし青々と元気いっぱいのシマトネリコ。今年初めにポットの苗木を購入し春先に庭へ植えつけたこの常緑樹の勢いが止まらない。 現在の高さ130センチは植え付け時のほぼ2倍である。初夏の頃までは高さばかり成長して風の強い日に揺れる様など危なっかしくて見て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オーガニックガーデン・・・?

ここんとこ庭の手入れがまったくできずにいた。(単にサボっていたことはヒミツだ) うちの庭はランダムに花壇を作ったり庭木を植えたりしているだけで、芝生もないしレンガや石などを敷いてあるわけでもない。つまり全面が土。ちょっと歩くぶんには固く感じるが、実際にはかなり柔らかいので油断をするとあっという間に雑草天国になってしまう。それでもこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤモリのクロッカスその後

昨年秋に雨戸に巻き込まれるという不幸な事故でこの世を去ったヤモリ。庭の片隅でひっそりと眠るそんな彼のもとにも春がやって来た。 彼を埋めた場所にクロッカスの球根をひとつ植えたことは前に書いたが、実は後日その一帯に球根を追加。全部で10球を植えてあった。 それが次々に開花の時を迎えてずいぶん賑やかに! 先に紹介した黄や…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

下駄箱で見つけた春の兆し

玄関の造り付け収納・・・ようするに下駄箱に仕舞ってある工具をいじっていて、その奥に謎の球根を見つけた。芽まで出ている。 え?これ・・・って・・・何の球根だっけ??? クロッカスとムスカリは全部植えたはずだし・・・・ああ、そうだ!チューリップだ~! 昨年のチューリップははっきり言って失敗。球根6個中ひとつしか咲かせることがで…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

住民税から取り戻せ!・・・住宅ローン控除

所得税が減額となった昨年の税制改正。おかげで所得税額が上限となる住宅ローン控除(住宅借入金等特別税額控除)による控除額が減ってしまうという事態に。税源移譲のニュースを聞いて以来このことが気になっていた私は昨年5月にこんなことを書いた。 その後何度か市役所の課税課に問い合わせたのだが、正直あまりレスポンスがよくなかった。やはりお役所…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小さなシマトネリコ

シンボルツリーとして真っ先に植えたのはヒメシャラだった。四季の中で新緑と紅葉が交互に楽しめる点が気に入ったわけだが、葉の落ちる今の時期になるとやはり常緑樹も欲しくなってしまう。 そんな私がここのところ狙っていたのがシマトネリコ。最近は観葉仕立てや耐寒性の強いものの選抜育成種も出回っていて、何かと人気があるこの樹。近いうちに現在のヒ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヒメシャラの実

すっかり冬の姿になったヒメシャラだが、去年と違うところがひとつある。 葉の落ちた枝々に冬芽だけでなく実もたくさんついているのだ。 一年前の秋に植えたこのヒメシャラ。花が咲くのはさらに一年先(=来年)だと思っていたのに、今年の夏に10個ほど花を咲かせてくれた。でも私が見つけられたのがその程度だっただけで、実際にはもっとたく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬至の贈り物

昨夜は頂き物のユズを贅沢に浮かべたユズ湯につかった。 極楽極楽~(= ̄▽ ̄=) 仕事が忙しく連日帰宅の遅い今日この頃。せっかく我が家にたどり着いても玄関前に立ちはだかる階段がまた難関。ほんの数段なのだが疲れたおじさんの身にはこの数段がこたえるのだ。 先週のある夜、その階段を昇りきったところに素敵な贈り物がそっと置かれていた…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

色づく葉と枯れゆく葉・・・『それぞれの秋』

我が家の日なたと日かげでそれぞれの秋を迎えつつあるヒメシャラとギボウシ。 昨年11月に紅葉している状態で我が家にやって来たヒメシャラもちょうど1年。完全な紅葉にはもう少し時間がかかりそうだがずいぶん色づき始めた。一方のギボウシは我が家で初めての秋・冬を迎える。日の当たらない玄関周辺にタマリュウとともに存在してくれたこの貴重なグリー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヤモリくんの災難

帰宅後雨戸を順に閉めている最中に“それ”は落ちてきた。 我が家の雨戸はシャッター式なので、閉めるときには上方に巻き上げられているのをカラカラっと引き降ろす仕組み。 で、東側のとある雨戸を降ろしたときのこと、同時に何かがポタッと落ちた。一瞬大きなクモかと思い飛びのいたのだが、よくよく見るとそれは体長10センチほどのヤモリ・・・・・…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

朝を告げる使者 メジロの訪問

朝、聞きなれない鳥の鳴き声に起こされた。 二階の窓をそおっと開け、お隣の大きな柿の木を観察する。 ・・・いた!メジロだ♪           EOS30D / EF70-200mmF2.8L USM / 絞り優先AE F4.0 窓越しのすぐ近くの枝でピーチクピーチクにぎやかにさえずっていたメジロは、私がカメラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

税源移譲と住宅ローン控除

国から地方への税源移譲により来月から住民税が増額される。国税である所得税の減額により合計した税負担は変わらないという説明をそこここで目にするが、住宅ローン控除により所得税の還付を受けている身にとってはたまらない。 まだローン残高の多い私の場合所得税がまるまる返っていたわけだから、それが減って代わりに住民税が上がるなんてそれこそ大増税。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭木第2号はツツジ~♪

GW終了。といっても仕事はカレンダーどおりだし休日出勤もあったしで、個人的には特に連休気分ではなかったけど(泣) それでも休みを利用して庭にツツジを植えることができた。ヒメシャラに続く2本目の庭木だ。実家の庭には7種9本のツツジ類があり、鉢植えの物も含めると全部で・・・・よくわからん(笑) まあそんな中からムラサキコチョウ(紫胡…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒメシャラの芽吹き~!

春の訪れとともに我が家のヒメシャラが芽吹き始めた。 11月に植えたときは紅葉の真っ最中で、その後は落葉した姿、そして冬芽が膨らみ始めた姿と秋から冬にかけて見てきたわけだが、これはつまり「緑」をまだ見ていなかったということなので今のヒメシャラの姿は見ていてワクワクしてくる。 やはり緑はいいねい! 萌え始めた緑の芽の変…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大風が我が家にもたらすもの

夜に強い風が吹くことがここ最近何度かあった。雨戸を激しく叩き、まだ若いヒメシャラに容赦なく襲い掛かかる大風が去った翌朝はたいていいい天気なのだが、朝刊を取りに玄関を出た私が目にする光景は、穏やかな早春の陽光に反してなんとも腹立たしいものである。 愛車の置かれた駐車スペースに散乱するゴミの山。落ち葉やちょっとした菓子の包み紙程度なら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

立春に開花なんてにくいヤツ~

昨年秋に花壇に植えた球根たち。そのうちの20個と大半を占めるクロッカスが、立春の今日になって咲き始めた。まずは3つ♪ 昨日の夕方までに3つの黄色いつぼみを確認していたので、立春の今日に合わせての開花は予想していたが、実際咲いたその姿を見るとやはりうれしいもの。 一年を24の季節に分けるという日本ならではの風情を、もとは地中海…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

階段と手すりと麻丘めぐみ(?)

先日「我が家のお花&アクアリウム」のちゅうさんが新居の階段について書かれているのを拝見して、自分が家探しをしていた頃を思い出した。(ってまだ2年も経ってないケド・・・) 階段は家の中でも代表的な危険箇所だ。そのため間取りや日当たりだけでなく、階段の構造についても自分なりに条件付けをして物件めぐりに臨んでいた。しかし条件の一つである…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ヒメシャラの冬芽

まだ紅葉中の葉が一部残っている我が家のヒメシャラだが、落葉した枝に目をやるといつの間にかたくさんの冬芽が顔を出していて、平日家を出る時間には朝日の中できらきらと輝いている。 先日お酒の席で友人がこんなことを話してくれた。 “冬の落葉樹は凛とした趣きがあるし、春に備えてその枝に冬芽をたくさんつけてる姿がまた魅力的だと思うん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クロッカス順調順調~♪

花壇のクロッカスたちが順調に育っている。細い葉が束になったように見えるもの、花になると思われるつぼみらしき部分が早くものぞいているもの・・・。姿はそれぞれ違って見えるけどみんな元気に成長していることはたしか。 花壇作りから2ヶ月が過ぎビオラやノースポールたちが連日賑やかに花を咲かせる中、真打ちの球根たちがようやくその存在を主張…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あなただあれ?

うちのブロック塀にチョウのさなぎがある。先月庭掃除をしていて発見した。 いったいここからどんなチョウが生まれてくるのか、せめて幼虫の姿を見られていたならわかったのだろうが、さなぎになってからではわからないようだ。それとも詳しい方ならわかるのかな? あれこれ調べてみた結果、どうやらアゲハチョウらしいことはなんとなくわかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の洗面台の秘密

いやあ、びっくりしたのなんのって! 新居に引っ越して一年と二ヶ月。家にいる限りは毎日朝晩必ず対峙してきた洗面台の蛇口に、こんなギミック(笑)が隠されていたとは知らなんだ~。 これがね・・・ こうなることは知ってたんだけどね・・・ こんなふうになっちゃうなんて!\( ◎o◎)/!(もっと伸びる) …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ありがとうトレニア

夏に青々としていた葉や茎が紫がかってきてからも頑張って花をつけてくれてたトレニア。 正直見栄えもかなり悪くなってたし、庭の景観の事を考えればもうとっくに抜いて処分する頃らしいのだが、せっかくまだ寒さにめげず咲いているのだからと12月に入ってからも放置し続け温かく見守ってきた。 そしてついに最後の花が終わったのが先週のこと。殺風景…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more