テーマ:映画

『ALWAYS 三丁目の夕日'64』・・・東京タワーと新幹線とブルーインパルスと

巣立ちがあれば別れがある。夢をつかむとき、新しい出会いに胸を躍らすとき、悲しいかな別れは付き物なのだ。昭和の風情も懐かしい人情ドラマの第三弾。今回もたっぷり笑い、そしてたっぷり泣かせてもらった。 すっかり御馴染みの夕日町三丁目の面々だが、淳之介と一平がすっかりお兄さんらしくなっていてちょっとびっくり。彼らの成長は50年代から60年…
トラックバック:30
コメント:12

続きを読むread more

『ロボジー』・・・ドモアリガトーミスターロボット(懐)

2012年最初の映画鑑賞は私の大好きな矢口監督の鈴木さんシリーズ(?)最新作! これまでの作品のような終盤へ向けての盛り上がり感は少々控えめだが、笑いと感動のツボをうまくおさえたストーリー展開はやっぱり矢口監督ならではの面白さ。“ジジイとロボット”というある意味対極の存在がよりによってひとつになることで起こるドタバタを交えたハートウォ…
トラックバック:46
コメント:12

続きを読むread more

2011年の映画を振り返って

今年1年間の劇場鑑賞回数は偶然にも昨年と同じく54回。3作品をリピート鑑賞したので作品総数は51本(そのうちレビューは49記事で落稿2本)。 地元2館に集中して通ったほか、今年は出張先での鑑賞も実に9回。休日を挟む出張が発生した場合何より気掛かりなのは、もはや仕事の内容ではなく宿泊先周辺に映画館があるかどうかである(笑) さ…
トラックバック:66
コメント:50

続きを読むread more

『ニューイヤーズ・イブ』・・・というわけで、よいお年を!

良くも悪くも期待通りの作品。スター俳優が一堂に会しての群像劇としては昨年の『バレンタインデー』のほうが好みではあるが、さらっと観てちょっといい気分になれる後味のよさという点はこちらも同じ。あとは出演俳優の好み次第で観た人の評価が決まるんじゃなかろうか。 素敵なラブストーリーや人間ドラマを一度に堪能したような心地よい満足感。一つ一つ…
トラックバック:22
コメント:10

続きを読むread more

『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』・・・真のリーダー

1941年12月8日、帝国海軍の下す苦渋の決断によりこの国は戦争へと突入した。太平洋上機動部隊空母6隻の攻撃隊一波二波合わせて約350機がオアフ島真珠湾を目指す。 対米戦回避をギリギリまで唱えながらもこの奇襲攻撃を立案することになる山本五十六が、連合艦隊司令長官就任からブーゲンビル島上空で戦死するまでに何を見つめ、何を憂い、何を思いな…
トラックバック:25
コメント:6

続きを読むread more

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』・・・チームあってのイーサン・ハント

脱獄から始まって核攻撃阻止で終わるという何とも大胆なストーリーがとにかくおもしろい! 回を重ねるごとに目立ってきたイーサンのワンマンぶりや、派手なアクション、凝ったギミックで魅せるというスタイルが本作では適度にリセットされた感ありで、シリーズお約束でもあるこうした要素が控え目になったことが意外にも好印象である。 クレムリン爆破事…
トラックバック:61
コメント:12

続きを読むread more

『リアル・スティール』・・・繰り出せ三連コンボ!

往年の名作『ロッキー』の興奮と感動を思い起こさずにはいられない情感あふれる人間ドラマと劇的なクライマックス。 それぞれに生きる気力を少しずつ見失っていたチャーリーとマックスが、廃工場で見つけたロボットATOMとの出会いを通して活気を取り戻し、同時に互いの絆を深めていくという王道ストーリー。これがまた実に気持ちいい。 廃棄されていた型…
トラックバック:41
コメント:10

続きを読むread more

『50/50 フィフティ・フィフティ』・・・身近なガン患者への接し方とは

ガン患者を主人公に据えた作品だが、壮絶な闘病物語でもなく、その生死をめぐる感動号泣ドラマでもない。世話役を買って出たはずの恋人は去ってしまうし、親友も影で涙を流すどころかガンをネタにして悪ふざけの日々。担当となった新米セラピストもどこか頼りない。 それなのに観ているうちに心がポカポカと温かくなっていく展開が実に爽やか。ストーリーにドラ…
トラックバック:24
コメント:6

続きを読むread more

『アントキノイノチ』・・・“あのときの生命”を忘れずに生きよう

人はなぜ生きるのか。生きようとするのか。あるいはなぜ自ら死のうとするのか、他人を殺そうとするのか。 高校時代に親友を“殺した”青年と、同じ頃に“殺された”ことがあると語る少女。遺品整理業という特殊な職業に身を置く二人の心の揺らぎを通して「生命(いのち)」の意味を問う、ずしりと重みのある物語だった。 さだまさしの原作を一ヶ月ほど前…
トラックバック:15
コメント:2

続きを読むread more

『コンテイジョン』・・・接触感染の恐怖

ウィルス感染のパンデミック映画に何を期待するかで評価や感想が二分しそうな作品であった。 発症から感染拡大に至る経緯を軸として描きながら、患者、役人、警察や軍、科学者、医療関係者といった人々それぞれのドラマを絡め、その背景に製薬会社の陰謀やら軍事機密やらを設定したうえで、ホラーやサスペンスに振るか、あるいはSFやアクション系の味付け…
トラックバック:36
コメント:8

続きを読むread more

『ステキな金縛り』・・・せっかくの三谷ワールドが

前半はとにかく笑った。クスクス笑いではなく声を出してこんなに笑った映画は久しぶりだ。コメディとしての三谷ワールドはやはりおもしろい。 三谷幸喜の手にかかると俳優さんたちのイメージがガラリと変化する楽しさもある。本作での深津絵里の可愛らしいこと。『悪人』で殺人犯との逃避行を繰り広げた彼女と同一人物とは思えないほどである。もちろん役者…
トラックバック:43
コメント:8

続きを読むread more

『ミッション:8ミニッツ』・・・そして彼女の指がEnterキーを叩く

時空超えSF大好きな私にとって久々に登場のこのジャンル。主人公がある時間を繰り返すうちに状況が変化していくというアイデアは過去にも秀作があるが、本作はそれをさらに一捻り二捻りさせたうえでの二段オチという凝りに凝った作品である。 少々ややこしいし最後まで疑問の残る部分もあれこれとあるにはあるが、それでもとにかく面白かった。 -…
トラックバック:47
コメント:16

続きを読むread more

『カウボーイ&エイリアン』・・・物足りない印象なれど

エイリアン・ラッシュにしてスピルバーグ・ラッシュ。 ここ最近のそんな流れに乗っかる作品がまたひとつ。とはいえ西部開拓時代にエイリアンが現れたら・・・という発想は斬新だしきっと面白いに違いない。製作陣にはビッグネームが名を連ね、しかもダニエル・クレイグにハリソン・フォードだ。予告に登場する飛行メカにも興味津々で・・・。 洋画邦画ともに…
トラックバック:39
コメント:10

続きを読むread more

『一命』・・・武士の誇りと男の尊厳

武士の誇りとは何か。命とは何か。 家族を愛する若き武士の切腹をめぐって繰り広げられる壮絶な人間ドラマに、我を忘れてのめり込んだ2時間だった。 武士にとって切腹とは潔いけじめの付け方であり、名誉ある最期にして誇り高き死に様である。当時においては神聖な行為だったはず。少なくとも今を生きる我々はそう認識している。 となればそれを…
トラックバック:28
コメント:10

続きを読むread more

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』・・・新解釈の前日譚

公開を待ち望んでいた本作。期待以上の面白さにぐいぐい引き込まれた。何が面白いって旧シリーズとの新解釈なりの絶妙なリンクだ。 というわけで旧シリーズのおさらいも交えつつ・・・。 1作目『猿の惑星』の前日譚という位置付けの本作であるが、考えてみればあの自由の女神に象徴される人類滅亡とそこに至るまでに起こった人間と猿の立場逆転の経…
トラックバック:55
コメント:10

続きを読むread more

『はやぶさ/HAYABUSA』・・・“みんな、ただいま”

MUSES-C はやぶさプロジェクトがこうまで脚光を浴びたのは、満身創痍で長い旅路の果てに流れ星となって帰ってきたあの劇的な映像によるところももちろん大きいだろう。帰還成功イコール燃え尽きることというサンプルリターン探査機の宿命は多くの人の心に響いたはずだ。 しかしあの“奇跡の帰還”の何年も前から、本作の原案とも言える「はやぶさ君の冒…
トラックバック:28
コメント:4

続きを読むread more

『世界侵略:ロサンゼルス決戦』・・・“退却NO!”これぞマリン・コ魂

流星群と思われた落下物から“何か”が現れ突如人々を襲い始める中、民間人救出に向かった海兵隊一個小隊。特別な装備を持っているわけでもないこの部隊が、エイリアンに遭遇し民間人を守りながらの戦闘に巻き込まれていく様子を描く本作。 戦闘時にブレまくる映像は実際の戦場におけるドキュメンタリーのようでもあり、最近流行のエイリアンVS人類映画にあっ…
トラックバック:32
コメント:4

続きを読むread more

『サンクタム』・・・ジェームズ・キャメロンは何をしたかったのか?

サンクタムとは聖なる場所、聖域のことである。 ジャングルの奥地でぽっかりと口をあける世界最大級の洞窟、その深部にある水路が海へつながっていることを証明しようとする探検家チームに自然の驚異が襲い掛かるというリアル系サバイバル作品。嵐により地上班との連絡が途絶え、洞窟入り口へのルートは流れ込む水により遮られてしまった彼らは、生還のため…
トラックバック:24
コメント:12

続きを読むread more

『日輪の遺産』・・・軍は負けても国は負けない

8月になると各局がこぞって放映する太平洋戦争を題材としたテレビドラマが実は好きではない。大きなテーマは戦争の愚かさを訴えるものでありもちろんそれに異論はないが、開戦に踏み切った軍部を単純かつ一方的に悪者に仕立てた挙句、民間人や末端兵士の悲劇をこれでもかと見せ付けたり、あるいは上官に反発する平和主義の若き兵士をヒーローのごとく奉るような演…
トラックバック:26
コメント:12

続きを読むread more

『うさぎドロップ』・・・原作前半のダイジェスト的な印象

映画化の話を聞くまで全く知らなかった原作コミックの存在。最近になって映画館配布の小冊子にて試し読みしたその第1話にたちまち惹かれてしまい、気付けば全9巻まとめて大人買いというにわか「うさドロ」ファンの私。 やはり5巻以降で描かれる10年後のストーリー(予備知識ナシで5巻の表紙を見たときはタマゲタ)があってこその「うさドロ」だと思うのだ…
トラックバック:21
コメント:2

続きを読むread more

『カーズ2』・・・あくまでメーターの物語として

これまでまったく興味のなかった1作目をふとしたきっかけでDVD鑑賞し、その名作ぶりに5年にわたった自分の食わず嫌いを心の底から後悔したのが先月のこと。 ピストンカップ優勝を目指すワガママレーサーのマックィーンが、再レース会場へ向かう途中に立ち寄ったラジエーター・スプリングスで出会う街の車たちとの交流を通して友情や恋や相手を敬う心を学ん…
トラックバック:30
コメント:4

続きを読むread more

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』・・・使いっ走りたちのプライド

待望のシリーズ第三弾! いや~今回もすっかり楽しませていただいた。長尺が全く苦にならない怒涛のロボアクション! 特に終盤のシカゴ決戦は圧巻だ。オートボットとディセプティコンのファイナルバトルに人類も果敢に加わっての死闘に息をつく間もなかった。 ド派手な爆破、ド派手な破壊。マイケル・ベイよ、こういうの撮らせたらやっぱりアンタすごいよ…
トラックバック:55
コメント:10

続きを読むread more

『コクリコ坂から』・・・少女よ君は旗をあげる

東京オリンピックを目前に控えた日本。舞台は横浜。純真な少女と少年の恋模様は途中ドキリとするような展開も交えつつ、それでも最後は実に清々しい希望あるエンディングへとつながってゆく。 ジブリならではのファンタジー色はほとんどないが、登場人物すべてが優しくて温かくて爽やかで、後味が絶品のアニメーションだった。 校内の部室棟取り壊しを巡…
トラックバック:47
コメント:8

続きを読むread more

『アイ・アム・ナンバー4』・・・まずはプロローグ(続編強く希望!)

スーパー8にナンバー4と、エイリアン映画は数字がポイントの今日この頃(笑) で本作。特殊能力者たちが彼らを抹殺しようとする敵に立ち向かうストーリーと知った時点でまず思い浮かんだのが一昨年の『PUSH』。見所がなかったわけでもないけど、はっきり言って駄作だったあの『PUSH』みたいだったらイヤだなあと思いながらも、009世代(再放送…
トラックバック:33
コメント:10

続きを読むread more

『SUPER8/スーパーエイト』・・・夏こそジュブナイル・アドベンチャー

エリア51絡みの異星人コンタクト物であるが、SF要素に過度な期待をすると肩透かしを食うこと必至。本作はむしろ、軍がひた隠しにする“何か”を8ミリフィルム“スーパーエイト”に記録してしまった子供たちが経験する、友情や初恋や家族の物語であろう。 全編通して往年のスピルバーグ作品を思わせるシーンがてんこ盛り。いちいち論うまでもなく、ある…
トラックバック:52
コメント:10

続きを読むread more

『スカイライン -征服-』・・・宇宙人襲来と密室劇の組み合わせ

大都会に何の前触れもなく宇宙人が現れ攻撃を開始するという王道のエイリアン襲来パニック作品である。しかも低予算。となると内容云々の前にまず思い浮かぶのが『第9地区』。昨年のマイベスト第2位の傑作だが、内容で比較すると残念ながら本作に勝ち目はないか。 それでも映像は圧巻の連続であり、やはりあちらの映画界が持つパワーには唸るばかり。観る…
トラックバック:31
コメント:4

続きを読むread more

『奇跡』・・・愛すべき7人の少年少女たち

衝撃の『空気人形』公開から待つこと2年・・・。『後の日』、『桜の木になろう』といった“短編”を挟んでいよいよ是枝監督の長編映画公開である。例によって例のごとく、是枝つながりの友人と初日舞台挨拶が行われる新宿バルト9へ。 是枝監督、前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、そして樹木希林という豪華な顔ぶれが登壇しての舞台挨拶は、特に旺志郎くん…
トラックバック:33
コメント:8

続きを読むread more

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』・・・作り手の真摯さは?

一昨年のベストセラーの映画化。原作は既読だが、淡々とした奥深さのない文体と情景描写の希薄さゆえ、読み始め当初は正直辛かった。ところが読み進むにつれじわじわとその面白さが伝わってくる感じで、読み終えた後はなかなかの充実感を得た。 高校野球の女子マネージャーがドラッカーの経営学に野球部を当てはめての革新を実践し、その目標を甲子園出場におく…
トラックバック:25
コメント:6

続きを読むread more

『アジャストメント』・・・運命を決めるのは誰

人の運命を操作する謎の組織“運命調整局”と、自分の運命を守るためにひとり立ち向かう若き政治家。そんなSF仕立ての熱いサスペンスに重きを置く作品だと思っていたら、そっちのほうは良くも悪くも適当な味付けで、要は困難に打ち勝って結ばれる男女の姿を描くラブストーリーだった。 もちろんSF設定が話を面白くしているのは確かであるが、主役をもう…
トラックバック:38
コメント:6

続きを読むread more

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』・・・面白いけどちょっと違う

宿敵バルボッサとの間で因縁を残した形になっていた生命の泉を示す地図。前作ラストでジャックが真ん中をくりぬいたこの地図が、本作では冒頭から登場。というわけで、出だしからすんなりとパイカリの世界に入り込めたのだが・・・。 うーん、とりあえず面白かった。やっぱりジョニデのキャプテン・スパロウはそれだけで楽しい。 ・・・でも、ちょっ…
トラックバック:45
コメント:10

続きを読むread more