テーマ:ミリタリー

『空へ-救いの翼 RESCUE WINGS-』・・・航空救難における“最後の砦”

自衛隊の救難ヘリにスポットを当てた作品ということで飛行機好きとしては興味津々。しかし映画的には(あの手塚昌明監督ということもあって)いまひとつ食指が動かないという、まさに私を悩ませるために存在するかのようなこの1本。悩みに悩んだ末・・・・・・けっきょく初日鑑賞。ちなみに原作のアニメ、小説、コミック等すべて未見。 レスキュー物として…
トラックバック:13
コメント:6

続きを読むread more

(本)『空の中』・・・作者についての大いなる勘違い(^^ゞ

一ヶ月ほど前だったか、書店で平積みされている本書の表紙に目が留まり思わず手に取った。雲上を右旋回する飛行機のコックピットから前方を見据えたかのような写真。左端にはHUDの高度表示部をイメージしたALTゲージがデザインされていて、そこに示される高度は57,460フィート。 メートルにすると1万7・8千(3で割ってからちょっと引くという暗…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

富士総合火力演習・・・今年は土砂降り~(T_T)

昨日24日の日曜日、今年も陸上自衛隊の総合火力演習に行ってきた。週間予報では早くから雨となっていたので、絶対前後にズレ込み当日は晴れると楽観していたら甘かった。ほぼ土砂降り。こういうときに限って当たるんだよな、天気予報・・・。 なんだかんだで仲間たちとほぼ毎年のように見学に出かける陸自の火器・火砲・ミサイル等実弾射撃の一般公開。最…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』・・・あーそっち行っちゃったか

このジャンルの草分け的存在であるインディ・ジョーンズが19年ぶりに復活ということで楽しみにしていた本作をようやく鑑賞。 あ~やっぱこの雰囲気だ。インディはこうじゃなくちゃ!アクションを交えたしつこいくらいのカーチェイスは見応えあったし、そのあとの虫ウジャウジャも堪能(?)。命がけの冒険にもかかわらず小ネタで笑いを誘うシーンが時々出…
トラックバック:17
コメント:4

続きを読むread more

厚木の空は『エースコンバット6』!?

厚木基地の離着陸のために飛んでいる米海軍艦載機を自宅周辺でよく目にするのだが、ここ最近見かける小型の戦闘機にはちょっと興奮気味の私。これは米空軍のF-16ファイティングファルコンで、新聞によると厚木のF/A-18スーパーホーネットとの合同訓練のために在韓米空軍の5機が厚木入りしているとのこと。 先日はF-16とF/A-18による異…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『エースコンバット6』 TVCM開始(^^)v

いよいよ発売日が迫ったナムコのフライトシューティング『エースコンバット6 解放への戦火』のTVCMを先日初めて見た。公開済みのトレーラームービーから切り取った15秒ではあるが、それでもこの映像が電波に乗って流れ始めたことを思うとひとりニンマリしてしまう。いよいよ発売だ、と。 エースコンバットシリーズのCMというと思い出すのが『エー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『トランスフォーマー』・・・変身シーンの妙!

いやあおもしろかった!映像&音響はすごいし、米空軍の装備が次々登場するし、善玉ロボット対悪玉のロボットという単純なストーリーはわかりやすいし。娯楽大作とはこういう映画を言うのだ。 【ちょっとだけネタバレあり】 空軍仕様のV-22オスプレイの飛行シーンから始まるこの映画はこれでもかとばかりに米空軍機が登場する。最初に“変身”するの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総合火力演習に行ってきた!・・・その4

総火演を見学していて毎回驚かされるのが各火器の命中精度。特に90式戦車が見せる行進間連続射撃と急停止直後の射撃でのそれは、素人から見ると驚異的である。あんなに車体がブレながらなんで正確に当たっちゃうのだろう?数百メートルも先にあるわずか数十センチ四方の的なのに! 実弾演習の一般公開というせっかくの機会。スゴイのカッコイイのと盛り上がる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総合火力演習に行ってきた!・・・その3

朝6時前。参加部隊のひとつ、戦車教導隊2中隊の90式戦車がずらり並んだ。点検射の準備が始まるのだ。             EOS 30D / EF70-200mmF2.8L USM / 絞り優先AE F3.2 点検射とは本番前に行う“試し撃ち”のことだが、本番開始の数時間も前から集まるファンに対するサービスのようにも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

総合火力演習に行ってきた!・・・その2

今年の総火演の目玉はやはり戦闘ヘリAH-64Dロングボウ・アパッチだろう。うれしいことにロングボウレーダーを装備した状態で2機が来てくれた。(写真は演習終了後、地上展示のために着陸する74502号)                EOS 30D / EF70-200mmF2.8L USM / シャッター優先AE  1/250秒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総合火力演習に行ってきた!・・・その1

陸上自衛隊の富士総合火力演習を久しぶりに見学した。 早朝6時前に現地到着。が、我々はがき当選者のスタンド席はすでに4分の1ほどが埋まっていた。なんだか以前より早くなってるなあ。来年は出発時間を再検討したほうがよさそうだ。                EOS 30D / EF70-200mmF2.8L USM / プログ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『エネミー・ライン』・・・あ、海に浮かぶウィルソン見っけ!(笑)

派手な空中戦や地上戦シーン満載の作品と思っていたらちょっと違った。では期待はずれだったかというとそんなことはなく、なかなか楽しめた。(レンタルDVD) 【多少ネタバレあり】 アドリア海に展開する空母カールビンソンから偵察任務で発艦したF/A-18Fスーパーホーネット。停戦協定中のボスニア上空へ侵入し地上のセルビア人勢力の“ある行…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日テレ『戦国自衛隊』での小早川秀秋

先日二週にわたって日テレ系で放送された『戦国自衛隊・関ヶ原の戦い』。 以前書いたようにSFタイムスリップ映画が好きで、さらにメカ好きの私にとっては“おいしい”ドラマだった。 関ヶ原といえば、東軍徳川家康VS西軍石田三成の戦い。そしてもうひとり欠かせない武将がこの小早川秀秋だ。彼が三成を裏切ることにより形勢逆転、家康率いる東軍が勝…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

“青い衝撃”が墜ちた日

きょうは11月14日。毎年この日になると欠かすことなく目を閉じ思い浮かべる、忘れられない光景がある。 田舎の少年だった私が、電車を乗り継ぎ期待に胸をふくらませてたどり着いたその地で、私の目前で事故は起こった。急降下していく機体が格納庫越しに消え、直後巨大な火球が空に立ち上る光景・・・。 1982年11月14日。航空自衛隊浜松…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

『ステルス』・・・クルビットでやられちゃうなよSu-37!

B級の匂いぷんぷんの映画が、実はけっこうおもしろかったりすることがある。きょう観てきた『ステルス』もまさにそのパターン。ちまたの評価は今ひとつの作品のようだが、どうしてどうして、私はなかなか楽しめた。 もともとこの映画は劇場で観るつもりはなかったのだが、“ロシア軍のSu(スホーイ)-37 スーパーフランカー(=ターミネーター)との…
トラックバック:2
コメント:9

続きを読むread more

今週の航空機トラブル2件に思う

今週は2件の航空機トラブルが相次いでニュースになった。佐世保での陸自AH-1Sの墜落と、ロサンゼルスでのジェットブルーA320のNLG(前脚)トラブル。 まずジェットブルーから。 私が気になったのは、タイヤが横向きになってしまったことに気付いたのは誰なのか?ってこと。コックピットクルーが当初知り得た情報は、“ギアがアップしてな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エースコンバット・ゼロ』発表~!o(≧∇≦)o

前作『エースコンバット5』発売から一年。早くもシリーズ最新作が発表となった!ナンバリングは『6』ではなく『0』とのこと。しかし、そんなことよりサブタイトルの『ザ・ベルカン・ウォー』、これに思わずニヤリとしたシリーズファンは多かったに違いない。 このシリーズの魅力のひとつは深いストーリー設定によるドラマ性。近未来SFアニメ大作風の『…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『亡国のイージス』・・・その2

原作未読のまま夏休みに鑑賞したがそれでも満足できたことを、印象に残ったシーンの紹介など交えて先日記事にした。しかし、原作と比較した上で、特に登場人物の描き込み不足を不満とする意見をブログで書かれている方が非常に多いことが気になってもいた。 そこで、「原作を読んでから観るべし」という諸氏の意見には残念ながらもう間に合わないが、まあ“映画…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

『亡国のイージス』

【多少ネタバレあり】 夏休み中に時間があったら観に行くかな・・・くらいに思っていた『亡国のイージス』をけっきょく時間作って(笑)観てきた。(『宇宙戦争』に引き続きひとりで・・・) お~、これはなかなかイイではないか。久々に見応えある邦画を観たぞ。『ダイハード』や『ザ・ロック』といったハリウッド映画を思い出しちゃうようなシーン満載…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カッコよすぎ!フランカーシリーズ

ロシアの戦闘機、スホーイSu-27 フランカーとそのシリーズにメロメロである。 特にカナード翼装備の、Su-35/-37系のスタイルはたまらん。 なによりスゴイのは「コブラ」や「クルビット」といった独特の機動ができちゃうこと。 ようするに水平飛行中にその高度のまま機首を真上に向けたり、 そのまま後ろにぐるりんってまわっちゃったり…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

エースコンバット5

ナムコのフライトシューティングゲーム。昨年発売のこいつを久々にプレイ。 う~ん、やはりこのゲームの完成度は高いぞ。 シリーズ3作目以降、ストーリーも厚いものになってきて、これもよい! 特に5のそれは秀逸。 シューティング主体にミッションをクリアしていく爽快感を邪魔することなく、 むしろ盛り上げてくれるドラマチックなストーリー。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more