SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ゴールデンスランバー』・・・「信じてるんじゃない、知ってるんだ!」

<<   作成日時 : 2010/01/30 18:23   >>

トラックバック 55 / コメント 10

逃げること、生きること。
冒頭で旧友の森田(吉岡秀隆)からこの二つを言い聞かされ、青柳(堺雅人)の逃走が始まる。前置きにさして時間は割かれず、明かしてしまえばラストも実にシンプルだ。しかし最初から最後までこれでもかと張り巡らされる伏線が、前後しながら絶妙なリズム・テンポで解かれていく感覚がとにかく気持ちいい。

例えば青柳が2年前にある事件で関わったアイドル凛香(貫地谷しほり)。予告で知っていた本筋に対しこの子の存在に何の意味があるんだかと思っていると、彼女がちらりと語っていた一言がかなり重要な展開を見せることになるのだ。終盤、車の中での彼女とマネージャーのセリフなどでき過ぎていて見事である。
そして彼女が秘めるある疑惑が最初に提示されたエレベーターのシーンにつながり、それをダメ押しで最後の最後にもう一度持ってくるという監督のセンス。
そういうことか。エレベーターの帽子男はそういうことか。
さらにこのラストでは駆け寄った一人の少女がある行動を取るのだが・・・このあたりはもうため息モノであった。

前述した森田の“逃げろ生きろ”の言葉も、中盤に病院内で入院患者(柄本明)からもう一度言われる。それは言いっぱなしとはならず実にユニークな手助けを受けることになり、そのまま青柳たちの学生時代の花火打ち上げアルバイトの思い出へとリンクしていく。ベンガル演じる花火職人も回想シーンだけかと思いきや、最後に現在の時系列でも登場。回想で憂いていた問題がちゃんと解決している上、刑事を前に言い放つ一言がまた最高だ。

連続殺人容疑で指名手配中の少年や電話でのみ登場する整形外科医、またバイクでツーリング中の親子などとの関わりも含め、雑然とちりばめられたキャラクターたちの一言一言が巧みにつながり合っていく様は本当に見事としか言いようがない。

伊東四朗もイイ。彼演じる父親が報道陣の「息子さんを信じたいお気持ちはわかるが・・・」という問いに対して、「信じてるんじゃない、知ってるんだ!」と切り返す。息子の無実を確信する父親の熱い言葉だ。
以前にも書いたが彼がこれまでに演じてきた父親役や刑事役が私は大好きで、本作でも彼らしい父親像を見せてくれた。やっぱイイなあ伊東四朗。

逃げる青柳に次々と接触してくるかつてのサークル仲間や先輩社員のさり気ない言葉がまたいい。容疑者に仕立て上げられそれがテレビで報道される中で、彼らは青柳の犯行などとはこれっぽっちも思ってないのだ。
「で、お前じゃないんだろ?」と笑顔で接する先輩といい、ある場所で書き残した「おれは犯人じゃない」というメモに元カノ晴子(竹内結子)が書き足す「だと思った」の一言といい、父親同様仲間たちも彼が犯人じゃないことなどわかりきっていると言わんばかりのそっけなさ。けっして状況説明口調ではない単純で短い言葉が実にリアルでよかった。原作でもそっけないのに熱く心強い言葉たちがこうして飛び交っているのだろうか。だとしたら読まないわけにはいかないね。

まずイイトコをざっと書いたが、一方で中だるみというか退屈に思えてしまうパートも正直あった。息もつかせず一気に見せるシーンと、ふっと緊張を緩ますようなシーン。両者のバランスがいまひとつだったような。眠気に至るほどではなかったものの、早く次次〜!とスピーディな展開を促したくなることもしばしばで、逃亡劇というスタイルに139分という長尺を考えると一工夫がほしかったところではある。

あえてツッコミどころも挙げてしまうと、まずiPodに刺さった●●の角度は不自然だ。また、朽ち果てたクルマはバッテリー換えただけじゃダメだろう。プラグ、キャブ(だよねあの年式は)、オイル、ガソリン、タイヤの空気圧・・・。錆びたり腐ったりヘタったりしてたはず。
そうそう、赤いイヤマフのショットガン刑事(永島敏行)。彼の役どころは指揮系統からはみ出した狂気の警官って感じだと思うのだが、どうもそういう怖さが感じ切れなかった。あのニヤリは怖いんだけどちょっと違うかなみたいな。
それにしてもぶん殴られた竹内結子はカワイソウだった〜。回想シーンで大学生時代を演じる彼女があんまりかわいいのでフラフラと惚れかけてたのだ(笑)

まあそれでもとにかく。本作が非常に面白い作品であることに変わりはない。張られた伏線が絡み解かれを繰り返す楽しさを存分に堪能した。オススメ!
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(55件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「ゴールデンスランバー」
ゴールデンスランバー〜オリジナルサウンドトラック〜「ゴールデンスランバー」を鑑賞してきました原作は未読。圧倒的なリーダビリティと鮮やかすぎる伏線回収で、2008年の“本屋大賞”や“山本周五郎賞”を受賞するなど各方面から絶賛された伊坂幸太郎の傑作ミステリ... ...続きを見る
日々“是”精進!
2010/01/30 19:22
ゴールデンスランバー
びっくりした?いや〜びっくりした!まさか「痴漢は死ね」という書初めと「ダンナさん、キャバ嬢と浮気してましたよ」という告げ口に泣かされるとは思いもしませんでした。やはり伊坂幸太郎先生と中村義洋監督のコラボは本当に素晴らしい!そして個人的にはキレ者だけどほん.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2010/01/30 21:25
ゴールデンスランバー [映画]
公開:2010/01/30製作国:日本上映時間:139分監督:中村義洋出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、竜雷太、伊東四朗、香川照之、貫地谷しほり、永島敏行無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲Story:凱旋.... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2010/01/30 22:02
「ゴールデンスランバー」試写会
右足を負傷して大変だってのに、行きましたよ、 伊坂幸太郎原作、堺雅人さん主演の 「ゴールデンスランバー」の試写会に! ...続きを見る
またり、すばるくん。
2010/01/30 22:36
ゴールデンスランバー
黄金のまどろみ。父と息子。ロックだよ。(試写会にて) ...続きを見る
悠雅的生活
2010/01/30 22:38
ゴールデンスランバー
伊坂幸太郎が2008年の本屋大賞と山本周五郎賞を受賞したベストセラー小説の映画化。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』と伊坂作品お馴染みの中村義洋。主演はこれまた中村監督の『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演した堺雅人と竹内結子。他には吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、柄本明を始めとする人気俳優が揃っている。伊坂作品常連の濱田岳も健在だ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/01/30 23:43
『ゴールデンスランバー』
新宿厚生年金会館であった『ゴールデンスランバー』の試写会に行ってきました。 ここで行われる試写会には過去にも何度か訪れているけれど、一番の混みだったんじゃないかと思うくらいに座席の数が次々と人で埋まっていったような印象が強いかも。 ...続きを見る
cinema!cinema! ミーハー映...
2010/01/31 02:52
映画「ゴールデンスランバー」試写会鑑賞〜伊坂幸太郎作品の味わいが見事に表現されてる!!
 映画『ゴールデンスランバー』試写会を、小3の娘とともに大阪市にある”朝日生命ホール”で観賞しました。  本当は怖い話だけど、笑いをまぶして意図的にシリアスさを薄めていることが、この映画の大きな魅力で、伊坂幸太郎の小説を愛読する小生のストライクゾーンど真ん中!!!  ポップなエンターテインメント性と、深いメッセージ性が溶け合った、素晴らしい出来映えに興奮しました。  笑ったり、目頭が熱くなったり、伏線の妙に感心したり、大満足の2時間19分・・・。 (ストーリーには直接言及しないつもりです... ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2010/01/31 12:43
「ゴールデンスランバー」冤罪を訴えながら逃げ続けた先にみた無罪を信じる人たちの支援
「ゴールデンスランバー」は伊坂幸太郎原作の作品で地元仙台で運送業に勤める男性が突然首相暗殺犯に仕立てられ、無実を訴えながら逃げ続けるストーリーである。冤罪事件が後を絶たない中に置いて本当に彼を犯人じゃないと信じる人たちが彼を助け続け、無実を訴えていくスト... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2010/01/31 14:42
『ゴールデンスランバー』(2010)/日本
監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季、ソニン、大森南朋、柄本明、香川照之試写会場 : 東宝試写室公式サイトはこちら。<Story>首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳(堺雅人)... ...続きを見る
NiceOne!!
2010/01/31 18:36
『ゴールデンスランバー』
 伊坂幸太郎の原作はかなり話題になりましたし、面白そうだなと思っていましたが・・未読のまま鑑賞。書店に並べられた本の題名を見て、ぱっと思い浮かんだのが、ビートルズの曲。ビートルズは大好きで、中でも『Abbey Road』のメドレーはかなり好き、というか名曲を超えた神曲だと思っているので、どうやらこの映画(小説もでしょうけど)は題名になっているビートルズの歌が絡んでいるということで「これは!」と思い鑑賞を決意。 ...続きを見る
みゆみゆの徒然日記
2010/01/31 20:56
映画 ゴールデンスランバー
・ゴールデンスランバー(1月30日より公開 堺雅人,竹内結子 出演) ごく普通の青年が首相暗殺犯に仕立て上げられ、警察という国家権力からの2日間の逃亡劇を描いた、人気小説家伊坂幸太郎の原作を映画化したもの。 2時間30分とそれほど短くはないが、現実逃亡劇と大学時代のサークル仲間との思い出が交互に入れ替わり、そして逃亡を手助けする様々な人の思いやつながりそして時々コミカルなシーンもあり、ストーリーが単調にならず飽きなかった。 ただ、ストーリーの内容や結末については、事件の黒幕の存在や彼らが主人公を... ...続きを見る
充実した毎日を送るための独り言
2010/01/31 21:17
ゴールデンスランバー
【ゴールデンスランバー】 ★★★★☆ 試写会(2)ストーリー 仙台に暮らすごく平凡な30歳の独身男、青柳雅春(堺 雅人)。金田首相が凱旋パレ ...続きを見る
りらの感想日記♪
2010/01/31 22:17
『ゴールデンスランバー』 片目を開けて眠れるか?
 " きっと、つながる " というコピーのもと『フィッシュストーリー』が公開され、『サマーウォーズ』では " 「つながり」こそが、ボクらの武器... ...続きを見る
映画のブログ
2010/01/31 23:28
ゴールデンスランバー
この不条理さが現実・・!?(涙) ...続きを見る
★ Shaberiba 
2010/02/01 00:50
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー’09:日本 ...続きを見る
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2010/02/01 12:26
[映画『ゴールデンスランバー』を観た]
☆面白かった。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2010/02/01 18:17
ゴールデンスランバー
杜の都・仙台。 宅配ドライバーの青柳が、大学時代の友人・森田から「お前、オズワルドにされるぞ」という謎の言葉を投げかけられた直後、首相暗殺事件が勃発する。 身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立て上げられていく青柳。 大学時代の友人・恋人、職場の同僚、そして家族らに励まされ、ひたすら逃げる青柳だった…。 無実の男の大逃亡劇。 ...続きを見る
象のロケット
2010/02/01 21:35
映画「ゴールデンスランバー」
映画「ゴールデンスランバー」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2010/02/01 22:47
ゴールデンスランバー
強大な権力の犠牲になりそうになったお人よしの男性が、大学時代の友人たちや見ず知らずの人間の助けによって生き延びる様子を描いている。爽快な仕上げは、杜の都に吹く風のようにさわやかだ。「JFK」や「ダラスの熱い日」に負けない邦画の勢いが感じられる。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2010/02/01 23:23
ゴールデンスランバー
2008年の本屋大賞や山本周五郎賞を受賞した人気作家・伊坂幸太郎の同名 ベストセラーを『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』 に続いて中村義洋監督が映画化。 仙台を舞台にある日、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられた男が、決死の 逃避行をする様をスリリ.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2010/02/01 23:45
『ゴールデンスランバー』
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「ゴールデンスランバー」□監督 中村義洋 □原作 伊坂幸太郎(「ゴールデンスランバー」新潮社)□キャスト 堺 雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季       大森南朋、ソニン、濱田 岳 、柄本 明、香川照之、伊東四朗 ■鑑賞日 1月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 伊坂幸太郎の小説には、なにか食物連鎖のような複雑に絡み合うわでもなく、 ナチュラルにい、そしてくつかの... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/02/02 08:45
ゴールデンスランバー
立て続けに期待してた割りにつまらなかった映画を観てしまった勢いで、あんまり期待していなかった『ゴールデンスランバー』を観てきました。 ★★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2010/02/02 21:51
ゴールデンスランバー
首相公選制が実現している時代が舞台。当選後初めてのお国入りの首相を暗殺した濡れ衣を着せられた男の二日に渡る逃亡劇。原作の舞台は、仙台市。映画も、全編仙台での撮影を敢行しています。 ...続きを見る
勝手に映画評
2010/02/02 21:55
ゴールデンスランバー
「よく出来ました」止まりだけど面白い。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/02/03 10:48
【ゴールデンスランバー】
監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、香川照之、劇団ひとり ...続きを見る
日々のつぶやき
2010/02/03 12:59
ゴールデンスランバー
完成披露試写会に招かれて行ってきました。 舞台挨拶もあったのですが、 これが豪華メンバー! 中村義洋監督を始め、主演の堺雅人さん、 竹内結子さん、吉岡秀隆さん、劇団ひとりさん、 香川照之さん、濱田岳さん、渋川清彦さん、貫地谷しほりさん。 豪華!\(^0^)/ 劇 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2010/02/04 13:37
ゴールデンスランバー (堺雅人さん)
◆堺雅人さん(のつもり) 堺雅人さんは、伊坂幸太郎さんの同名小説を中村義洋監督が映画化した『ゴールデンスランバー』に青柳雅春 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 ...続きを見る
yanajunのイラスト・まんが道
2010/02/04 14:48
ゴールデンスランバー(試写会)
[ゴールデンスランバー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年7本目です。 【あらすじ】 宅配便ドライバーの青柳雅春(堺雅人)はある日、大学時代の友人・森田(吉岡秀隆)と再会。 すると、再会している場所付近で行.. ...続きを見る
必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・...
2010/02/04 15:45
「ゴールデンスランバー」(日本 2010年)
リー・ハーヴェイ・オズワルド。 ジョン・F・ケネディ暗殺の単独実行犯として名指しされている男。 そしてオズワルドにされた男の逃走劇が始まる。 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2010/02/04 17:39
舞台挨拶へ行けなかったので1000円で見てきた『ゴールデンスランバー』
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式&ldquo;そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2010/02/05 22:12
「ゴールデンスランバー」 〜懐かしいビートルズの曲が流れる青春コメディ
「アビイー・ロード」、何度聴いたことでしょう。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2010/02/06 16:55
ゴールデンスランバー
無実の男、首相暗殺犯に断定 製作年度 2009年 上映時間 139分 原作 伊坂幸太郎 脚本 中村義洋/林民夫/鈴木謙一 監督 中村義洋 音楽 斉藤和義 主題歌 斉藤和義『Golden Slumbers』 エンディングテーマ 斉藤和義『幸福な朝食 退屈な夕食』 出演 堺雅人/竹内結子/吉岡秀隆/劇団ひとり/柄本明/濱田岳/渋川清彦/ベンガル/大森南朋 永島敏行/伊東四朗/香川照之 ...続きを見る
to Heart
2010/02/07 09:07
真実は闇の中で終わらせていいのか?!『ゴールデンスランバー』
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。首相暗殺事件の犯人にでっち上げられた男性の逃走劇を描いた物語です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2010/02/07 09:15
ゴールデンスランバー
かなり大きく宣伝してるけど、実はそれほど大きな期待はしてなくて。 でも、なんとなくストーリーが面白そうで、「ゴールデンスランバー 」を鑑賞。 ...続きを見る
いい加減社長の日記
2010/02/07 18:43
「ゴールデンスランバー」:新橋駅前バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}お。こんなところで牛タンとは珍しい。 {/hiyo_en2/}牛タンといえば、仙台よね。この店も仙台にあるお店らしいわよ。 {/kaeru_en4/}杜の都でモリモリと、牛タン食ったか、永島敏行。 {/hiyo_en2/}なに、それ? {/kaeru_en4/}いや、仙台を舞台にした映画「ゴールデンスランバー」を観たら、永島敏行のモリモリした体がいちばん印象的だったからさ。 {/hiyo_en2/}「ゴールデンスランバー」は、堺雅人が主演の映画よ。仙台で起きた首相暗殺... ...続きを見る
【映画がはねたら、都バスに乗って】
2010/02/07 20:13
No.202 ゴールデンスランバー
仙台での首相パレード中に起きた爆破事件。 そこに出くわした一般市民が暗殺犯人に仕立て上げられる。 10年ぶりに再会した友人から、”オズワルド”にされるぞ… (ジョン・F・ケネディ暗殺事件で犯人にされた人物) と告げられ、爆破が起こり訳も分からず警官から逃げる ...続きを見る
気ままな映画生活
2010/02/07 21:39
ゴールデンスランバー
一番描きたかったテーマは、一体何だったのか・・・ ...続きを見る
迷宮映画館
2010/02/08 11:31
「ゴールデンスランバー」とりあえず逃げろ!
「ゴールデンスランバー」★★★★ 堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之主演 中村義洋 監督、139分 、 2010年1月30日公開、2009年、東宝 (原題:ゴールデンスランバー) ...続きを見る
soramove
2010/02/10 07:36
ゴールデンスランバー
監督:中村義洋  原作:伊坂幸太郎  脚本:中村義洋/林民夫  撮影:小松高志  編集:阿部亙英 出演:堺雅人/竹内結子/吉岡秀隆/劇団ひとり 公開年:2010年  製作国:日本  上映時間:139分 ...続きを見る
〜映画盛り沢山〜
2010/02/10 15:09
「ゴールデンスランバー」
                             「ゴールデンスランバー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・中村義洋 原作・伊坂幸太郎 ...続きを見る
ひきばっちの映画でどうだ!!
2010/02/11 00:12
ゴールデンスランバー
仙台。 宅配ドライバーの青柳は、金田首相が凱旋パレードを行う日に、大学時代の同級生・森田(吉岡秀隆)に呼び出された。 パレード中に爆発... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2010/02/11 15:48
「ゴールデンスランバー」 イメージに踊らされるな
伊坂幸太郎さん原作の映画化は三度目となる中村義洋監督作品。 「アヒルと鴨のコイン ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2010/02/11 21:14
ゴールデンスランバー
JRの横浜駅で、auとコラボした堺さんのビックリ顔の本作ポスターを見かけました。 本作は今週末(1月30日)ロードショー公開なんですね。 そんな中、知人に誘われプロデューサー遠藤氏の会見付きの試写会に行ってきました。                           プロデューサーの遠藤氏 ...続きを見る
映画の話でコーヒーブレイク
2010/02/12 01:38
ゴールデンスランバー  レビュー
ゴールデンスランバー観てきました。 ...続きを見る
やっちんがゆく!!
2010/02/14 06:22
【映画】ゴールデンスランバー
▼動機 小説買うより安いから ▼感想 中村義洋監督による贖罪? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2010/02/16 00:54
ゴールデンスランバー
 『ゴールデンスランバー』を吉祥寺で見てきました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2010/02/21 17:54
ゴールデンスランバー 原作の世界で忠実に作り込むとやはりいいのだ!
【 {/m_0167/}=11 -4-】 上映時間が17時20分からとちょっと平日には行きにくい時間のこの映画、今日は仕事だったので、だから海は無し、そのおかげで封切りしてかなり時間が経ってからながらようやく今日観に行けた。 以前に友人が貸してくれたので読んだ原作、むちゃくちゃはまってしまった伊坂幸太郎。 あのときの記事では「この作品は映画化はよした方がいいのかな?」と書いてしまったので(この記事→2008/10/3)、今回の映画化作品を観に行くのはドキドキもんだ(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2010/02/21 23:59
「ゴールデスランバー」生きていてなんぼ
《逃げろ、逃げろ、生きていてなんぼ、だ》話の筋は単純だ。(何らかの巨大な陰謀で)首相暗殺の嫌疑が掛けられた主人公が、仲間の助けを借りながら、ひたすら逃げる話である。監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり... ...続きを見る
再出発日記
2010/02/25 10:41
ゴールデンスランバー
首相暗殺犯に仕立て上げられた主人公が仙台の中をひたすら逃げ回る! 彼は何もしていないから逃げているわけですが・・・ ...続きを見る
単館系
2010/04/04 01:56
ゴールデンスランバー
作品情報 タイトル:ゴールデンスランバー 制作:2009年・日本 監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季 あらすじ:凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられていく。絶体絶命の中、青柳は大学時代の仲間たちに助けられ... ...続きを見る
★★むらの映画鑑賞メモ★★
2010/08/10 00:50
「ゴールデンスランバー」
お勧め度:★★★★☆ ...続きを見る
ドゥル的映画鑑賞ダイアリー
2010/08/12 00:27
ゴールデンスランバー(映画/DVD)
[ゴールデンスランバー] ブログ村キーワードゴールデンスランバー(GOLDEN SLUMBER)キャッチコピー:無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲製作国:日本製作.... ...続きを見る
映画を感じて考える〜大作、カルトムービー...
2010/08/21 23:21
映画「ゴールデンスランバー」感想
映画化された時に原作読みたいなと思いつつ、文庫化されるのを待っていて、文庫化されたのを読んでからDVDで映画を観ました。監督:中村義洋 出演:堺雅人(青柳雅春)、竹内結子(樋口晴子)、吉岡秀隆(森田森吾)、劇団ひとり(小野一夫)、香川照之(佐々木一太郎) 2010年日本 配給:東宝 あらすじ:凱旋(がいせん)パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えの... ...続きを見る
快投乱打な雑記帳
2011/01/28 16:21
DVD『ゴールデンスランバー』
&amp;nbsp;凱旋(がいせん)パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられていく。絶体絶命の中、青柳は大学時代の仲間たちに助けられながら逃亡を続けるが……。 (シネマトゥデイ)  (2009/日本) ...続きを見る
みかんのReading Diary♪
2011/02/02 09:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

シリアスとユーモアをミックスさせたような作品でしたね。
シリアス部分は緊迫していて、ユーモア部分はクスリと笑えるような感じでした。

伊東さん演じる父親、素敵だったと思います。
息子のことをあそこまで信じるのが“親”なんでしょうね。
BROOK
URL
2010/01/30 19:40
BROOKさん、こんばんは♪
そうですね!私は記事に盛り込み損ねましたが、ちらりちらりと見え隠れするユーモアのさじ加減も絶妙でした。映画の楽しさ要素あれこれをうまくミックスして持ち合わせているような作品になっていたと思います。

あの手の役を演じる伊東四朗、私大好きなんです〜!仏頂面で口下手で、でもがつんとかっこいいことを言っちゃうのね。よかった〜。
SOAR
2010/01/30 20:17
>「信じてるんじゃない、知ってるんだ!」
これはいいセリフでしたよね。
だからこそラストでの「痴漢は〜」の書初めには泣かされましたよ。
そして「ダンナさん、キャバ嬢と浮気してましたよ」という告げ口にも。
にゃむばなな
URL
2010/01/30 21:24
>原作でもそっけないのに熱く心強い言葉たちがこうして飛び交っているのだろうか
その通り!流石SOARさん、鋭いです。本当に、重要でいつまでも心に残る台詞ほど、拍子抜けするくらいにそっけなく伝えられる。それが伊坂作品の魅力の1つです。

それから。もし、伊坂を読まれるなら、確かにこの作品は本当に面白いからおススメなのですけど、
できるなら、なるべく多くの既刊作品を、刊行順に何冊か読まれてからのほうが、この作品だけを読むよりももっといいのじゃないかと…
というのも、この小説の刊行時、「現時点での集大成」と帯に謳われた通り、過去の作品の流れや傾向が凝縮されたように感じたからです。
特にこの作品に繋がる感じが強く、映画化されていない『グラスホッパー』『砂漠』『魔王』などがいいかもしれません。

ツッコミどころもあるにはあるけれど、(車はわたしでもそう思います)
本当に面白い映画になったことがとても嬉しかったです。
悠雅
URL
2010/01/30 22:37
にゃむばななさん、こんにちは♪
この場面で書初めの話もするんですよね、伊東四朗。「痴漢は〜」は言ってみれば親子の信頼の証のような一言でもあり、それをラストへ持ってくる。そして浮気の告げ口もちゃんと伏線が張ってあったわけで、いやはやもうこの巧みな展開に参りましたって感じです。
SOAR
2010/01/31 17:17
悠雅さん、こんにちは♪
なるほど〜、そっけない言葉が伊坂作品のポイントなんですね。推薦作品もいろいろ教えていただきありがとうございます。順々に読んでみますね。

ツッコミはもちろん私の記事上のネタであって、作品を否定するつもりは全然ありません。
ここで彼女が考えたのは、バッテリーを換える→電気系統が復活する→セルが回ってエンジンが掛かる、という流れなんですよね。
彼女のこの発想の根拠は学生時代の“ホテル代わり”のくだりでちゃんと描かれているので、話の展開としてはこれが正解だと思います。私が挙げたような整備作業をしてたら話がおかしくなっちゃいますもんね。
SOAR
2010/01/31 17:19
こんばんは!
伏線を張っておいて、後で繋がる・・・というのがかなりハマリました〜。
「痴漢〜」が一番心に残る言葉になるとは思いませんでしたが、痴漢〜だけでなく、いろいろなところに散りばめられた言葉がよかったです。
私も原作はずっと気になっていたのですが、読んでいなかったので、読んでみようと思います。
みゆみゆ
URL
2010/01/31 21:03
みゆみゆさん、こんばんは♪
伏線の張り方と回収の仕方が実に気持ちいい作品でした。笑いを取った言葉が次に出てくるときはしっかり泣かせてくれるような面白さがありましたね。
私も原作読んでみたくなりました。とりあえず文庫化してくれ〜(笑)
SOAR
2010/02/01 01:03
こういう話題作は、どっちにしろ読むんで、さっさと読んでしまいました。
あの女の子にはごめん!ですが、図書館と言う強い味方がいるんで。
伊坂作品は全部、図書館だわ。

さて、映画。長い本の、描くのに大変な部分はざっくり切って、逃走劇と、友情物語に絞ったのはよかったと思うのですが、SOARさんが感じたように、それにしちゃ、途中の中だるみが全体のテンポをスムーズにしてなかったような気がしましたね。
絶対に、細かいディティールを大事にする人なんで、あの車はちょっと??と感じましたわ。
ま、中村監督には、ぜひオリジナルで一本撮ってもらって、それで彼の評価をしたいと考えてます。
sakurai
URL
2010/02/08 11:44
sakuraiさん、こんばんは♪
何がなんだかわからないままに主人公がとりあえず逃げ出す話ですから、もっとテンポよく進んだほうがおもしろいのにって思ったんですよね。
例えるなら踏み続けてたアクセルを時々緩めちゃうような感覚がありました。ただしそういうパートにも無駄な描写は一切ないので、これは中村監督の“味”なんでしょうかね。
あの車が絡むエピソードはどれもすごくいいので水を差したくはないんですが、思い出のおんぼろカーが走り出すというファンタジーになっちゃったよなあ(笑)
SOAR
2010/02/09 19:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ゴールデンスランバー』・・・「信じてるんじゃない、知ってるんだ!」 SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる