SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『告白』・・・“なーんてね”

<<   作成日時 : 2010/06/05 16:28   >>

トラックバック 70 / コメント 16

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえの原作を、今年4月の文庫化と同時に手にし数時間で読了した。・・・最悪の読後感だった。何の救いもなく、歪みきった登場人物の誰一人として共感できる者もなく・・・。

でも、同時にものすごく面白いとも思った。読み始めたら止まらないのだ。ただし、「面白かったよ」と人に薦めるときに、“面白い”の定義について補足説明が必要になってしまうのだが。

というわけで原作を事前に読み終えた上で、本日公開の映画版をさっそく観てきた。

・・・これは傑作だ!

何よりもまずはその映像である。中島監督の映像表現はさすがの一言。
登場人物が一方的に語りかけてくる・・・告白するという主観的スタイルが原作の特徴だが、これは読み物としては面白くても映像作品には本来不向きであろう。
教壇に立つ女教師の独白、その教師に宛てたメールをパソコンに打ち続ける女子生徒、女子生徒と幼なじみの男子生徒のつぶやき、その生徒の母親がしたためていた日記、同じくその生徒を利用した天才少年のウェブサイトでの遺書であり挑戦状でもある犯行声明。そして最後はその少年と女教師との携帯電話でのやりとり。

これらをそのまま映像にしたところで何の面白みもない。かといって彼らのこうした“告白”からみえてくるプロットだけを拾い繋いで第三者視点で再構築したような安易なドラマ化では、それこそ火サスのレベルになってしまう。(そもそもこれやっちゃったら「告白」というタイトルではなくなるわな)
それを監督は巧みに映像化してくれた。原作ではそれぞれの告白が章ごとに独立して書かれているのに対し、監督はストーリーを追ううえで最適な順序に細かく並べ直した。またそれらの告白が現実なのか空想なのか・・・あるいは嘘なのか、随所に曖昧な味付けをしてみせた。そしてそれがあえて彩度を落とした映像や、いかにも中島チックな映像に振り分けられていて、キャストそれぞれが淡々と語っていくだけの悪く言えば飽きやすい内容を視覚的にも見事に膨らませていたと思う。
もともと中島監督の作り出す映像は単にポップでカラフルなだけではない。例えば本作での水たまりを駆け抜ける女子生徒たちのスローモーションなど、まさに中島ワールドである。

登場人物の告白が真実とは限らない。監督はそこにも注目したそうだ。なるほどである。
考えてみれば、「実はね」とか、「ここだけの話だけど」といった前置きで始まる話ほど胡散臭いものはないのが世の常である。松たか子演じる女教師、森口悠子先生の娘を殺されたことへの復讐劇。犯人である二人の生徒を彼女がじわじわと追い詰めていく異常性が見所でもある本作だが、彼女が真相を知りえたのは他ならぬ犯人の“告白”があったからだ。特に少年Aの言動は、その性質はともかく実に理路整然と辻褄が合っている。「こういう子はどこかで巧みに嘘を織り交ぜているに違いない」といったことを監督自身が語っているが、ラストでそのあたりがしっかり描かれていた。「どの面下げてそんな嘘を・・・」という原作にはない悠子のセリフが、天才の仮面が急速に剥がれていく少年Aに決定的な打撃を与える。このセリフは効果的だった。

利用されたほうの生徒・・・少年Bのつぶやきにも、嘘かほんとか彼にしかわからない重大な告白が登場する。悠子の娘愛美の死因についての決定的な証言となり得る一言である。もっとも理科教師の悠子は彼らが愛美に与えたショックが心停止に至るほどのものではなかったことを確信しているので・・・・・えーと、これあんまり書かないほうがいいかな。ネタバレ回避(笑)

劇中では三組の母子愛が描かれる。
中心となるのは娘愛美を殺された母悠子の執念とも言える愛情。ある事情で父親に抱かれることを知らぬまま逝った娘の不憫さに泣き崩れる母の愛が、やがて静かな憎悪に変わっていく。

少年Bの母親は事件後もBをかばい続ける過保護振りが痛々しくさえある。息子のある言葉で真実を知ってしまい早まった行動に出るが・・・。彼女のゆがんだ愛情とその結末はなんとも哀れであった。

少年Aの母親が電子工学の研究者だったことが、Aにとっては悲劇の始まりだったのかもしれない。教育熱心な母に“捨てられた”あともずっと愛を求め続けたAは、自らの手で取り返しの付かない事態を招いてしまう。

純粋な愛とそのかすかな異常性・・・。けっきょく誰も救わないし救われない。


ラストシーンは少しだけ原作と違っている。少年Aに悠子がどこから電話をかけているのかが異なるのである。これも巧いと思った。復讐劇の仕上げとして彼女が姿をあらわすくだり、少年Aが完全に打ちのめされることになる爆弾の話がハッタリのようにも見えてくるのだ。
原作のラストではどうだったか今読み返してみたが、作者の湊かなえも読者に委ねているふうに取れなくもない。ただ、爆発があったかなかったかの曖昧感は映画のほうが強かったな。とにかく、爆発の有無よりもAがケータイの発信ボタンを押したこと、これがすべてなのだ。

この作品を予告編で知った関係上、原作を読むにあたって私の頭の中では森口悠子のイメージは既に松たか子に重なっていたが、いざ本編を観終わって思うにこのキャスティングはやはりドンピシャであった。凛とした知的な教師像は松にぴったりだし、一方で憂いや狂気のようなものを内に秘める翳りのような部分もよかった。
とあるテレビ番組の中で松の抜てきについて語る監督が、「だってセリフめちゃくちゃ多いから土屋アンナじゃ絶対無理でしょ」と言ってたのには思わず吹き出してしまったものだが、土屋ももちろん中島作品には欠かせない女優である。彼女同様今後の中島作品に松たか子が再登場することをぜひ期待したい。

悠子の復讐劇を正義として描いたり、少年Aの理解者になりかけていた女子生徒を悲劇のヒロイン的に描いたり、あるいはウェルテルこと寺田先生がバカなKY教師でなく真の熱血教師だったりしていたら、この作品は極平凡な一編にしかならなかっただろう。そんな安っぽい浪花節じゃないおかげで、かくも印象的な作品になったのだ。
強烈な後味の悪さと抜群の面白さ、こんな観後感を同時に得られる作品など、そうお目にかかれるものではない。

ちなみにスクリーン暗転後の悠子の一言、これ原作にはない。でこれがまたいろんな意味でお見事としか言いようがないのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・な〜んてね!


※記事中最後の「な〜んてね!」はあくまでネタであり、本文内容を否定するものではありません。SOAR
goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(70件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
告白
命を知るための課外授業。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/06/05 16:38
劇場鑑賞「告白」
告白「告白」を鑑賞してきました2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテイ... ...続きを見る
日々“是”精進!
2010/06/05 16:51
??
? ? ???????????? ?? ??&?????? ? ???????????????? ???2010?06?05????? ...続きを見る
???????
2010/06/05 17:29
映画「告白」@ニッショーホール
 客入りはほぼ満席、女性客が多い。    映画の話 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わ... ...続きを見る
masalaの辛口映画館
2010/06/05 17:37
告白
ある中学校、1年B組の終業式後のホームルームで、担任の森口悠子が語り出す。 「私の娘が死にました。 警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです。」 少年法で守られた犯人AとBのことを、決してこのままにはしないと宣言する森口。 物語は【告白】から始まる…。 ミステリー。 ...続きを見る
象のロケット
2010/06/05 20:09
告白
2010/06/05公開 日本 R15+ 106分監督:中島哲也出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃告白が、あなたの命につきささる。ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事.... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2010/06/05 23:09
「告白」:白河バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}この建物は? {/kaeru_en4/}学校経営支援センター。 {/hiyo_en2/}最近は学校でもいろいろなことが起こるから、こういう施設の重要性も高まっているのかしらね。 {/kaeru_en4/}「告白」みたいな事件も起こっているのかな。 {/hiyo_en2/}もちろん中島哲也監督の「告白」は湊かなえ原作のフィクションだけど、映画は「告白」みたいな事件が起こっても不思議はない最近の学校の空気感をよく捉えていた。 {/kaeru_en4/}何しろ、教室の子どもた... ...続きを見る
【映画がはねたら、都バスに乗って】
2010/06/05 23:13
「告白」
自分の3歳になる娘を担任する中学生に殺されたシングルマザーである教師の命の授業は、あまりにも冷酷に計算された復讐だった。緊張感溢れる映像から感じる興奮を日本映画では久しぶりに味わった。世界配給も可能な出来栄えだ。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2010/06/06 00:23
告白
2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃が出演している。監督は『パコと魔法の絵本』の中島哲也。独特の映像表現にも注目だ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/06/06 04:06
告白
<<ストーリー>>とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。&... ...続きを見る
ゴリラも寄り道
2010/06/06 04:24
告白
試写会にて鑑賞。見せる力は圧巻。 ...続きを見る
迷宮映画館
2010/06/06 07:46
映画『告白』(お薦め度★★★★)
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ ...続きを見る
erabu
2010/06/06 08:51
告白 13歳ってこえ〜っノォオオオオオ!! な〜んてねっ。
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文庫) 湊 かなえ作」だった。 予告編を見たときには犯人捜しの推理サスペンスだと思っていたけど、なんかのテレビ番組で、「犯人Bの母親役の木村佳乃・・・」みたいなこと言っていて「え!犯人を言ってしまっていいの!」って驚いたし、そしてそ... ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2010/06/06 10:01
「告白」娘を殺され復讐した先にみた少年法に守られた犯人の簡単に軽く考えた許されない難しく重い凶悪事件
6月5日公開の映画「告白」R15+指定を観賞した。 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2010/06/06 10:31
告白
『嫌われ松子の一生』では重い原作からキラキラポップな大泣き映画を生み出した中島哲也監督。 今度も問題作をどう料理するのか、『告白』を観てきました。 あ、原作は未読です。 ★★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2010/06/06 13:02
告白
製作年度 2010年 上映時間 106分 映倫 R15+ 原作 湊かなえ 脚本 中島哲也 監督 中島哲也 出演 松たか子//岡田将生/木村佳乃 ...続きを見る
to Heart
2010/06/06 20:29
告白
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2010/06/07 09:29
映画「告白」(ネタバレ注意)
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に... ...続きを見る
MAGI☆の日記
2010/06/07 13:52
『告白』
蝕む、潜伏期間、発症。HIVウィルス、イジメ、復讐。「な〜んてね」という一言に救いを見出すか、それとも悪魔を見出すか。 ここまで鳥肌が立つほど恐ろしく、そして人間心理の闇に目を背けない映画は初めてです。やはり中島哲也監督の「ぜんざいに塩を入れる」ような演.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2010/06/07 17:34
愛情から生まれた欲望の数々。『告白』
教え子に幼い一人娘を殺された中学校教師の告白から様々な人間模様を描いた作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2010/06/07 19:25
『告白』 はじけたのは何か?
 「私には判っている。」 ...続きを見る
映画のブログ
2010/06/08 00:15
映画「告白」
映画「告白」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2010/06/08 00:29
告白
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな&... ...続きを見る
単館系
2010/06/08 22:21
告白
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監督.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2010/06/09 00:42
『告白』
“13歳”という人格。 それに対する責任のありかを問いかけて。 命の重さは、果たして同じく等しいのだろうか。 ...続きを見る
シネマな時間に考察を。
2010/06/09 12:01
これが私の復讐です〜『告白』
 ある中学校。終業式当日の教室で、1年B組の担任教師・森口悠子(松たか子) が告白を始める。 ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/06/09 20:17
告白
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです―」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく―     監督 : ... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2010/06/09 20:48
映画「告白 」原作を超えた、恐るべき作品、傑作誕生!
「告白 」★★★★☆オススメ 松たか子、岡田将生、木村佳乃出演 中島哲也監督、106分 、2010年6月5日公開、2010,日本,東宝 (原題:告白 ) ...続きを見る
soramove
2010/06/10 07:50
告白 (松たか子さん)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 ...続きを見る
yanajun
2010/06/11 01:42
告白
2009年の本屋大賞受賞作である,湊かなえ氏の原作は一応買ってあるが,未読の方が衝撃が大きいかと期待して読まずに劇場へ。冒頭の教室シーン,まるで学級崩壊のような状態の子供たちに向かって,終始声を荒げるわけでもなく,淡々と話す女教師,森口(松たか子)の態度に,多少の苛立ちの混じった違和感(もっと叱れば ...続きを見る
虎猫の気まぐれシネマ日記
2010/06/11 20:47
告白
な〜んてね ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2010/06/11 23:01
【告白】
★★★★……★は5個で満点。☆は半分。ネタバレ有りなのでご注意。 【物語】とある中学校。終業式後のホームルームで、1年B組の担任・森口悠子(松たか子)は、37人の生徒を前に語... ...続きを見る
MINT ROOM 
2010/06/12 13:38
告白
『告白』 ...続きを見る
こわいものみたさ
2010/06/13 13:07
告白
「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので、原作を読もうと思っている間に、映画化されてしまいました(苦笑)。思ったときに読まないとダメですね。 ...続きを見る
勝手に映画評
2010/06/13 15:37
告白
命の重さを考える公式サイト http://kokuhaku-shimasu.jp2009年本屋大賞を受賞した同名小説(湊かなえ著)の映画化監督: 中島哲也 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」ある中学校の ...続きを見る
風に吹かれて
2010/06/14 14:20
映画「告白」
話題の映画「告白」を観てきました。 ...続きを見る
Thanksgiving Day
2010/06/15 00:41
■映画『告白』
久しぶりに、映画を観て息詰まるような感覚を覚えました。 中島哲也監督の最新作である映画『告白』は、今までとは打って変わった演出手法で、観る者に衝撃を与えます。 主演の松たか子の演技も、凄まじいの一言。 2010年度のキネマ旬報ベスト10、主演女優賞は彼女が受賞するの ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2010/06/15 04:41
「告白」感想
 作家・湊かなえのデビュー作にして、2009年第6回本屋大賞に選ばれた傑作ミステリー小説を映画化。 自分の生徒に一人娘を殺された中学教師の復讐劇を、様々な視点から淡々と... ...続きを見る
狂人ブログ 〜旅立ち〜
2010/06/16 20:35
最近見た映画の感想
様々な映画を見たのですが、個別で感想を書く気力がないのでまとめて感想書きます久しぶりにたくさん映画を見ましたよ告白今話題になっている映画です。私も予告の時点で興味惹かれ... ...続きを見る
にき☆ろぐ
2010/06/17 00:17
AKB48には全く興味ないんだけど、初日舞台挨拶に行けなかったので、どうせだから第2回選抜総選挙で1...
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式&ldquo;そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2010/06/18 00:39
『告白』(2010)/日本
監督・脚本:中島哲也原作:湊かなえ出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃公式サイトはこちら。<Story>女教師・森口悠子(松たか子)の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する... ...続きを見る
NiceOne!!
2010/06/18 07:15
告白
脚本ゼミのメンバーで観る映画を観る会の今回の作品です。 原作は、2009年の本屋大賞を受賞した湊かなえの同名小説。 メンバーは全員原作を読んでいたので 皆で楽しみにしてました。(^^) 特に私は、 「嫌われ松子の一生 」や「パコと魔法の絵本 」の中島哲也氏が監督 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2010/06/18 11:02
『告白』・・・ ※ネタバレ有
2010年:日本映画、中島哲也監督&脚本、湊かなえ原作、松たか子、岡田将生、木村佳乃共演。 ...続きを見る
〜青いそよ風が吹く街角〜
2010/06/19 21:22
「告白」 人間の本質は自己中心性
ほんとすごい作品だと思う。 本作に登場する登場人物は子供から大人までほとんどが自 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2010/06/19 22:34
★「告白」
今週の平日休みの2本目。 松たか子はなーー、声のトーンがイマイチ、ひらりんに合わず、 ヴィヨンの妻もHEROの検事の助手も良かったけど・・・。 今回は原作の評判が良かったのと、 予告編見てたら、ドッカーーンと爆発するシーンがあったので、 こりゃまた、中島哲也監督っぽい作品にでもなってるのかと期待してしまいました。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/06/20 02:25
『告白』
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> このわずか数秒のラストシーンの、主人公森口悠子の表情に、松たか子の女優としての執念を観た。 それはあたかも松たか子に森口悠子の怨念がそのまま乗り移ったかのようだった。 そして、その一瞬の表情の中に、森口悠子の心情全てがまさに全身全霊を... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/06/20 08:03
告白
とある中学校の1年B組。 終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。 「わたしの娘が死にました。警察は事故... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2010/06/21 15:45
「告白」えげつない…。
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。 ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2010/06/21 22:47
「告白」は一つだけではなかった
最後まで引き込まれ、あっと言う間の106分。エンドロール中は放心状態でした。これが『告白』なのかぁ。。。「これが私の復讐です」想像も出来なかったラスト。強烈でしたわぁ。。。多くの方の感想が、「考えさせられる」、「言葉では伝えられない」など、衝撃を受けた感想を ...続きを見る
美容師は見た…
2010/06/23 17:43
[映画『告白』を観た]
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2010/06/24 00:26
告白
ちょっと重い感じがして、先送りにしてたんだけど。 みなさん、かなり気になってるようで、観ておこうかなと思い、「告白 」を鑑賞。 ...続きを見る
いい加減社長の日記
2010/06/24 07:17
【告白】
監督:中島哲也 出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃 ...続きを見る
日々のつぶやき
2010/06/24 09:55
告白
告白&rsquo;10:日本&nbsp;◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の.... ...続きを見る
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2010/06/24 11:35
「告白」
                                 「告白」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・湊かなえ 監督・中島哲也 ...続きを見る
ひきばっちの映画でどうだ!!
2010/07/01 08:16
映画 ■■告白■■
見る予定じゃなかったんだけど 評判があまりに良いので 見に行きました。 ...続きを見る
Playing the Piano is...
2010/07/04 23:21
【映画】告白
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2010/07/05 19:42
告白(日本)
劇場予告で気になったので「告白」を観ました。 ( → 公式サイト  ) ...続きを見る
映画でココロの筋トレ
2010/07/06 12:59
告白
先生の娘を殺したのは、誰? ...続きを見る
Peaceナ、ワタシ!
2010/07/07 21:42
『告白』  純粋たる悪意
監督 :中島哲也 脚本 :中島哲也 原作 :湊かなえ 『告白』 出演 :松たか子、岡田将生、木村佳乃 ...続きを見る
Gold☆Rush
2010/07/12 01:11
告白
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2010/07/18 05:51
『告白』@テアトルダイヤ
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的 ...続きを見る
映画な日々。読書な日々。
2010/07/18 10:25
映画「告白」は正真正銘のジャパニーズホラー
これは中学生の話ではない。正真正銘のジャパニーズホラーだ。なぜ人気なのか? なぜ衝撃的なのか? 予想外の方向から押し寄せる共感の波とは? ...続きを見る
わかりやすさとストーリー
2010/07/18 18:32
映画「告白」
告白 日本 2010 2010年6月公開 劇場鑑賞 原作を読んだときに、文庫の巻末に収録されていた監督インタビューがとても面白く、映画版も是非観てみたいと思ったので劇場鑑賞してきました。(原作の感想) 舞台はとある中学校。理科教師の森口(松たか子)は終業式の日に生徒たちに向かって衝撃の告白を行うのだが・・・ 中島監督の作風と原作小説とが頭の中でどうもうまくつながらなかったので、はたしてどのような映画になっているのかとドキドキしながらの鑑賞でしたが、これが意外や意外、見事なまでによくできた映画化で ...続きを見る
Andre's Review
2010/07/19 00:50
映画:告白
 予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2010/07/30 06:19
映画「告白」
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ...続きを見る
itchy1976の日記
2010/07/30 17:38
告白
10年/日本/106分/学園サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:中島哲也 原作:湊かなえ『告白』 脚本:中島哲也 主題歌:レディオヘッド『Last Flowers』 ...続きを見る
銀幕大帝α
2011/01/18 02:12
告白
告白 ★★★★★(★満点!) ...続きを見る
食はすべての源なり。
2011/02/20 23:15
『告白』(2010)
とある中学の終業式。今月で教師を辞めるという担任の女教師が、淡々と「告白」を始める。 私の娘が死にました。 警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです――。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2011/05/14 20:30
別館の予備(感想202作目 告白)
7月17日 告白 ...続きを見る
スポーツ瓦版
2011/07/17 10:59
娘を殺された女教師の命の授業がはじまる「告白」
...続きを見る
Addict allcinema おすす...
2011/09/08 23:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
まさに復讐エンターテインメント作品として、
確立している作品でしたね。
悠子の壮絶な復讐劇は凄まじく、スクリーンに見入るように観ていました。

いろいろと考えさせられる作品ではあるのでしょうけど、
そういうのをすっ飛ばして観るのが、この作品の鑑賞方法かもしれません。
BROOK
URL
2010/06/05 17:25
ほんとに読後感最悪なのに、なぜか見入ってしまう。
さすがの中島監督でしたね。
本はだいぶ前に読んでたので、やっぱり数時間で読み終えましたが、なので中身を結構忘れてたのがちょうどよかったです。
しっかし、土屋アンナさんの話が面白いです。
松さんって、こんなにすごい女優さんだっけ!と思わせられました。どんなキャラでも出来るのがすごいですよね。
sakurai
URL
2010/06/06 07:46
BROOKさん、こんにちは♪
子を殺された母の復讐劇。教師としての倫理観がぎりぎりの均衡を保つ狂気、いやあ凄まじかったですね。

そうですね、“問題作”として考えさせられる部分は多いと思います。とりあえずそういうのを抜き鑑賞し、それからじっくりとことん考えてみるのもいいかもしれません。
SOAR
2010/06/06 08:29
sakuraiさん、こんにちは♪
映画も原作も不快感や嫌悪感がぐるぐるしっぱなしの中、最後まで目が離せず引き込まれました。
それこそラジオドラマでも成り立ちそうな原作に映像の奇才と言われる中島監督が目を留めたことを考えると、映画としてのこの完成度は当然なのかもしれませんね。
中島監督、やってくれました。

その監督の土屋アンナ話、ファミリーとして仲がいいんでしょうねえ。
松たか子は言うことナシです!原作でイメージした森口悠子そのものでした。
SOAR
2010/06/06 08:30
>Aがケータイの発信ボタンを押したこと

そうなんです。コレが全て。もっといえば押させられたことを本人が知ってしまった。コレがもう強烈な復讐なんだと思いました。私は爆弾は爆発していないと思っているのですが、それはそれをしたらただのテロになってしまうから。当然母親を殺させたかったのだけれども止めたのが道中の悠子の涙なのかなと思っています。しかしあの鼻血。因果応報かなと思ったしそうあって欲しいとすら思ってるんですけどね。
それにしても中島監督の演出が素晴らしいです。色彩表現もスーパースローの映像も実に効果的。告白というタイトル通り、実際告白を並べた話なわけですが、あのスーパースローは一体誰の脳裏に移った映像なんでしょうか。
KLY
2010/06/06 21:27
KLYさん、こんばんは♪
ボタンを押したのは彼自身がわかっているし爆弾の威力も彼自身は知っている。だから押した事実こそが悠子の復讐のすべてなわけですよね。あとはハッタリで構わない。そう考えると爆弾は解除した状態のままなのでしょう、たぶん。
登場人物の“告白”という主観スタイルの面白さは正にここにあると思います。けっきょくみんなどこまで真実を語っているんだかわからないですからねえ。

あのスーパースローをあそこに挿入する監督のセンスには唸るしかありません。でも、あーそうか、私そこまで考えてませんでしたよ。主観の告白が並ぶ構成ですもんね。誰がイメージした光景なんでしょうね。これも考えれば考えるほど面白いです。
SOAR
2010/06/07 00:26
こんにちは★

皆さんハマってるようですね〜 こんなに絶賛されてるとは
批評詳しい人から賛否両論だよって観た人に聞いてたから
そうだろうなぁって思ったけど
本文皆さん絶賛に書き換えた方がいいくらい?(笑)

わたしはそこまでじゃなかったけど脚本面白いし、
中学生以外のキャストが良かったです。
あとは世界観にハマれるかですよね。
mig
URL
2010/06/07 09:28
まるでHIVウィルスが体を蝕んでいくように、この映画は観客の心を蝕んでいきましたよね。
本当に中島監督の演出は恐ろしいまでに凄いです。
にゃむばなな
URL
2010/06/07 17:04
migさん、こんばんは♪
私もこれはきっぱり二つに評価が分かれるだろうと踏んでましたが、日頃お付き合いのある映画ブロガーさんたちの評価、予想以上に高いですね。絶賛の私が言うのもヘンですが、ここまで支持される作品とは思ってもいませんでした。

脚本、いいですよねえこれ!
中島監督っていい原作を見出す目もあるし、それをまたいい脚本に起こすんだよなあ。
SOAR
2010/06/07 21:00
にゃむばななさん、こんばんは♪
ああ、それいい表現です。見ているうちに徐々に徐々に心が侵蝕されていくような、でそれが快感になってしまうような、そんな味わいがありましたね。

中島監督って持ち味の独創的なアイデアを、きっちり形にしてくる人ですよね。凄いわ。
SOAR
2010/06/07 21:00
こんばんは

原作はまだ未読なんですが,アマゾンの原作のレビューには,けっこう「T章以外はワンパターンで退屈」というのがあったんですよ。でも映画の方は緊張感たっぷりで一瞬も退屈する暇なんてなかったので,やっぱり監督の構成が上手かったんですね。そうそう,いろんな技術を駆使しての見事な映像も「告白の繰り返し」という原作の単調さを解決していましたね。

この監督さんの他の作品も観てみたくなりました。
なな
2010/06/11 20:46
ななさん、こんばんは♪
>T章以外はワンパターン・・・
う〜ん、私はそうは感じなかったですけどねぇ。まあ確かに悠子の告白で衝撃を受けた後は、その裏を取る形でその他の人物の告白が延々と続くのは事実ですが・・・。
いずれにしろ映画の構成はそういった退屈感を完全に払拭していたと思います。中島監督作、独特のクセがあるものの私はけっこう好きですよ。『パコと魔法の絵本』は一昨年のマイベスト3です。
ただし、本作で彼のイメージがガラッと変わりました。
SOAR
2010/06/11 23:54
SOARさん、こんにちは!

僕もこちらの作品は傑作だと思います。
原作未読で比較はできないのですが、一本の映画として人間性の本質に迫っているかと。
人間誰しも自己中心的であり、その発言がすべて事実とは限らず。
彼ら彼女が認識している世界としては真実なのですが。
そういう人間の限界をエンターテイメントの枠の中で、果敢に表現しようと試みた作品と思いました。
はらやん
URL
2010/06/20 07:02
はらやんさん、こんばんは♪
確信犯的に嘘を言っている場合と、妄想を真実として語っている場合と、このあたりの境界線が微妙かつ絶妙に表現されてましたよね。後者の場合、はらやんさんがおっしゃるように本人たちの認識としては真実ですから。
映画ではさらっと流してましたが、Bの母親の「やればできる子なんです」に対する森口の言葉が原作ではとても印象的です。母親の語る“真実”をひっくり返します。ある意味言葉遊びではありますが・・・。
読書家のはらやんさんもぜひ。
SOAR
2010/06/20 23:50
誰も救わないし、救われない。
絶望的な後味の悪さ。

本当にその通りでした。

松たか子と木村佳乃の「母の愛」は狂気的ですらあるくらいでしたが
少年Aの母親は、育児放棄...
でも、母親に捨てられても、子どもは母親の愛を求め続ける...というのが複雑な気持ちにさせられました
vic
URL
2010/07/04 23:14
vicさん、こんばんは♪
少年Aの幼さが母への思いに表れていましたよね。そこに付け込んだ森口教諭の復讐劇はほんとに恐ろしかったです。
松と木村、このキャスティングはぴったりでしたよね。相反するようでどこか共通する部分もある、そんな母親像でした。

ラストでは救いと希望があるかのように見せて・・・・。いやあ衝撃的でした。
SOAR
2010/07/05 23:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『告白』・・・“なーんてね” SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる