SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ジュリエットからの手紙』・・・二通の手紙と邦題のセンス

<<   作成日時 : 2011/05/20 23:13   >>

トラックバック 18 / コメント 2

特に凝った展開もなく、予想通りに落ち着くロードムービースタイルのロマコメ。では物足りなかったかというとそんなことはない。50年前のある手紙がきっかけで始まるふたつの恋物語が実に爽やか。

「ジュリエットの家」に「ジュリエットの秘書」。その存在を私は初めて知った。ご存知シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」。そのジュリエット宛てに世界中から届く恋の悩みを綴った手紙と、そのすべてに返事を書くというボランティアの女性たち。こういうロマンチックな話は特に女性にはたまらないだろう。

壁の隙間に残されたまま実に50年間も忘れられていた手紙を見つけたアメリカからの旅行者ソフィ(アマンダ・セイフライド)。“ジュリエットの秘書”にいわば飛び入り参加中のソフィはさっそく手紙の差出人クレアに返事を送る。

50年前の初恋の思い出を辿る老人とそんな祖母の行動に否定的な孫の青年。これにソフィが加わっての車の旅があるときはコミカルに、あるときはシリアスに、そしてまたあるときはロマンチックにと様々な雰囲気で描かれていく。
最後はダブルのハッピーエンドとなるのだが、同姓同名をしらみつぶしに訪ねた末ついに本当のロレンツォに巡り会えたクレアに対し、ソフィの恋の行方も同姓同名絡みのシチュエーションで一瞬ヒヤリ。こういうシャレの効かせ方はなかなか巧い。

ひとつ引っ掛かるとすればソフィに婚約者がいること。婚約者から心が離れ、新しい恋人に惹かれていく彼女の心の動きがイマイチ伝わってこなかった。
まあ恋愛なんて理屈じゃなくて直感だからねぇ。だから世の中、時に不条理にも思えるような振った振られたデキた別れたの痴話ネタが、あっちにもこっちにも山のようにあるわけで。


かつてクレアが“ジュリエット”に宛てた手紙と、それから50年を経てソフィが“ジュリエット(の秘書)”としてクレアに返信した手紙。本作はこの二通の手紙から始まる物語でもある。で、原題は前者を、邦題は後者をそれぞれタイトルとしているのが何気におもしろい。
ある意味トリッキーなこの仕掛け、久々に邦題のセンスの良さを感じた。


先週末にレイトショーにて。このシネコン、某大手ショッピングセンター内にあるため夜間の出入りに制約があり、久々のレイトだったせいもあって危うく遭難するところだった(笑)
施錠されてない出口を求めて共にさまよったお姉さん、おつかれさま〜。


・・・最後になりましたが、40代の若さで亡くなったゲイリー・ウィニック監督のご冥福をお祈りします。


goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(18件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ジュリエットからの手紙
イタリアはヴェローナにある「ロミオとジュリエット」のジュリエットの生家では、「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性たちの元に世界中から恋愛相談の手紙が届く。そんな中の1通から始まる50年前の恋人を探す旅の様子を描いた物語だ。主演は『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライド。共演にオスカー女優ヴァネッサ・レッドグレーヴ。監督は『シャーロットのおくりもの』のゲイリー・ウィニック。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/05/20 23:40
Letters to Juliet /ジュリエットからの手紙 アマンダ・セイフライド
「マンマ・ミーア」でブレイクした、アマンダ・セイフライド主演のロマコメ。 日本未公開、2011年5月14日に公開決定 ロンドン行きの機内にて鑑賞 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2011/05/21 01:16
ジュリエットからの手紙
評価:★★【2点】(13) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2011/05/21 07:39
「ジュリエットからの手紙」優しさいっぱいの恋物語。
[ロミオとジュリエット] ブログ村キーワード  不朽の名作「ロミオとジュリエット」から生まれた本作、「ジュリエットからの手紙」(ショウゲート)。初夏を迎えるこれからの季節にピッタリな、爽やかな感動ラブ・ストーリーですよ。 ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2011/05/21 10:12
ジュリエットからの手紙(2010)☆LETTERS TO JULIET
                                       50年分の愛を抱えて、あなたに会いに来ました。 MOVX京都にて鑑賞。  皆さん、ご存じだと思いますが、、、、。 ゲイリー・ウィニック監督が2011年2月27日、脳腫瘍のため、49... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2011/05/21 19:45
ジュリエットからの手紙
アメリカ人女性ソフィは、婚約者とイタリア・ヴェローナを訪れる。 “ジュリエットの家”を訪れた彼女は、壁一面に貼られたジュリエットへの手紙を集め、丁寧に返事を書く“ジュリエットの秘書”たちと出会う。 ソフィは壁に埋もれていた50年前の手紙を見つけ、秘書として返事を書くが、何と手紙の返事に勇気をもらったイギリス人女性クレアが、50年ぶりにイタリアへやってきた…! ラブ・ストーリー。 ...続きを見る
象のロケット
2011/05/21 20:19
ジュリエットからの手紙
2011年5月20日(金) 20:40〜 ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:0円(Club-Cポイント使用) パンフレット:700円(買っていない) 『ジュリエットからの手紙』公式サイト 良質なラブストーリーだ。ラブコメディでもあり、ロード・ムービーであり、サクセス・ストーリーでもある。 悪人が一人も出てこなく、こうなってくれと観客が思う展開を見せるのもいい。完全なる予定調和。 ま、少しばかりベルナルが可哀想だ。 色々な作品のいいとこ取りであり、イタリア観光もできるし、かなりのお得感... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2011/05/22 12:26
ジュリエットからの手紙
「ジュリエットからの手紙」監督:ゲイリー・ウィニック(『シャーロットのおくりもの』)出演:アマンダ・セイフライド(『ジェニファーズ・ボディ』『マンマ・ミーア!』)ヴァネ ... ...続きを見る
マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)
2011/05/23 13:01
ジュリエットからの手紙
ニューヨークで雑誌の調査員として働くソフィ(アマンダ・セイフライド)は、婚約者のヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)とイタリアのヴェローナに婚前旅行に出かける。 レストランの開店を控え、食... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2011/05/26 22:25
もしも、あの時・・・〜『ジュリエットからの手紙』
 LETTERS TO JULIET ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/06/03 14:28
ジュリエットからの手紙
 『ジュリエットからの手紙』を渋谷のル・シネマで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2011/06/04 06:09
映画『ジュリエットからの手紙』を観て
11-35.ジュリエットからの手紙■原題:Letters To Juliet■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:105分■鑑賞日:5月15日、ル・シネマ(渋谷)■料金:1,800円□監督:ゲイリー・ウィニック□脚本:ホセ・リヴェラ、ティム・サリヴァン□編集:ビル・パンコウ□... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2011/06/16 23:25
映画:ジュリエットからの手紙
 美しいイタリア、純粋なラブストーリーが高評価のジュリエットからの手紙を見てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2011/07/03 04:13
「ジュリエットからの手紙」 愛は決して遅すぎることはない
このところ出演作が相次ぐアマンダ・セイフライド主演のラブストーリーです。 「赤ず ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/07/03 16:08
ジュリエットからの手紙
ジュリエットからの手紙'10:米◆原題:LETTERS TO JULIET◆監督:ゲイリー・ウィニック 「シャーロットのおくりもの」◆出演:アマンダ・サイフリッド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ガエル ... ...続きを見る
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2011/10/28 13:29
ジュリエットからの手紙
50年前に書いたジュリエットへの恋の悩みを綴った手紙の返事が返ってきたら?設定が素敵ですよね。若かりし時に実らなかった恋。その恋人を探すというストーリー展開は一本道ながらも、爽やかな気持ちになれる作品でした。 長い時を経て届いた手紙に後押しされて、クレアは孫のチャーリーを連れてヴェローナへやってくる。手紙の返事を書いたソフィはその彼女の手助けをする。ソフィ役にアマンダ・セイフライドさん、その婚約者ににガエル・ガルシア・ベルナルさん。 イタリアに「ロレンツォ・バルトニーニ」さんはたくさ... ...続きを見る
いやいやえん
2011/11/14 09:25
ジュリエットからの手紙
新作DVDリリース。早速借りてきました。 ...続きを見る
A Day In The Life
2011/11/14 22:59
ジュリエットからの手紙
LETTERS TO JULIET/10年/米/105分/ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:ゲイリー・ウィニック 出演:アマンダ・セイフライド、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ ...続きを見る
銀幕大帝α
2011/11/22 00:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ゲイリー・ウィニック監督の遺作になっちゃったんですね。
フィルム・グラフィー見ると、制作に関わっていらっしゃる作品とか、結構あれこれと観ていたので、驚いています。
ご冥福をお祈りします。

ラブストーリーを観て感じるのは、自分の体質が女性っぽくないんだわ…と哀しくなっちゃうことです(苦笑)
ロマンチックより、嘘っぽいとか、面倒くさいと思っちゃう自分が嫌っ(爆)
オリーブリー
URL
2011/05/31 15:54
オリーブリーさん、こんばんは♪
まだお若いのに残念なことですよね。私は『シャーロットのおくりもの』くらいしか観てないと思いますが、今後観られたかもしれないいくつかの作品が確実に無くなってしまったわけで、映画ファンとして本当に残念です。

逆に私は女々しいんでしょうかねえ(汗)
こういう予定調和なラブストーリー観るの好きなんですよ〜。オホホ(笑)
SOAR
2011/06/04 21:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ジュリエットからの手紙』・・・二通の手紙と邦題のセンス SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる