SOARのパストラーレ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 『コンテイジョン』・・・接触感染の恐怖

<<   作成日時 : 2011/11/13 22:18   >>

トラックバック 36 / コメント 8

ウィルス感染のパンデミック映画に何を期待するかで評価や感想が二分しそうな作品であった。

発症から感染拡大に至る経緯を軸として描きながら、患者、役人、警察や軍、科学者、医療関係者といった人々それぞれのドラマを絡め、その背景に製薬会社の陰謀やら軍事機密やらを設定したうえで、ホラーやサスペンスに振るか、あるいはSFやアクション系の味付けをする・・・とまあこの手の作品の基本はこんなところだと思う。
『バイオハザード』シリーズ然り、『アウトブレイク』然り、『感染列島』然り。数年前NHKで放送されたドラマ『パンデミック・フルー』も私にはインパクトある作品だった。

ただ本作『コンテイジョン』がこうした同系作品と決定的に違うのはその独特の緊迫感である。迫り来る感染の恐怖を、あえてテンションを抑えながら淡々と描いている印象なのだ。感染モノ特有の煽り立てるような騒々しさがない。
そのあたり、観ていて物足りなさを感じもしたのだが、同時にゾクリとするようなリアルな怖さも伝わってきた。

ウィルス系バイオハザード物はこれまでにも傑作があるが、発端・パンデミック・終焉という基本構成に変わりはないはず。あとは人間ドラマとしての見応えや、科学・医学的観点でのリアルさとウソっぽさ(どちらも必要だ)のバランス次第で面白さが決まると思う。

『感染列島』の感想記事の中で私はこう書いているのだが、本作にウソっぽさは皆無。感染者や遺族におおげさなドラマを与えず、CDCやWHOの医師たちもあくまで地道な活動を続けながらウィルスに立ち向かっていく。誰かが突出して主役を張るわけでもなく、死ぬべき人はあっさり死に、嫌なヤツは地味に嫌なヤツのままで、功労者もあくまで裏方であり表舞台のヒーローとはならない。ローレンス・フィッシュバーン率いるチームは、ミラジョボやダスティン・ホフマンや檀れいのようには描かれないのである。

そんな中でワクチンを巡るトラブルから拉致されてしまうWHOの女性医師のエピソードだけは違う雰囲気を感じた。自身の解放と引き換えに渡されたワクチンが偽物であると知り表情を変え席を立つ彼女・・・。淡々と進む物語の中、ここだけが本筋とは無関係ながらいろんな意味で胸を打つシーンであった。


第2日目から始まる物語の最後に描かれるのが第1日目。
WHOが突き止めた第一感染者のベスがそもそもなぜ感染したのかが最後の最後で明かされる。大企業の重役である彼女に最初のウィルスをもたらしたのは・・・。いやはやこのオチのなんとも皮肉なこと。

ドアノブ、つり革、握手・・・。
当たり前の日常生活に潜む接触感染の恐怖。マメに手を洗うくらいではもはや防げそうにない。そんな気がしてきた。


goo 映画
goo 映画

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(36件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コンテイジョン
ミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は、香港の出張から帰国するや体調不良を訴え、死亡してしまう。 香港、ロンドン、東京でも同じような症状で亡くなる人が続出し、世界保... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2011/11/13 22:28
コンテイジョン
スティーヴン・ソダーバーグ監督が、アカデミー賞獲得俳優を多く起用して作った世界規模のパンデミックを描いたサスペンスだ。疾病予防管理センター(CDC)やWHOが本格的に乗り出してきて、リアルな防護服で医師が登場するとドキュメンタリーを見ている気分になった。恐怖は現 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2011/11/13 22:37
コンテイジョン
『インフォーマント!』のスティーヴン・ソダーバーグ監督が未知のウィルスの発生からパンデミックそしてワクチンの生産までを描いたパニックムービー。注目すべきはその豪華な出演陣だ。マリオン・コティヤールやマット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレットといった主役クラスの俳優の迫真の演技に惹き込まれる。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/11/14 01:02
コンテイジョン
感染拡大。情報流出。そして、人々は・・・ ...続きを見る
悠雅的生活
2011/11/14 01:08
劇場鑑賞「コンテイジョン」
ウイルスよりも先に“感染”したのは、恐怖・・・ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.A
2011/11/14 05:09
コンテイジョン / Contagion
ランキングクリックしてね&amp;larr;please click ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2011/11/14 08:30
コンテイジョン
思ったより緊迫感が無かったなぁ。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/11/14 10:13
コンティジョン
劇場にて鑑賞 ...続きを見る
A Day In The Life
2011/11/14 18:01
コンテイジョン / Contagion
高確率で人を死に至らしめる未知のウイルスのパンデミックを描いた映画。マット・デイモン、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、ケイト・ウィンスレット、グウィネス・パルトローなど、錚々たる俳優が出演しています。 ...続きを見る
勝手に映画評
2011/11/14 22:10
コンテイジョン
『感染列島』なんか足元にも及ばない!! ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2011/11/15 00:29
[映画『コンテイジョン』を観た(短信)]
☆う〜む、私は、その評価に悩んでいる。 ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2011/11/15 05:15
映画「コンテイジョン(デジタル上映)」 感想と採点 ※ネタバレあります
映画『コンテイジョン(デジタル上映)』(公式)を昨日TOHOシネマズデーにて劇場鑑賞。キャパ112名に20名弱とは意外に?多いかも。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2011/11/15 08:16
始まりは全て小さい…。スティーヴン・ソダーバーグ監督『コンテイジョン』
※注・内容に触れています。スティーブン・ソダーバーグ監督によるパンデミック・サスペンス(←色々な呼び方ができそうですが)『コンテイジョン』出演(豪華!)はマット・デイモン、ケイト・ウィンスレット、ロー ...続きを見る
映画雑記・COLOR of CINEMA
2011/11/15 10:49
コンテイジョン (Contagion)
監督 スティーヴン・ソダーバーグ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ/アラブ首長国連邦 106分 サスペンス 採点★★★ 震災の時、整然と列を作って水や食料を求める被災者の姿に「日本人スゲェ!」って称賛の声が上がりましたが、あの時の事を思い出してみる… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2011/11/16 15:55
感染拡大〜『コンテイジョン』
 CONTAGION ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/11/17 18:45
映画『コンテイジョン』
コウモリ・・・豚・・・コウモリ・・・豚・・・ ひょえーっ 人類滅亡とかってリアリティあるぅ〜〜 ってことは、『猿の惑星』につながりそうな・・・・ ...続きを見る
よくばりアンテナ
2011/11/18 20:54
コンテイジョン
【CONTAGION】 2011/11/12公開 アメリカ 106分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、ブライアン・クランストン、ジェニ... ...続きを見る
新・映画鑑賞★日記・・・
2011/11/20 23:02
「コンテイジョン」伝染るんです。
[コンテイジョン] ブログ村キーワード  “豪華6大スター共演!”スティーブン・ソダーバーグ監督が、未知のウイルスがもたらす恐怖を描いた本作「コンテイジョン」(ワーナー・ブラザース)。いやあ、恐いって!背筋は冷たくなるし、見終わったら無闇に咳できんようになっちゃいましたわ。 ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2011/11/21 01:22
映画「コンテイジョン」全世界感染まっしぐら!
「コンテイジョン」★★★☆ マリオン・コティヤール、マット・デイモン、 ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、 グウィネス・パルトロウ、ケイト・ウィンスレット 出演 ...続きを見る
soramove
2011/11/21 07:04
『コンテイジョン』
ウィルスの感染よりも速い恐怖の感染。そのリアルさに人間の愚かさを感じずにはいられない。 『アウトブレイク』のようなパンデミックの恐怖を描いた作品というよりは、パンデミ ... ...続きを見る
こねたみっくす
2011/11/24 14:24
『コンテイジョン』 今これを観る意義
 世界人口の約50%が感染し、25%が発症し、死亡者は2,000万人以上(5,000万人とも1億人とも)と云われている。世界人口が18〜20億人の時代に、なんと大きな数字だろう。  1918年〜19年に猛威を振るったスペ... ...続きを見る
映画のブログ
2011/11/24 23:04
接触感染という恐怖
18日のことですが、映画「コンテイジョン」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う学生の生活
2011/11/26 18:21
「コンテイジョン」 情報パンデミック
タイトルの「コンテイジョン(CONTAGION)」は「接触感染」という意味らしい ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/11/27 22:34
【コンテイジョン】を映画鑑賞!
人間が新型ウイルスにかかり生き延びた先には「猿の惑星」?それとも「感染列島」が世界に広がったのか?ついにウイルスは東京にも「首都感染」?そんなことが頭をよぎりますが・・・  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】香港出張からミネソタの自宅に帰って来たベス・エムホフが、謎の疾病で急死した。やがて彼女の幼い息子・クラークも同じ症状で死亡し。ベスの他にも、香港、ロンドン、東京などの各都市で同じ症例での死亡者が発生し、死者はどんどん増えていった。報告を受けた世界保健機関(W... ...続きを見る
じゅずじの旦那
2011/11/28 09:33
映画:コンテイジョン Contaigion 大作だが、ソダーバーグの趣味的要素も含まれるところが新し...
スティーヴン・ソダーバーグといえば、自分的には「映画マニア」の印象が強い。 長編デビュー作「セックスと嘘とビデオテープ」で史上最年少パルム・ドール。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2011/11/30 06:45
シネトーク90『コンテイジョン』●従来のウイルス・パニック映画から飛び抜けた面白さはなく・・・・
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「寒くなってきたんでこれから映画館に行くのがツライ。特にチャリンコで行く人は・・・・」 ...続きを見る
ブルーレイ&シネマ一直線
2011/12/01 13:07
映画「コンテイジョン」感想
映画「コンテイジョン」観に行ってきました。ひとりの感染者を発端に全世界へ拡大していく致死性ウィルスの恐怖と社会的混乱を描いたサスペンス大作。物語は、最初の感染者がウィル... ...続きを見る
タナウツネット雑記ブログ
2011/12/01 23:52
コンテイジョン
 『コンテイジョン』を渋谷シネパレスで見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2011/12/03 18:22
■映画『コンテイジョン』
この映画を観た後は、電車の中などで咳をしている人を見かけると思わず顔を背けてしまいそうになる映画『コンテイジョン』。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2011/12/04 07:03
「コンテイジョン」感想
 「トラフィック」「オーシャンズ」シリーズのスティーブン・ソダーバーグ監督最新作。高い死亡率を持つ謎の感染症の蔓延により、パニックに陥る人々の姿を描くディザスター&スリラームービー。 ...続きを見る
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜
2011/12/09 19:13
【恐怖】は、ウイルスより早く感染する。「コンテイジョン」
...続きを見る
Addict allcinema おすす...
2011/12/11 16:57
コンテイジョン
コンテイジョン'11:米◆原題:CONTAGION◆監督:スティーヴン・ソダーバーグ「オーシャンズ」「トラフィック」◆出演: マット・デイモン、ケイト・ウィンスレット、ローレンス・フィッシ ... ...続きを見る
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2011/12/30 00:38
映画『コンテイジョン』を観て
11-72.コンテイジョン■原題:Contagion■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ソダーバーグ□脚本:スコット・Z・バーンズ□編集:スティーヴン・ミリオン□美術:... ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2011/12/30 19:01
映画:コンティジョン
 バイオもの好きなんですよね。少しだけですが大学時代や仕事でも携わったことがあるからでしょうか。アウトブレイクがとてもおもしろかったと言うこともありますけれど。と言うわけで、久々のバイオものの映画、コンテイジョンを見てきました。。 ...続きを見る
よしなしごと
2012/01/02 21:12
コンテイジョン
CONTAGION/11年/米/106分/感染パニック・サスペンス/劇場公開 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 過去監督作:『オーシャンズ13』 ...続きを見る
銀幕大帝α
2012/02/16 13:59
コンテイジョン
パンデミックもの。なんちゅう豪華なキャスト!それを惜しげもなく女優を殺しちゃうんだからまた凄いや。 新種ウィルスの感染拡大は怖い。またも世間ではインフルエンザが流行ってますが、もっと感染症状が酷くて感染源が不明なもので、情報操作だってされてるんじゃないかって思われれば一層怖くなるよね。パニックに陥ってしまうんじゃないかって思ってしまいます。そういう意味ではリアリティがある作品だと思います。 冒頭のグウィネス・パルトロウさん、実は結構楽しんで演技されてたりして。解剖されて頭部の皮をめく... ...続きを見る
いやいやえん
2012/03/07 09:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
誰とも接触せずに生活することなどできませんものね。
万一、こんな強力なウィルスが蔓延したら、真っ先に倒れそうな気もしますが、
それより怖いのは、「情報」ですね。
真偽の程が明らかでなくても、こういう状況に直面したら自分が何を信じようとするのか・・・

このウィルスにはどうかわからないけど、
流行りの風邪やインフルエンザの対策として、とりあえず充分に手洗いすることに致しましょう。
悠雅
URL
2011/11/14 01:16
物語を淡々を描きつつも、そのなかにスリリングさもあって、
非常に緊張した2時間弱でした・・・。
登場キャラそれぞれのストーリーがあり、どれも非常に興味深く・・・。

観終わった後は、むしょうに手を洗いたくなりますね(苦笑)
実際、こんなウイルスが発生したら・・・と思うと、かなり怖くなります。
BROOK
URL
2011/11/14 05:16
こんばんは。

エンタメ性は少ないけど、その分、とってもリアルでした。
私、段々と姿勢をただして、手はどこにも触れたくないかのように膝の上でしたよ(爆)
でもねぇ〜接触感染は厳しいですわ(汗)
ケイトのセリフにもありましたけど、やっぱり何度も体のあちこち触りますモン。
この季節なのに、暫く、咳には要注意?(苦笑)
オリーブリー
URL
2011/11/15 00:17
悠雅さん、こんばんは♪
広義でのバイオハザード物の中でもこうした目に見えない細菌やウイルスを扱った作品を観た後は、何に触るのにも気になるしすぐ手を洗いたくなっちゃいますね(笑)

本作では同時に真偽の判断のつかない情報に翻弄される人々の姿も描かれましたが、これまた恐ろしいことですね。今の日本も風評被害の影響、あるいは東電や政府の発表が二転三転するなど、残念ながら何を信じたらよいのかわからない事態になってしまってます。
惑わされるなといわれても自分で確かめられないことについては流れる情報に頼るしかないわけで・・・。

さて、空気の乾燥する季節到来。映画館通いが多い我々にとって、閉ざされた空間での2時間はやはり危険なのかもしれませんね。近くの席の方が激しい咳をしていたりすると、席を移りたくなります。
私の場合鑑賞中のマスクは必須アイテムです。
SOAR
2011/11/21 00:06
BROOKさん、こんばんは♪
音楽やら映像やらでもっと煽り立てるような作品だと思っていたので実はちょっと拍子抜けでもありました。ただ、怖さの表現としては悪くなく、一味違った緊迫感は堪能できましたよね。
グウィネスの開頭シーンは違った意味で怖かった(笑)

現実世界でも近年こうした映画並の恐ろしいウイルスが登場してます。インフルだって確実に進化してるし流行型も毎年ランダムに変化するしで、絵空事ではないですね。
SOAR
2011/11/21 00:07
OPで各都市の人口をテロップで出すのも、感染源特定の難しさや感染ルートが無数に存在することを意味していて、改めてパンデミックの恐ろしさを感じましたよ。
にゃむばなな
URL
2011/11/24 14:16
オリーブリーさん、こんばんは♪
そう、こういう映画ってサスペンスやホラー味付けのエンタメ性重視系が大半なんですよね。それ抜くと医療現場での教育ビデオ風になっちゃいますからね。
ところが本作はそのあたりを実にうまくまとめ上げてたと思います。
派手さはないし変にリアルだけど教材ではない確かな恐怖がありました。

人が顔を触るのは一日に何千回でしたっけ?
口に手や指をを当てるしぐさも老若男女問わず多いですよね。どこに触った手でそれをやってるのか、さかのぼって考えるわけにもいかないし、まあ接触感染は避けられませんなあ。
SOAR
2011/11/27 21:51
にゃむばななさん、こんばんは♪
バスや鉄道、空港、レストラン、ホテルと、都市に存在する多くの施設に行き交うたくさんの人々が、立ち止まりすれ違いながら確実にウイルスを伝播していく。
パンデミックの恐怖をひしひしと感じましたね。
SOAR
2011/11/27 21:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『コンテイジョン』・・・接触感染の恐怖 SOARのパストラーレ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる