アクセスカウンタ

<<  2012年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
『HOME 愛しの座敷わらし』・・・リアリティとファンタジーの均衡
田舎の風景、古民家へ引っ越し、家族再生、そして・・・「何かいる!」 ...続きを見る

トラックバック 13 / コメント 6

2012/04/29 08:09
『ももへの手紙』・・・父の想いと父への想い
興味はあったものの劇場鑑賞は躊躇していた本作を結局初日鑑賞。その感想を一言で表すならずばり、「観てよかった!」である。 ...続きを見る

トラックバック 17 / コメント 4

2012/04/22 13:21
『Black & White/ブラック & ホワイト』 ・・・恋もアクションも派手にやってくれないと
けっしてツマラナイ作品ではないものの、結局最初から最後まで引き込まれることなく終わってしまった(汗) ...続きを見る

トラックバック 31 / コメント 6

2012/04/21 19:03
『名探偵コナン 11人目のストライカー』・・・推理パートの希薄さが致命的
さて今年のコナン。 まずサブタイトルが興味深い。これまでの「●●の■■(△△)」パターンではなくなったのだ。昨年の『沈黙の15分(クォーター)』のセンスの良さが記憶に新しいが、今年は通例と異なり“の”以下はカッコなしの片仮名ストレート。まあ考えてみたけどストライカーの漢字表現って難しいので(得点選手とか蹴球選手とか点取り職人とか?)、素直にこのタイトルとなったのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 6

2012/04/15 11:45
『バトルシップ』・・・現用駆逐艦が魅せる迫力の洋上バトル
各国海軍が参加するリムパック(環太平洋合同演習)の海域にエイリアンが出現したらどうなるか。ありそうでなかったこのアイデア。こいつは面白そうだ。なにしろリムパックには空母やイージスや潜水艦を含む数十〜百隻近い戦闘艦が集結しているのだ。 過去の軍隊VSエイリアン映画とは規模が違う迫力の戦闘シーンの予感に期待を膨らませつつ劇場へ。 ...続きを見る

トラックバック 45 / コメント 12

2012/04/14 21:58
『アーティスト』・・・サイレントに絶妙のギミックを添えて
なんと優しさに満ちた映画なのだろう。 ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以外の音声や効果音は観客それぞれが思いに沿って頭の中で独自に重ねて合わせていく・・・。 ...続きを見る

トラックバック 59 / コメント 14

2012/04/08 14:45
『劇場版 SPEC 〜天〜』・・・開けてしまったパンドラの箱
思えばテレビドラマの第1話からハマってしまった『SPEC』。戸田恵梨香と加瀬亮の新境地にグイグイ引き込まれてあっという間の全10話。結局謎だらけじゃないか〜!な終わり方だったドラマの続編がついにキタ!(喜) ...続きを見る

トラックバック 26 / コメント 12

2012/04/08 09:22
『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』・・・今回はヴェルヌとスウィフトとスチーブンソン!?
お父さんと男の子で観に行き大興奮、お母さんとお姉ちゃんの冷めた視線もなんのその・・・とまあそんな映画である。都合よく訪れる危機を都合よく回避していく3Dアドベンチャー。いちいち揚げ足を取るのも大人気ない。ここはひとつ素直な心で楽しみましょう(笑) ...続きを見る

トラックバック 10 / コメント 0

2012/04/01 17:13
『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』・・・“I Have a Dream 私には夢がある”
第84回アカデミー賞において4部門(作品・主演女優・助演女優・助演女優)にノミネートされ、ミニー役のオクタヴィア・スペンサーが見事助演女優賞を受賞した本作。60年代アメリカの人種差別問題という重いテーマを描きながらもその作風はコミカルで力強く、希望や温かさにあふれる好印象の一本。 ...続きを見る

トラックバック 32 / コメント 10

2012/04/01 12:44

<<  2012年4月のブログ記事  >> 

トップへ

SOARのパストラーレ♪ 2012年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる