『マネー・ピット』 何度観ても大爆笑なのだ

来月の引越しを前に少しずつ部屋の中のガラクタを整理しつつ荷造りなどしている。ときどき懐かしい物や、失くしたとあきらめていた物が出てきたりしてついつい手が止まってしまうことも。
先日も押入れからタイトル記入のないビデオテープが1本出てきたので内容を確認しようと再生したら、だいぶ前にダビングだかBS録画だかしたドタバタコメディ、『マネー・ピット』だった。

【多少ネタバレあり】(古い映画ですけど一応ね)
事情により急遽新居を探すことになった弁護士とその彼女が見つけた中古住宅。見かけは大邸宅だが実はとんでもない欠陥住宅だった・・・ってなストーリー。主演は若き日のトム・ハンクス。20年前にはこんなコメディに出てたんだなあ。

でこの欠陥ぶりが半端じゃない。最初はささいな欠陥が目に付き始め、トムが鼻歌まじりで修理するのだが、これがだんだんひどくなる。階段は崩壊するわ二階のバスタブが階下に落下するわ・・・。次々に起こるこのテンポのよいリズミカルな崩壊(笑)が、なんだか往年のドリフのコント並でめっちゃおもしろい。飲食しながらの鑑賞は絶対やめたほうがいい。(大変なことになっちゃいます)

けっきょくお片付けは中断、最後まで観てしまった。ドタバタばかりでもなく合い間合い間にほろりとさせる場面もあり、これはなかなかうまいことまとまったコメディだなとあらためて思った。
購入した家がどんどん壊れていく様を笑う。そう、他人の不幸はやはりおもしろいのだ。でもこの不幸のどん底にある恋人たちもラストはハッピーエンド。そんな後味のさわやかさも気持ちがいい。
とにかく難しいこと抜きに笑いたいとき、お勧めの一本です。

ところで。
来月、晴れて完成するマイホームでまさかこんな目に会うことはなかろうな・・・。メーカーさん、仲介の不動産屋さん、そして現場の工務店さん。みなさんとのコミュニケーションは意識的に取ってるし、欠陥住宅なんてことはあり得ないよね・・・・・ね?
マネー・ピット
マネー・ピット [DVD]

この記事へのコメント

2005年08月27日 20:09
わ~おもしろそうな映画。難しいこと抜きに笑えるというのがいいな。探してみよう♪来月のマイホーム完成、楽しみですね。自分が工事をするわけじゃないけど家を建てるって大仕事だと思います。その分喜びも大きいでしょうね。私は賃貸派だけどその分引越しを何度も経験しています。最後の細々したものが片付かなくて大変ですよね~。SOARさんがトムのような目に遭わないことを祈っています!?(笑)
2005年08月28日 09:21
spicaさん、いつもありがと~。
じわじわと壊れゆく家の中での恋人たちの姿はほんとかわいそうなんだけど・・・笑えます!
内装工事が進行中のマイホーム。きのう初めて2階へ上がらせてもらいましたが、階段の崩壊はなかったですよ(笑)
これまで賃貸住まいだった私も何度かの引越しを経験してきました。いよいよこれが最後の引越しとなりそうです。
2005年09月10日 10:23
マネー・ピット見ましたよ!豪快な壊れ具合とトム・ハンクスの体を張った演技に笑ったり感心したり。ドア、階段、浴室、床・・・いや~実に見事?でした(笑)。
最後の場面で二人に家の鍵を渡すときの監督?の言葉が家と恋人たちの関係を象徴しているようでよかったです。あの監督さん、味があった。おもしろかったです♪
SOAR
2005年09月10日 13:28
spicaさん、ご覧になられたようで!(⌒-⌒)
うんうん、あの映画の名シーンですよね。階段を真ん中にしての3人の位置関係が絵的にもすばらしい。そして現場監督のあの言葉。あれはそう!壊れかけた二人へのメッセージでもあるんですよ。「君たちなら大丈夫。また元通りになれるよ」って。
脇役陣の中ではきらりと光る存在です。

感想聞かせてくれてありがと~!
父ヤモリ
2005年11月13日 01:18
あなたの家は わたしたちヤモリ一家が
まもっているので 大丈夫です。
父ヤモリは私 エンジェルです
2005年11月14日 04:15
父ヤモリからのメッセージをお伝えしました。

この記事へのトラックバック