金メダルを呼ぶ男、NHK刈屋アナ

『トリノのオリンピックの女神は 荒川静香にキスをしました』

女子フィギュア・シングルのフリー。最終滑走スルツカヤ選手の得点が暫定1位の荒川選手に及ばず、荒川の金メダルが確定したときの実況アナウンサーのセリフ。いやークサイといえばクサイのだが、私は素敵な表現だと思った。そしてこんなセリフを吐けるスポーツアナは、やはりこの人しかいない。
そう、NHKの刈屋富士雄アナである。一部で話題になっているのでご存知の方も多いかと思うが、彼こそがアテネオリンピック体操男子団体の実況で

『伸身の新月面が描く放物線は 栄光への架け橋だ~!』

の名セリフを残したアナウンサーなのだ。つまり彼が実況すると金メダルがとれちゃう!?
まあ彼と金メダルの関係は偶然ではあるけど、今大会でフィギュアスケートを担当した彼の実況は適度に熱く、適度に冷静で好感が持てた。(カーリングも彼でしたね)

スポーツの実況でやたら絶叫したあげく、後半に声を枯らしてしまうアナウンサーにうんざりすることがある。あれってプロ失格ではないのかな。最後まで聞きやすい声でお願いしたいものだといつも思う。
その点刈屋アナの実況はうまい。ちゃんと感情も盛り込まれながらも終始穏やか。冒頭の今大会屈指の名セリフも実に優しい口調だった。

ちなみに彼、私の母校の先輩でもある・・・(*^_^*)

この記事へのコメント

亀子
2006年02月27日 08:36
そうでしたね。あのアテネの名台詞(いや、台詞ではないけど)が甦る一言でした~♪
嫌味なくさらりと聞ける・・・刈屋アナならではですかね。
SOAR
2006年02月28日 00:30
亀子さん、こんばんはー♪
おそらくは瞬時のアドリブではなく、前もって構想は練ってあるんでしょうけど、実況担当アナがそういう下準備をして中継に臨む姿勢は、やはり好感が持てます。

3月の世界選手権、出場資格を持っている荒川選手が実際出てくるかは微妙ですが、とりあえず実況&解説は刈屋アナと有香さんでまたお願いしたいな~。(NHKなら・・・ですけどね)
亀太郎
2006年03月05日 10:43
遅ればせながら・・・。あのトリノの実況の素晴らしさを多くの人が感じてらして日本人も未だ捨てたものでは無いなと・・・嬉しく思います。あの実況のお蔭で全国の視聴者が荒川さんを優しく見守り、心から頑張れ!と応援できたのではないでしょうか。門外漢の私でさえ、いまだに毎朝ビデオを拝見して勇気を貰っています。あそこに神様がいらっしゃるような気がして・・・。本当に素晴らしい金メダルでした。
SOAR
2006年03月05日 14:24
亀太郎さん、ようこそはじめまして。
刈屋アナは“女神が荒川選手に・・・”と表現しましたが、連日放映される彼女の演技を見ていると、自信に満ちあふれた表情といい滑らかな動作といい、むしろ彼女こそが女神であるような、そんなふうに思えてきますよね。

この記事へのトラックバック