色づく葉と枯れゆく葉・・・『それぞれの秋』

我が家の日なたと日かげでそれぞれの秋を迎えつつあるヒメシャラとギボウシ。

昨年11月に紅葉している状態で我が家にやって来たヒメシャラもちょうど1年。完全な紅葉にはもう少し時間がかかりそうだがずいぶん色づき始めた。一方のギボウシは我が家で初めての秋・冬を迎える。日の当たらない玄関周辺にタマリュウとともに存在してくれたこの貴重なグリーンは青々としていた葉が縁からだんだんと枯れ始めている。

鮮やかに染まってから散りゆくヒメシャラと、静かに枯れながら散りゆくギボウシ。散り際はなんだか明暗分かれるといった印象だが、そんな両者にはうれしい共通点もある。それはどちらも春には新しい葉がたくさん生まれるということ。
落葉樹宿根草。ともに常緑ではないけど、かわりに冬の間も枯れることなく静かにひっそりと時を待ち、やがて春の訪れとともに新たな緑を芽吹かせることのできる植物なんだよね。うん、素敵だよ、キミたちって!

さて、ふと思い出したのがアリスの『それぞれの秋』。中学の頃よく聴いたアリスのナンバーだ。歌詞のほうは非常に重い内容(中学生当時の私が理解してたとは思えないくらい・・・)で、穏やかに秋の植物たちの移ろいを眺めるような歌ではないんだけどね。まあ当時のアリスらしいといえばアリスらしいのだが・・・(^^ゞ

夢散り散り 夏は過ぎ去り それぞれの秋・・・  (ほら、重い)

ALICE THE GREATEST
ALICE THE GREATEST

この記事へのコメント

亀子
2007年11月12日 09:50
街路樹の落葉樹もこの季節、葉が落ちる前に丸裸の状態にされ枝もかなり落とされちゃうのに
また来年になると、あんなに青々と茂るんですよね~
生命力をより強く実感しちゃいます。
来年のちっちゃい芽が待ち遠しいです(って、気が早いですね)
2007年11月12日 16:55
こんばんは。すっかりご無沙汰しております。
まんしょんはネタがなくなっちゃって(笑)、新しく始めた楽器の習い事のブログばかり更新しています。
「アリス」懐かしいですねー。
私の中学の頃は、男子が文化祭とかでバンドコピーよくやってましたね。
あの時分って、たぶん歌詞の内容とかはあまり気にしてなかったような気がします(笑
うちのキンモクセイも、もうちょっと新しい葉っぱが増えてほしいわー。
SOAR
2007年11月12日 23:30
亀子さん、こんばんは♪
先月のこと、朝からちょっとした撮影に出掛けたのですが、道中あちこちで街路樹の剪定作業が行われていて、これによる渋滞のおかげで予定時間に遅刻しちゃいました(^^ゞ
草花でも樹木でも、いったん葉を落としての休眠状態(?)で冬を乗り切るタイプの植物ってほんと生命力を感じますよね。
SOAR
2007年11月12日 23:30
ちゃいむさん、こんばんは♪
えーっと、まんしょんにキンモクセイとくれば・・・manbouさんですねっ!こちらこそご無沙汰です。谷村・堀内両氏がアコギをジャカジャカかき鳴らす演奏スタイルには憧れましたよ~。(そのわりにエレキギターから入った私って・・・)
お、例のキンモクセイもとりあえずは枯れることなく頑張ってる様で何よりです♪
2007年11月13日 17:00
SOARさんちのお花は、幸せですね。一つ一つ心配りをしてもらって。私にとってアリスの曲は高校か大学の時かも。中学の時はタイガース♪ジュリ~~!!でした。世代が分かりますね(汗)。
SOAR
2007年11月13日 22:36
里の花鳥子さん、こんばんは♪
キャンディーズの解散やジョン・レノンが亡くなった時何歳(何年生)だったか。これって職場でけっこう盛り上がります。
小学生だった人、既に入社してた人。気の合う仲間内でもこんなに開きがあるんですよね。
ただ「まだ生まれてないですぅ♪」って世代がずいぶん増えたのはショックだよなあ(笑)

この記事へのトラックバック