君の名は?・・・「キキョウソウ」だったのね

庭の草取りをしていると、思わず抜くのをためらってしまう可憐な花を見つけることがある。

画像

草取りが終わった一角にポツンと残されたこの野草もそんなひとつ。枝分かれがほとんどなく高さ30センチほどにスッと立った茎には直接葉が付き、その付け根に直径10ミリ強の紫色の花が咲く。雑草と呼ぶにはあまりにきれいなので、名前を知りたくなりさっそく調査開始。

ほどなく「キキョウソウ」と判明した。言われてみればキキョウの花に似てなくもないな~と思ったら、なるほど実際にキキョウの仲間のようだ。これまで庭でお目にかかったことのない花で、残念ながらどう探しても庭に一本しか生えていないが(咲く前に雑草という認識の下に何本か抜いてしまったのかも)、この手の植物にしては花も大きいしこれ群生させたらけっこう絵になりそう。来シーズンに向けて、こぼれ種まかせではなく自分で種を採取したくなってきたゾ♪(うまく採れるのかな?)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック