『歩いても 歩いても』・・・初日舞台挨拶♪

昨日、是枝裕和監督の『歩いても 歩いても』を観てきた。初日舞台挨拶のチケットをゲットした是枝ファンの友人に誘われてのラッキーな鑑賞。最近気になる女優さんである夏川結衣をナマで見られるチャンスをくれた彼女に感謝しつつ、電車を乗り継ぎ川崎へ・・・。

【多少ネタバレあり】

夏の終わりのある日。長女ちなみ(YOU)と次男の良多(阿部寛)がそれぞれの家族とともに、父恭平(原田芳雄)、母とし子(樹木希林)の元へ帰省してくる。
15年前にある事故で亡くなった長男純平の命日に集まった横山家の人たち。どこかギクシャクとした彼らの一日が淡々と描かれる・・・。


一見何ということもないある家族の日常が平凡に描かれてるだけのようで、実は監督の緻密な計算が随所に見られる。
長男がいること。事故で亡くなっていること。これを登場人物の誰かのセリフにして、さらっと説明させてしてしまうような手法は一切使われないし、良多たちが墓参りから戻ったときに訪ねてきている汗だくの青年の正体も、観ている側には最初はよくわからない。
作品において重要なこういった部分が、あくまで間接的に進行する家族の会話を通してじわりじわりと観客に伝えられる仕掛け。是枝監督自身が脚本も書かれており、このセンスはいつもながら見事だと思う。

それぞれの役どころを完璧に理解し演じ切る俳優陣もすばらしい。なかでも私は樹木希林の演技に惹かれた。くだんの青年は長男が亡くなった事故に深くかかわる人物で、毎年命日に横山家を訪ねてくる。そんな彼に帰り際、とし子(樹木)が「来年もぜひ来てくださいね」と優しく声を掛ける。しかしその優しい声の裏には息子に先立たれた母親のある種の執念があり、そのあたりの彼女の演技にはぞくっとするような怖さすら感じた。

一番印象的だったのは良多の息子あつし(田中祥平)が、夜の庭でひとり天に向かって語るシーン。彼は良多の妻ゆかり(夏川結衣)の連れ子で、良多の実の息子ではない。冒頭で死んだウサギに手紙を書こうと言ったクラスメートのことをバカにしていたそんな彼が、夜空を見上げながら実の父に“手紙を届けようと”しているのだ。

『将来はお父さんのようなピアノの調律師になりたい。そうじゃなければおじいちゃんのような医者になりたい』

その日、元開業医である恭平と将来の夢のことを話したり、迷い込んだモンキチョウを「純平が帰ってきた」と言いながらよろよろと追いかけるとし子の姿を見たりした彼は、就寝前のひととき「死んだ人はいなくなるわけじゃないんだよ」とゆかりに優しく諭される。「あつしの半分はお父さん(死別したゆかりの前夫)なんだから」と。

クラスメートが提案した“届くはずのない手紙”のことを笑っていた彼の心境の変化。この日横山家を訪れたことにより少年は大切な何かを確実に学んだのだ。

風呂場の割れたタイル、スイカ割りの歓声、ニンジンの皮むきの音、ミョウガを刻む音、子供たちが持ち帰るサルスベリの花、良多一家を運ぶ京浜急行の電車とバス、気だるい夏の日の午後、蚊取り線香とうちわ。そしてタイトルにもつながるいしだあゆみの『ブルーライト・ヨコハマ』。

こういったささいな音や物が作り出す雰囲気も非常に心地良い。ふと故郷を思い出させるような、そんな素敵な作品である。

さて上映終了後はお楽しみの舞台挨拶!
是枝裕和監督以下、阿部寛、夏川結衣、田中祥平の4人が登壇した。

是枝監督はとにかく温かみのある話し方をされる。劇中登場するトウモロコシのかき揚げにまつわるご自身のお母さんの思い出や、原田芳雄の「『昴』は演歌じゃないよな」というセリフ誕生秘話(笑)、セット撮影時の照明角度の計算など、作品を観ただけではわからない裏話を楽しく聞かせてもらえた。「劇場を出たあとに始まる映画かなとも思います」という言葉も印象に残った。
一方さっきまでスクリーンの中で親子を演じていた阿部、夏川、田中の3人はすっかり個々の俳優さんに戻っている。またトークを通して、3人が互いに俳優として尊重しあっている様子も伝わってきた。同時に阿部、夏川両氏の笑いを誘う話し振りからは素朴な人柄も垣間見え、短い時間だったがとても貴重なひと時となった。

それにしても夏川結衣さんはとにかく綺麗!実物はテレビや映画で見るよりはるかに細いしはるかに小顔でビックリ。まさに目が覚めるような美人さんでした!
私もうメロメロですぅ♪( ´Д`)

★『歩いても 歩いても』の公式サイトはこちらから

この記事へのコメント

亀子
2008年07月01日 09:29
TBありがとうございます~
SOARさんも しっかり初日にいかれてたのですね!
全編をとおして、ドキッとするようなセリフや演技もありながら、 なんともいえないやさしさがあふれているのは、やはり監督の人柄なのでしょうか?
見終わって始まる・・・まさにそんな映画でしたね。
トウモロコシのかき揚や枝豆とミョウガの混ぜご飯、たべたいですねー(笑)

SOAR
2008年07月01日 22:25
亀子さん、こんばんは♪
是枝監督の作り出すあの空気感にはほんと脱帽です。その元になるのは会話。これがまた説明調じゃないからとても自然。脚本の書ける監督さんならではの傑作だと思いました。

お~、ミョウガとエダマメの混ぜご飯!あれはウマそ~でした。今度やってみようと思います!
2008年07月21日 13:38
TBありがとうございました。
この夏、ちょっとお墓参りに行ってみようかな?と思える、そんな素敵な映画でしたね。
私は両親と一緒にまだ住んでいるのですが、一度時間を作ってゆっくりと歩いてみたくなりましたよ。
SOAR
2008年07月21日 16:27
にゃむばななさん、「ポニョ」記事へのTBも併せ、こちらこそありがとうございます。
私は親元を離れてずいぶん経ちます。この夏の里帰り、玄関での第一声は「こんにちは」にしようか「ただいま」にしようか、検討中です(笑)
2008年08月07日 17:13
こんにちは♪
いつもお世話になっております。
見たかった本作がやっと公開になりました。
「東京タワー」を見た時みたいに、無性に親のことが思い出される作品でした。
説明台詞が無かったのも良かったです。

夏川さんは大好きな女優さん。色っぽくてお綺麗ですよね~。
SOAR
2008年08月07日 23:31
ミチさん、こんばんは♪
本作は台詞が多くそれによって話が進行するのに、台詞でキャラに展開を語らせてしまうというワケでもないんですよね。是枝監督の脚本のウマさだと思います。
夏川さんには不思議な魅力がありますよね。今後も注目したい女優さんです♪

またよろしくお願いします。
2008年09月27日 09:15
TBありがとうございました。
私、この映画とっても沁みました。
是枝監督の映画の中でも、トップに躍り出た感があります。
ほんと、さりげない会話のやりとりに秘められたもの。余計なこと言わなくてもじわじわわかってくるさまざまなこと。うまかったですね。
自分の両親とかぶって、ときどき原田芳雄が父に見えてきましたよ。
舞台挨拶、いいですねえ。阿倍ちゃんはやっぱでかいんでしょうね!!
SOAR
2008年09月27日 21:10
sakuraiさん、こんばんは♪
“沁みる”・・・ですか~。うん、わかります。たしかに沁みましたねぇ。
私の中では是枝監督=『誰も知らない』なんですが、本作も彼を語る上で欠かせない一本となりました。

阿部ちゃん、でかかったです!本人もトークの中で「自分はムダにデカイ」というようなことを言ってウケてました~。
2009年02月01日 10:33
TBそれにコメントまでいただいて、どうもありがとうございました♪

舞台挨拶のSOARさんが赤字で書いてくださってる部分。
本当にその通りだなぁ~・・って思いました。
鑑賞後みんな(?)で集まって、”あるある”話とか
懐かしい話とか、映画の人物の話とかしたくなってしまうタイプの映画でしたから。見て感じたことを
誰かと共感したかったり、一人でじっくりかみしめ直してみたりもしたかったし。

日常の会話で、こんなにも見てる人の様々な感情を
呼び起こしてくれる映画もそうないぞ、っていうものでした。
懐かしいような、切ないような、温かで毒もある
人間ってこうだよね、みたいなところが存分に出ていて
すごいわ~~~って感心感動。
良い映画を見せてもらったなって、大満足でした。
SOAR
2009年02月01日 23:29
メルさん、こんばんは♪
こちらこそいつもありがとうございます。

是枝監督のあの言葉がほんとに印象的だったんです。
劇場を出た後に、いろいろ考えたり語り合ったりできるような作品というのも狙いだったんでしょうね。
会話も素晴らしかったですね。セリフ一つ一つもうそくさくないし、テーブルを囲んで複数人が同時にしゃべっちゃったりすることがしょっちゅうなのもリアルでよかったです。
是枝さん、今度はどんな映画を作ってくれるのか楽しみです♪

この記事へのトラックバック

  • ~街のあかりがとてもきれいね♪

    Excerpt: 今日のタイトルをみて すぐに   「よこはま~」と、口ずさんでしまえたあなた! 私と同年代もしくは少し先輩でしょうか先週の土曜日に公開になった、是枝裕和監督の『歩いても 歩いても』という映画を初日に見.. Weblog: 井の中の亀 racked: 2008-06-30 18:05
  • *歩いても 歩いても*

    Excerpt: {{{   ***STORY***                2007年   日本 ある夏の終わり。横山良多は妻・ゆかりと息子・あつしを連れて実家を訪れた。開業医だった父と昔からそりの合わない良.. Weblog: Cartouche racked: 2008-07-02 23:24
  • 『歩いても 歩いても』

    Excerpt: 前作がカンヌ映画祭で最優秀男優賞を受賞して世界中から注目された是枝裕和監督の新作。『誰も知らない』は実際にあった「巣鴨子ども置き去り事件」をモチーフにしていて衝撃的でしたが、その後にダイハツのミラのC.. Weblog: 音次郎の夏炉冬扇 racked: 2008-07-06 11:16
  • 『歩いても 歩いても』 久しぶりに実家へ帰った気分

    Excerpt: 『歩いても 歩いても』を観てきました。 場所は、シネカノン有楽町1丁目。 初日舞台挨拶ということで、是枝監督、阿部寛、夏川結衣、田中祥平、YOU、樹木希林、原田芳雄、高橋和也が上映前に登壇。 な.. Weblog: ketchup 36oz. on the table racked: 2008-07-07 06:27
  • 『歩いても歩いても』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「歩いても歩いても」□監督・原作・脚本・編集 是枝裕和 □キャスト 阿部寛、樹木希林、夏川結衣、原田芳雄、YOU、高橋和也、田中祥平、寺島進 ■鑑賞日 6月29日(日)■劇.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-07-07 08:09
  • 歩いても 歩いても

    Excerpt: ゆっくり、ゆったり Weblog: 映画を観たよ racked: 2008-07-08 21:49
  • 映画:歩いても 歩いても

    Excerpt: 歩いても歩いても 【コピー】 人生は、いつもちょっとだけ間に合わない 【キャスト&スタッフ】 監督・原作・脚本・編集:是枝裕和 出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平、樹木希林、原田芳.. Weblog: ぱたぱたぱ~だでグー! racked: 2008-07-12 21:06
  • 歩いても 歩いても

    Excerpt: 新宿武蔵野館で使える無料鑑賞券の期限が気が付けば 7月10日と迫っていました(汗) 現在公開しているのは3作品 ●歩いても歩いても ●西の魔女が死んだ ●幸せになるための27のドレス .. Weblog: ぱかぱかwin! racked: 2008-07-18 10:14
  • 『歩いても歩いても』

    Excerpt: この映画は是非お盆までに見ていただきたい、できれば夏休みに入ったばかりのこの時期に是非!そう言いたくなるような、見終わった後にじわじわと心に入ってくるような映画でした。静かで地味で何も起こらない映画な.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2008-07-21 13:38
  • 「歩いても、歩いても」ありふれた坂道

    Excerpt: ありふれた家庭の、長男の命日に集まった妹夫婦と二男夫婦と父母の2日間。監督・原作・脚本・編集:是枝裕和出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平、樹木希林、原田芳雄それだけを映すことが果たして.. Weblog: 再出発日記 racked: 2008-08-01 10:18
  • 映画 【歩いても 歩いても】

    Excerpt: 映画館にて「歩いても歩いても」 是枝裕和監督の最新作は、ある家族の一日を描いたホームドラマ。 おはなし:横山良多(阿部寛)は妻(夏川結衣)とその連れ子とともに自分の実家にやってきた。この日は、15.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-08-07 17:11
  • 歩いても歩いても☆独り言

    Excerpt: 街の明かりがとても綺麗ね♪ヨコハマ~ブルーライト・ヨコハマ~♪もしかしたらタイトルはこの曲からだったの?っと思ったワンシーン『歩いても歩いても』観てきました。長男の命日に実家に集まった家族の2日間のお.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2008-08-07 23:55
  • 【2008-174】歩いても 歩いても

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? その日、家族は久しぶりに集まった──。 長男の15回目の命日 人生は、いつもちょっとだけ間にあわない Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-08-13 11:20
  • 歩いても 歩いても・・・・・。

    Excerpt:  歩いても~♪歩いても~ このタイトルは、これだったのだそう、あのいしだあゆみが歌った「ブルーライト・ヨコハマ」。懐かしい~~ 8月8日、京都シネマにて鑑賞。何が凄いって、樹木希林の演技だ漂々とし.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2008-08-15 09:54
  • 歩いても 歩いても

    Excerpt: まっちの灯りが・・・ Weblog: 迷宮映画館 racked: 2008-09-27 09:11
  • 【映画】歩いても 歩いても

    Excerpt: ▼動機 是枝裕和 ▼感想 面白かった ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 夏のある日、横山良多(阿部寛)は妻のゆかり(夏川結衣)と息子のあつし(田中祥平)とともに実家に帰.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2008-10-23 07:01
  • 『歩いても歩いても』@ギンレイホール

    Excerpt: シネカノン配給でよい作品そうなのはわかっていたけど待ち。やはり名画座へ来てくれました♪(もちろんギンレイ)「歩いても歩いても」(C)2008「歩いても 歩いても」製作委員会監督・原作・脚本・編集:是枝.. Weblog: たーくん'sシネマカフェ racked: 2008-12-03 12:49
  • 「歩いても 歩いても」

    Excerpt: ある家族のリアル。たった二日間、正味丸一日の彼らの会話と日常で、ここまで表現できるなんて! Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2009-01-31 19:49
  • 歩いても歩いても

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2008年6月28日 公開作品 2009年1月23日 DVDリリ-ス ★★★★★ 是枝裕和監督が「母に何もしてやれなかった」という後悔から作ったと知って★が一.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2009-02-17 09:06
  • mini review 08357「歩いても歩いても」★★★★★★★★☆☆

    Excerpt: 『誰も知らない』『花よりもなほ』の是枝裕和が、家族の情景を鋭くとらえ、しんみりと描いたホームドラマ。15年前に死んだ兄と比較されて育ち、実家に居心地の悪さを抱いている男を阿部寛がユーモアと悲哀を込めて.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2009-03-09 04:08
  • 家族と歩く

    Excerpt: 「歩いても 歩いても」 「たみおのしあわせ」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-03-28 10:32
  • 歩いても 歩いても

    Excerpt: 是枝裕和監督の作品が好きです。 でも前作の時代劇はいま一つだった。 今回は現代劇みたいなので ちょっと期待してます。(^^) 夏の終わり。 横山良多は妻・ゆかりと連れ子のあつしを連れて .. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2009-04-28 20:52
  • 映画「歩いても 歩いても」

    Excerpt: 監督:是枝裕和(やっぱりドキュメンタリーな方) 出演:阿部寛(滑舌が…ちょっと)夏川結衣 YOU(超適役) 出演:樹木希林(◎)原田芳雄(◎)高橋和也 寺島進   5年前に死んだ兄と.. Weblog: おそらく見聞録 racked: 2009-09-18 15:06