真夏のアスリートたち

開幕から一週間。連日の熱戦に目が離せない北京五輪。


強気な発言がトレードマークの青年が一つ目の金の後に見せた涙と二冠二連覇の底力

初出場で銅メダルの快挙を成し遂げてなお笑顔を封印した少女の金への飽くなき想い

銅を逃した射撃手に駆け寄って抱きつく幼い女の子の小さな背中に大きく書かれた「ママがんばれ」の文字

口元に寄せた二連覇の金メダルに歯を立てるのではなくそっとキスをした柔道娘の晴れやかな笑顔

ひょうひょうとした19の若者が致命的な二度の落下のあとに掴み取った起死回生の銀メダル

先に敗れ去った人気ペアを尻目に連日シャトルを追い続けた爽やかな二人組のひたむきな姿


テレビの前で思わず声を上げ手を握りしめるのはなんでだろう。
その笑顔に、涙に、いちいち込み上げてくるものがあるのはなぜだろう。
自分には縁のない競技なのに、しょせん赤の他人の選手なのに、観ていてなぜこうも熱くなれるんだろう。

さあ後半戦。がんばれ日本!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック