“おぼろ月”の十三夜

今宵は十三夜。例によって月でも撮るかとベランダへ。

・・・ありゃりゃ~。今夜の月、薄雲の向こうに霞んじゃってるなあ。ついさっき庭仕事していたときには、夕空にくっきりとした輪郭を見せて浮かんでいたのに。

しばらく様子をみるか、それとも今夜はあきらめるか。そう思いつつとりあえずいつもと同じくマニュアル露出にて、絞りは開放のままシャッタースピードを変えながら何枚か撮ってみた。

画像

    EOS 30D/EF400mmF5.6L USM/絞り開放・シャッター速度1/60秒/ISO100  (トリミング)

おー、ちょっと面白い写真になった。初秋の空にぼんやりと浮かぶおぼろ月・・・あ、ひょっとして“おぼろ月”って春限定の言い方?・・・まいっか(←かなりいいかげん)

月の輪郭や表面の様子を観察するには向かない出来映えだが、これはこれで写真的にはなかなか味があるんじゃない?(←そのくせ自画自賛)

この記事へのコメント

2008年10月12日 22:29
こんばんは。
昨日の月はとても綺麗でしたね!!

この月も雰囲気ありますね!!
(カメラのことは全然わかりませんが^^;)
SOAR
2008年10月13日 11:44
みゆみゆさん、こんにちは♪
霞んでいたのはこの時間帯だけだったようで、その後はこちらでもくっきりとした綺麗な月が輝いてました。
輝面比も96%を超え、あさってはいよいよ満月になります♪

この記事へのトラックバック