『コクリコ坂から』・・・少女よ君は旗をあげる

東京オリンピックを目前に控えた日本。舞台は横浜。純真な少女と少年の恋模様は途中ドキリとするような展開も交えつつ、それでも最後は実に清々しい希望あるエンディングへとつながってゆく。
ジブリならではのファンタジー色はほとんどないが、登場人物すべてが優しくて温かくて爽やかで、後味が絶品のアニメーションだった。

校内の部室棟取り壊しを巡るドタバタと下宿の住人たちの日常風景の中、観客が惹かれていくのは海と俊の恋の行方だ。親しさを増すふたりにとって衝撃の事実が判明するのだが、それを知った上で想いを伝える海の告白シーンはとにかくまっすぐで、胸がキュンとなってしまった。
この“衝撃の事実”には時代ゆえの裏話があり、それが少しずつ解明されていくにつれ沈んでいた二人の表情が徐々に明るくなっていく感じも実によい。

で、惜しむらくは海と俊が育んでいくこの恋模様の描き方が何かこうあっさりし過ぎていること。古きよき時代を思わせる学校でのドタバタ劇も楽しくていいのだが、どうせなら若い恋人たちにもっともっとスポットを当てた劇的なラブストーリー仕立てでもよかったように思う。

海が「メル」と呼ばれているワケ、庭に咲くポピー(ヒナゲシ)の意味、下宿人たちの素性など、少々説明が不親切な部分もあったかな。妹の“空”や弟の“陸”(この兄弟は自衛隊かっ?)の扱いにも中途半端さを感じてしまった。

そうそう、疑問がひとつ。
海の父親が朝鮮戦争で戦車揚陸艦(LST)に乗り組んでいたという設定があり、実際にLSTが攻撃を受けてるシーンも出てくるのだが、日本がこういう形で朝鮮戦争にかかわったというのは史実? ちょっと調べてみたところ海保の掃海部隊の派遣はあったようだけど・・・。
海の父親が船の事故で亡くなっているのは原作どおりなのだが、本作ではなぜわざわざ朝鮮戦争を絡めたのだろう・・・・・謎。



まあそれでもとにかく、吾朗監督が本作に注いだであろう優しさは世代を問わず多くの人に伝わるのではなかろうか。過去のジブリ傑作群と並べて語るには少々世界観の小さな物語ではある。けれど、そこからじんわりとにじんでくるホッコリとした温かさはなかなかに心地よい。
夏休みを前に大作や人気シリーズ目白押しの映画館にあってホッと一息つけるような、そんな優しさあふれる良作がここにある。



この記事へのコメント

2011年07月16日 20:35
たしかに海がなぜ“メル”と呼ばれているかの理由が語られていませんでしたね。
ネットで検索すれば答えは分かるのですが、それでもきちんと説明して欲しかったと思います。

今回のジブリ作品は子供向けというよりは大人向けでした。
ラストはほっこりした余韻が残りました。
2011年07月16日 21:59
ある方の解説だと、高度経済成長の最大要因となった朝鮮特需は、海にとって父を奪った戦争がもたらした恩恵。
彼女はそのジレンマの中で青春を過ごす。
それがあの時代に生きていることだそうですよ。
う~ん、なかなか深い!
SOAR
2011年07月19日 23:40
BROOKさん、こんばんは♪
“メル”と“コクリコ”、原作コミックを事前にパラパラっと眺めたときに目に留まっていたので頭に入ってました。まあどうしても必要な情報ではありませんが、説明があったほうがすっきりするかもしれませんね。

たしかに子供が喜ぶ作風ではないです。でも、隣の親子連れ、上のお姉ちゃん二人はけっこう真剣に見入ってたようです。彼女たちなりに惹かれるものがあったのでしょう。ママに抱っこされた末っ子ちゃんはぐずってたけど(笑)
SOAR
2011年07月19日 23:40
にゃむばななさん、こんばんは♪
朝鮮特需がもたらした高度経済成長に、父の死と豊かな生活が重なるということなんですね、彼女にとっては。
海以外の学生たちも実に活き活きと描かれていましたが、彼らの多くも同じようにそうしたジレンマを抱えながら青春していたんでしょうね。
なるほどこりゃ深い。
2011年07月21日 20:44
スタジオジブリの作品だから、と、夏休みの子供会の映画鑑賞に、この作品を選んだところが多い様子。
連れて来られた小学生たちに、あのガリ切りがどう映ったでしょう。
「若い子たちは、ガリ版を知らない」と聞いて、ものは試しに27歳の愚息に尋ねたところ、全く観たことも聞いたこともないのだとか。
で、詳細に原紙や鉄筆、ガリ版などを説明するのだけれど、
彼は「俺、気づいたら家にワープロあったし、高校生でプリンタ使ってたし…」と中途半端な感触(笑)
わたしでも、あの時代は幼児でしたから、わかるような知らないような世界でしたが、
こういう作品を観ると、お話の内容よりも自分の青春時代の記憶が蘇ることが多くて、
まともな感想が書けな(いつも、まともじゃないか…)くなってしまいます。
で、映画の途中から頭の中に聞こえてきたのが、『上を向いて歩こう』でも主題歌でもなく、
布施明が歌う、青春ドラマの主題歌だったという、
わたしにとってちょっと不思議な作品でした。
リコリン
2011年07月24日 19:18
お久しぶりです。珍しく映画についてコメントします!

今日、長女とオチビを連れて観てきました。

ジブリ作品はビデオでずいぶん観入っていたいたオチビでしたが、かなり早い段階から『眠い~』を連発。
二人の衝撃の事実が発覚した途端に『おしっこ~』。
一番大切な部分を見逃しました。
幸いにも朝一番の上映だったのであまり他のお客さんに迷惑をかけることなく退席でき、戻ってからも隅の席で鑑賞できました。(オチビは相変わらずウダウダしていましたが)

それに対し長女は、食い入るように最後まで観ていました。

『オチビにはまだわからないだろうね~。私にはわかりすぎるほどわかったけど!』と語っていました。


青春だなぁ~というありきたりなのは私の感想です。
SOAR
2011年07月27日 00:31
悠雅さん、こんばんは♪
ガリ版の絶滅(笑)はいつ頃でしたっけねえ・・・。
小学校のときの記憶は鮮明にあるのですが、中高での記憶は全くないです。ワープロやコピー機の普及で姿を消したんですね。

本作、内容は拍子抜けするほどあっさりで感情移入もイマイチできない上に明確なメッセージも特にありませんでしたね。なのに印象は悪くないのが不思議なところ・・・。
きっとアラフォー以降の人たちだけが感じ取れる懐かしさや切なさがあったのでしょう。当時好きだった歌手、好きだった歌、好きだったテレビ番組、好きだった漫画雑誌、そして好きだったあの子・・・。

>お話の内容よりも自分の青春時代の記憶が蘇る

ほんとそんな作品でした。
SOAR
2011年07月27日 00:31
リコリンさん、こんばんは♪
プライベートでパソコンに向かう時間がめっきり減ってしまいまして、園芸記事を書く余裕のない今日この頃です。

少々重い話ではありましたが最後はとりあえずのハッピーエンドでよかったですね。
ただトトロやポニョ好きのチビッコが楽しめる作品ではなかったですね~。最近のジブリは駿路線からの転換をあれこれ模索しているようにも感じますし、そんな中で生まれた新しいジブリ映画なのかもしれません。
ずいぶん手が加えられたとはいえ原作が少女コミックですから、お姉ちゃんには伝わるものがあったんでしょうね。

時代は違えど私も自分の青春時代に重ね合わせて観てしまいました。

この記事へのトラックバック

  • 映画「コクリコ坂から」@ニッショーホール

    Excerpt:  日曜日、昼間の試写会、客入りは若干空席がある9割くらい。スタジオジブリ作品と言う事で小さなお子さんから年配の方まで幅広い客層だ。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2011-07-16 19:21
  • 劇場鑑賞「コクリコ坂から」

    Excerpt: “あの時代”を生きてみたくなる作品でした 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107160004/.. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-07-16 20:28
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 1980年に「なかよし」に連載された同名漫画を『ゲド戦記』の宮崎吾朗監督が映画化。企画・脚本を父親の宮崎駿が務めている。60年代に生きる高校生の男女の青春物語だ。主人公の少女の声をを長澤まさみ、少年の.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-07-16 20:42
  • 少女よ君は旗をあげる なぜ。『コクリコ坂から』

    Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。「なかよし」に連載(1980年1~8月号)された高橋千鶴・佐山哲郎の同名コミック『コクリコ坂から』を原作に宮崎駿が企画・脚本(脚本・丹羽圭子)「ゲド戦記」に続いての第2作.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2011-07-16 21:22
  • 『コクリコ坂から』

    Excerpt: スタジオジブリが目指す新しい世界観。それが故・近藤善文監督が描いた等身大の淡い恋心。 ついに鈴木敏夫プロデューサーが宮崎駿、高畑勲に続くスタジオジブリ第3の監督に宮崎 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-07-16 22:02
  • 映画:コクリコ坂から 1枚の写真に込められた想い。映像のみずみずしさが魅力。

    Excerpt: ジブリの最新作。 1963年頃の横浜を舞台に、繰り広げられる高校生たちの青春。 この時代の風景が、ただただ美しい。 そしてみずみずしい。 これを眺めているだけで、心が満たされていく。 一方で、ノスタ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2011-07-16 23:42
  • [映画『コクリコ坂から』を観た]

    Excerpt: ☆嗚呼! 非の打ちどころのない傑作でした。  しっとりと感動しました。  『もののけ』『千と千尋』の頃から、『ハウル』『ポニョ』と、面白いけど物語が破綻しまくっていた宮崎駿が、この作品では見事な伏.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2011-07-17 01:59
  • 「コクリコ坂から」感想

    Excerpt:  「ゲド戦記」の宮崎吾朗第2回監督作品。1980年代に「なかよし」で連載された少女漫画(高橋千鶴・作画)、佐山哲郎・原作)をスタジオジブリ制作でアニメ映画化。    ちなみに「コクリコ」とは、フラ.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2011-07-17 09:44
  • 【アニメ】コクリコ坂から

    Excerpt: <コクリコ坂から を観て来ました> 製作:2011年日本 試写会にて、ちょっとだけ早く鑑賞してきました。最近ジブリ映画は試写会やDVDでの鑑賞になっちゃってる。昔は超超超好きだったんだけど….. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2011-07-17 09:49
  • コクリコ坂から

    Excerpt: じわりじ~んわりと効能を発揮する良作。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-07-17 10:49
  • コクリコ坂から

    Excerpt: コクリコ坂から 監督: 宮崎吾朗 原作: 高橋千鶴/佐山哲郎 声の出演: 長澤まさみ/岡田准一/竹下景子/石田ゆり子/風吹ジュン/内藤剛志/風間俊介/大森南朋/香川照之 内容: 宮崎駿が企画・.. Weblog: シネマDVD・映画情報館 racked: 2011-07-17 13:53
  • 映画「コクリコ坂から」感想

    Excerpt: 映画「コクリコ坂から」観に行ってきました。 1963年の横浜の港町を舞台に繰り広げられる青春ドラマ系のスタジオジプリ作品。 この映画、当初観に行く予定はなかったのですが、映画公開がちょうど1ヶ月映.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2011-07-18 00:13
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 東京オリンピックの開催を目前に控えた1963年。 横浜のある高校では、部活動のサークル棟として使用されている明治時代に建てられた由緒ある建物“カルチェラタン”を取り壊すべきか、保存すべきかという、小さ.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-07-18 06:14
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 終戦世代の青春と喪失感 公式サイト。高橋千鶴・佐山哲郎原作、宮崎駿企画・脚本、宮崎吾朗監督。(声)岡田准一、長澤まさみ、風間俊介、大森南朋、竹下景子、石田ゆり子、柊瑠美、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-07-18 08:23
  • 映画『コクリコ坂から』

    Excerpt:  企画:宮崎駿、脚本:宮崎駿・丹羽圭子、監督:宮崎吾朗。『耳をすませば』以来の、少女漫画を原作としたジブリ最新作を、シネ・ピピアにて鑑賞しました。宮崎吾朗さんにとっては『ゲド戦記』以来、5年振り2回目.. Weblog: 健康への長い道 racked: 2011-07-18 15:59
  • 『コクリコ坂から』 忘れ去られたモデルとなった事件

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  マンガ『コクリコ坂から』が少女マンガ誌『なかよし』に連載されたのは、1980年である。もちろん、その時代を背景に、その時代の少女たちを対象に描かれたマンガだから、映画の.. Weblog: 映画のブログ racked: 2011-07-18 19:34
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 本作はお釜で炊いたご飯や洗濯機の絞り機が手回しのロールだったことを覚えている、中高年向けの内容だと思う。その時代の記憶がない人には、当時の風俗が全く共感できないかもしれない。ガリ版で印刷物を作り、肉屋.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-07-18 23:07
  • なんでアニメなんだよ。(わわわわわ)~「コクリコ坂から」~

    Excerpt: これはあくまでも 私が感じるジブリ作品の特徴なんだけども。 そこまで顔にでますか~というくらい 表情が豊かで、喜怒哀楽が激しく、 ケンカするんだけど、 それがやたらほほえましく大人げな.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2011-07-20 14:14
  • コクリコ坂から

    Excerpt: コクリコ坂から ★★★★☆(★4つ) う~ん。良いか悪いかで言ったら良かったんだけどね。 「なぜ、今、ジブリからこの作品なんだろう」って思ってしまったのが正直なところでした。 1960年代の.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-07-21 12:45
  • コクリコ坂から

    Excerpt: そうとも、これが青春だ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2011-07-21 20:09
  • 映画『コクリコ坂から』

    Excerpt: 昨年『アリエッティ』でガッカリしてしまったので、 ジブリだからといって絶対面白いかどうかはわからないし、 映画館に足を運ぶことさえかなり迷っていました。 なので、あんまり事前にいろんな情報を見る.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2011-07-22 20:16
  • 『コクリコ坂から』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「コクリコ坂から」 □監督 宮崎吾朗□脚本 宮崎 駿□原作 高橋千鶴□キャスト(声) 長澤まさみ(メル:松崎 海)、岡田准一(風間 俊)、竹下景子(松崎 花)、石田ゆ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-07-23 08:42
  • 「コクリコ坂から」 淡々と物語がすすんでいく

    Excerpt: 「ゲド戦記」の宮崎吾郎監督の久しぶりの作品。 前作品から5年ほど経っていることに Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-07-23 14:36
  • 「コクリコ坂から」運命的な出会いをした先にみた両親から受け継がれたそれぞれの想い

    Excerpt: 「コクリコ坂から」は「なかよし」にて1980年1月号から同年8月号まで連載された作品で、舞台は1963年の横浜を舞台にある少女が毎朝、海に向かって、信号旗を上げている。その信 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-07-23 15:43
  • 純愛を振りかざす確信犯。『コクリコ坂から』

    Excerpt: スタジオジブリの最新アニメ映画です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2011-07-24 08:56
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 日本  アニメ&青春&ロマンス  監督:宮崎吾朗  出演:長澤まさみ      岡田准一      竹下景子      石田ゆり子       【物語】  東京オリンピックの開催 ... Weblog: 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing racked: 2011-07-24 11:02
  • しっぽり。誰向け!? 【映画】コクリコ坂から

    Excerpt: 【映画】コクリコ坂から ゲド戦記の宮崎吾朗によるスタジオジブリ最新作。 【あらすじ】 東京オリンピックの開催を目前に控える日本。横浜のある高校では、明治時代に建てられた由緒ある建物を.. Weblog: B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら racked: 2011-07-24 19:35
  • 少女よ君は旗を挙げる~『コクリコ坂から』

    Excerpt:  1963年、港横浜。坂の上に建つ「コクリコ荘」を切り盛りする高校生、松崎海 は、毎朝信号旗を掲げる。「安全な航行を祈る」。海と同じ高校に通う風間俊は、 その旗をタグボートから見つめていた。 .. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-07-26 10:03
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 「コクリコ坂から」監督:宮崎吾朗出演:長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子、風吹ジュン、内藤剛志、風間俊介、大森南朋、香川照之配給:東宝概要:東京オリンピックの ... Weblog: マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) racked: 2011-07-26 12:17
  • スタジオジブリ 最新作【コクリコ坂から】を観て・・・(笑)。

    Excerpt: 当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!今日は、曇り空が広がり、湿度が高く蒸し暑かったですね。時間が経つにつれ、太陽が顔をだし、私を干し柿にするような強い日差しのジリジ ... Weblog: MY ALL racked: 2011-07-27 21:14
  • コクリコ坂から(2011-050)

    Excerpt: ゲド戦記の監督である宮崎吾朗氏がなかよしに連載された同名漫画を 映画化。 原作は読んでいない様な気がしますが映画館での予告で「兄妹」だ とネタばれした時点で気になってしょうがなかった作品。 .. Weblog: 単館系 racked: 2011-07-27 22:18
  • コクリコ坂から

    Excerpt: ブログネタ:うまく歌えたらイイナ!と思う曲は? 参加中 COPDのイベントの後、 会場の近くの映画館で観ました。 宮崎吾郎氏のジブリ作品第二段ですね。 最近のジブリ作品は今一つだし.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-08-03 04:22
  • 映画「コクリコ坂から」ノスタルジーに今は浸る時じゃない

    Excerpt: 「コクリコ坂から」★★★ 岡田准一、長澤まさみ、風間俊介、 大森南朋、竹下景子、石田ゆり子、 柊瑠美、風吹ジュン、内藤剛志、声の出演 宮崎吾朗監督 91分、2011年7月16日より全国公開, 201.. Weblog: soramove racked: 2011-08-06 00:20
  • 記憶とリンクするディティールこそ大人向けジブリの真骨頂 ─ コクリコ坂から ─

    Excerpt: ─ コクリコ坂から ─ 今年のジブリは『ゲド戦記』以来続く宮崎駿の息子さん、宮崎吾朗の監督作品ということで個人的にかなり気になっていたこの作品『コクリコ坂から』。 だって ... Weblog: Prototypeシネマレビュー racked: 2011-08-07 09:02
  • コクリコ坂から

    Excerpt:  『コクリコ坂から』を、新装なったTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)この映画は、1963年の横浜を舞台に、男女の高校生の清々しい恋愛を描いた作品と言えるでしょう。ですが、下記の前田有一氏が.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-08-08 05:16
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 上を向いて歩こう。 話題のジブリ作品『コクリコ坂から』を観てきました! 宮崎吾朗さんの作品は『ゲド戦記』以来です。声優陣を俳優さん・女優さんが占めるのは、もはや仕方のないことなのかなーと思いつつ(.. Weblog: Peaceナ、ワタシ! racked: 2011-08-08 21:15
  • シネトーク71『コクリコ坂から』●良くも悪くないんだけど・・・・何かが足りない

    Excerpt: 三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「レディースデーがあるのにメンズデーがないのは男女差別じゃね?」 .. Weblog: ブルーレイ&シネマ一直線 racked: 2011-08-09 13:02
  • コクリコ坂から

    Excerpt: スタジオジブリ・プロデュース「コクリコ坂から歌集」 コクリコ坂から サウンドト Weblog: 青いblog racked: 2011-08-10 18:15
  • 手嶌葵新曲「さよならの夏~コクリコ坂から~」ライブ視聴(試聴)!ジブリ映画『コクリコ坂から』主題歌!

    Excerpt: 昨日のTVCMで流れてきて、何度も聴くうちに擒(とりこ)に…!6月1日発売、 手嶌葵(てしま あおい)の新曲「さよならの夏~コクリコ坂から~」ライブ視聴(フル試聴)。 ~映画『コクリコ坂から』主題.. Weblog: やまかず音楽日記 racked: 2011-08-13 08:47
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 母が不在の間、自宅兼下宿屋のコクリコ荘を切り盛りする松崎海。船乗りだった父を亡くしている海は、毎朝庭の旗竿に信号旗をあげるのが日課だ。 彼女が通う高校の、通称カルチェ・ラタンと呼ばれる明治以来の歴.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2011-08-16 20:44
  • 『耳をすませば』以上に濃い! ~映画『コクリコ坂から』・感想~

    Excerpt: すくなくとも『ゲド戦記』より面白い。 上映時間91分とのことだけど、時間を感じさせない密度の濃さだった。 僕は友達と一緒に見たけど、友達曰く、 『登場人物が皆さん熱い』とのこと。 まあ、学生.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2011-08-27 02:10
  • 『コクリコ坂から』

    Excerpt: ジブリ作品だけど、イマイチ観る気がおきなかった、宮崎吾朗監督作の『コクリコ坂から』を観てきました。 主題歌も、手島葵が歌っていることさえ知らなかった。 翌年に東京オリンピックを控えた、1963年の.. Weblog: Matthewの映画日記? racked: 2011-09-05 14:52
  • 映画:コクリコ坂から

    Excerpt:  個人的にはゲド戦記が微妙だったので見ようかやめようか迷っていたのですが、ネットでも今回の作品はおもしろい!との評判。と言うことでコクリコ坂からを見てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2011-09-08 01:22
  • コクリコ坂 朝鮮戦争の日本への影響、光と影

    Excerpt: 【序】 もっきぃです。(映画は)約1ヶ月ぶり、元気ですかーっ。 昨日、久々に映画をみてきました。今年の56本目「コクリコ坂」です。 会社の「ALWAYS三丁目の夕日」が大好きな同僚(60年代生れ)が .. Weblog: もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう) racked: 2011-09-19 02:18
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 11年/日本/91分/青春ロマンス/劇場公開(2011/07/16) -監督- 宮崎吾朗 過去監督作:『ゲド戦記』 -プロデューサー- 鈴木敏夫 -企画- 宮崎駿 -脚本- 宮崎駿 -主題歌- 手嶌葵.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-06-21 00:01
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 少女漫画が元になっているようなので、少女漫画として観ませう。 いやーそれにしても、ジブリの描くヒーロー(ヒロインの相手役)の男の子ってどうしてみんなこうカッコイイんでしょうね!ヒロインの海、.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-06-21 10:05
  • コクリコ坂から(’11)

    Excerpt: 昨夜日テレ金曜ロードショーで、一昨年公開の「コクリコ坂から」放映、オンタイムと録画で見ました。 当時気にはなりつつ未見のままだったジブリ新作、いずれはTV放映もあるだろう、と思ってたのが、ようや.. Weblog: Something Impressive(KYOKOⅢ) racked: 2013-01-16 11:41