“青い衝撃”が墜ちた日

きょうは11月14日。毎年この日になると欠かすことなく目を閉じ思い浮かべる、忘れられない光景がある。

田舎の少年だった私が、電車を乗り継ぎ期待に胸をふくらませてたどり着いたその地で、私の目前で事故は起こった。急降下していく機体が格納庫越しに消え、直後巨大な火球が空に立ち上る光景・・・。

1982年11月14日。航空自衛隊浜松基地で、T-2ブルーインパルス4番機が墜落した日・・・。

この年はブルーインパルスの使用機がF-86FからT-2に変わった年。T-2ブルーのデビューイヤーだった。このころからすでに飛行機大好き少年だった私は、小遣いをやりくりして毎月買っていた航空雑誌に掲載された、青と白に染められた鮮やかなT-2をどうしても見たくなり、父親からペンタックスの一眼レフと望遠レンズ(200ミリくらいだったか)を借り、前夜に使い方を教わり、当日の早朝からわくわくして浜松へと向かった。これが私にとって初めての航空ショーであると同時に、、初めての一眼レフ撮影でもあったのだ。

ブルーの演技も終盤に入り、ダイナミックな「下向き空中開花」が始まった。
ちなみに現在のT-4ブルーにある「レインフォール」(全機が手前に開いてくる)とは似ているが全くの別物で、6機編隊でのループが270度(-90度=3/4回転。編隊は垂直降下姿勢)に達したところで、1番機はループを続行。すぐ後ろで編隊を組む2・3番機は2番機が左に、3番機が右にそれぞれ30度のロールを打ってからの引き起こし。2・3番機の後ろに位置する5・6番機はさらにひねって5番機が左に、6番機が右にそれぞれ135度のロールを打ってから引き起こしに入る。
それに対し1番機の真後ろ、ちょうど5・6番機に挟まれたポジションの4番機は180度のハーフロール後の引き起こしとなる(1番機と反対方向に開いていく)ため、ロールにかかる時間が最も長い。



・・・ループは頂点を通過し降下に入る。「もうすぐ開くぞ、開くぞ」とドキドキしながら見守る私の前で6機のT-2がブレイクした。しかし、ファインダーの中で四方(六方)に開いてゆくはずの各機のうち、一機だけがどんどん下に進んでいってしまう。広角レンズできれいに開いたところを狙っていた私はやむなくここでシャッターを切った。(思えばこれが、なかなか引き起こせずに地上へ向かって降下していく4番機の、絶望の姿だったのだ)

ファインダーから目を離してその一機に注目すると、やはりおかしい。他の5機は引き起こしを終えようとしているのにさらに降下していく。とうとう滑走路向こうのハンガー越しに見えなくなってしまった。

そして、巨大な火球・・・。

落ちたのは広い駐車場だったという。そのため奇跡的に一般市民の死者はゼロだった。偶然そこに落ちたのか、それともパイロットが一か八かの引き起こしを続行して大惨事になるよりはと、とっさに視界に入った駐車場に「落とした」のか。のちにいろいろ言われることになるのだが、どうなんだろうか。

後で知ったがこの事故の原因は、ループ開始高度が低かったことと、編隊長の「Break ready・・・Now!」コールが遅れたこととが重なった結果、ハーフロールを終えた時の4番機の姿勢・高度ではもはやリカバリー不可能だった、ということだそうだ。

  


私は今これを書きながら一冊の本を開いている。アサヒグラフ1982年8月臨時増刊号『ニュー・ブルー・インパルスのすべて 大空の魔術師たち』というムック本である。(乏しいお小遣いからこの月は『航空ファン』以外にコレも買ったんだったなあ)

初代メンバーの顔写真とプロフィールが載っているページがあり、もちろん亡くなった4番機パイロット高嶋潔一尉(発刊当時ニ尉)も、控えめな優しい笑顔でそこにある。
そしてプロフィールの「一言」。彼のところには「やれることを完全にやる」とある。
ハーフロールを終えたとき、いや、編隊長のブレイクコールの時点で、かなり窮屈な引き起こしを強いられるであろう状況におそらく彼は気付いていただろう。(ブレイク後に編隊長も4番機に対し「遅れた、引っ張れ」と無線で指示している)
でも、4番機として行わなければならない機動に彼は挑んだのだ。「下向き空中開花」を「完全にやる」ために。
残念ながらそれは完全なものにならなかったし、その判断ミスを批難されることは当然かもしれない。結果論だがこのケースでの4番機は、チームの規程通りハーフロールを中止して1番機に追従すべきだったのも事実だ。
が、墜落という事故にあって地上の犠牲者を出さなかったことは、最悪の状況下で彼ができ得る限りのことをやり遂げた、といってもいいのではないか。(重軽傷者や車、住宅等の被害は出てしまったけど)

毎年11月14日はこのことをとりとめもなく考えてしまう日。

“青い衝撃”が墜ちた日・・・。



2011/6/16 追記
下向き空中開花ブレイク時の2・3及び5・6番機のロール角度を訂正しました。
(参考文献 『ブルーインパルス/大空を駆けるサムライたち』 武田賴政著 文藝春秋)




"“青い衝撃”が墜ちた日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント