『50/50 フィフティ・フィフティ』・・・身近なガン患者への接し方とは

ガン患者を主人公に据えた作品だが、壮絶な闘病物語でもなく、その生死をめぐる感動号泣ドラマでもない。世話役を買って出たはずの恋人は去ってしまうし、親友も影で涙を流すどころかガンをネタにして悪ふざけの日々。担当となった新米セラピストもどこか頼りない。
それなのに観ているうちに心がポカポカと温かくなっていく展開が実に爽やか。ストーリーにドラマチックな起伏のある作品ではないのだが、ガンを告知された青年アダムが周囲の支えの中で希望を見出していく過程とラストシーンがとにかく心地よかった。


親友からガンであることを打ち明けられたとき、人はどのように接するだろうか。今までと変わりない付き合いを続ける意思にウソがなくても、実際には交わす会話の一言一言にさえ気を遣ってしまうに違いない。
実は今、ガンを患い闘病中の友人がいる。入退院を繰り返している彼女に対し日々のメールは欠かさないものの、遠方を理由に会いに行けないでいる私。いつでも電話して来いよと言うくせに、自分からは電話できないでいる私。面と向かい合うのが怖いのだ。メールではなく声で言葉を交わすのが怖いのだ。

そんなネガティブな私と比べ、アダムの友人カイルのなんとも能天気・・・いやポジティブなことか。アダムの生存率50%をギャンブルなら高確率だと笑い飛ばし、アダムがガンであることをネタにしてナンパも成功させる始末。腫れ物に触るような両親や恋人とは正反対のこの態度。
そんな彼がアダムの知らないところでガンについて勉強していたことがわかるシーンがある。これにはやられた。彼が繰り返し読んでいたのであろうガン患者への接し方についての本。そこに残るおびただしい数の付箋とドッグイアは、アダムを心から心配している何よりの証拠。だからこその親友。

セラピストのキャサリンも、カイルと共にアダムの闘病生活を医師とは違った角度から支えたひとり。同時に彼女自身もセラピストとして確実に成長して迎えるラストシーン。どうやらプライベートでもアダムのよきパートナーになりそうな予感。二人の交わす「どうする?」が最高の締めくくりである。

さあ、お二人さん。どうするんですか?(笑)



ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じるアダムは、『(500)日のサマー』でのトム役に雰囲気がそっくりで、なんだかトムのその後の波乱に満ちた人生のようでもありおもしろかった。

キャサリン役のアナ・ケンドリック。見覚えある彼女のことを鑑賞中どうしても思い出せず、帰宅後拙ブログにて確認して納得。『マイレージ、マイライフ』の新人ちゃんだ。あちらでの役どころも、本作同様“新米ながら主人公とのかかわりを通して人間的に一皮剥ける脇役”だったねぇ。うん、カワイイ♪


さてと。私も迷ってないで、必ずその友人に会いに行こう。カイルに負けないくらいの、とっておきのジョークをひっさげて。神妙な表情など見せるものか。


"『50/50 フィフティ・フィフティ』・・・身近なガン患者への接し方とは" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント