『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』・・・真のリーダー

1941年12月8日、帝国海軍の下す苦渋の決断によりこの国は戦争へと突入した。太平洋上機動部隊空母6隻の攻撃隊一波二波合わせて約350機がオアフ島真珠湾を目指す。
対米戦回避をギリギリまで唱えながらもこの奇襲攻撃を立案することになる山本五十六が、連合艦隊司令長官就任からブーゲンビル島上空で戦死するまでに何を見つめ、何を憂い、何を思いながら戦争への道を進んでいったのか。真珠湾攻撃、ミッドウェーの惨敗、ガダルカナルの救出作戦を経て非業の死を遂げた一人の軍人のリーダーとしての生き様が感慨深い。

ミッドウェー海戦の場面では、空母赤城艦上での度重なる艦載機の兵装転換や、空母飛龍と山口少将の最期といった連合艦隊にまつわるよく知られたエピソードを交えつつも、後方の旗艦大和に乗る山本の目線で描かれていく。敵空母の存在に翻弄されての兵装転換が結果命取りとなり、その空母から発艦した艦爆の急降下爆撃により赤城、加賀、蒼龍、そして飛龍の4空母をあっという間に失った山本の無念。開戦の日、真珠湾でもし空母を一隻でも沈めていたらあるいは・・・。

幾度となく映像化されているブーゲンビル島上空での山本の最期。CGとミニチュアによるVFXの完成度は昨今のこの手の邦画としてはかなりレベルが高く、加えて直援機パイロットの表情や彼の目線を巧く使ったカメラワークがとにかく秀逸。
P38の編隊に襲われ2番エンジンから火を噴く一式陸攻に、直援の零戦がなす術もなく寄り添う。陸攻機内では、微動だにしない山本。覚悟を決めじっと目を閉じているのか、そして日本の戦後を思うのか、あるいは既に事切れているのか。
追尾を断念した直援機のその先を徐々に降下していく山本機の後ろ姿。そして・・・墜落。
本作でのこの撃墜シーンは単に“撃たれました落ちました”という表現に留まっておらず、機内の山本だけでなく乗機の一式陸攻さえもが寂しく儚く悲哀に満ちていて、VFXの出来のよさはもちろん作り手が込めたであろう様々な思いまでじわりと伝わってくる名シーンだった。

多くの映画に登場する山本はいずれも威厳に満ちつつも情に厚く、知略に優れた名将として描かれる。組織のリーダーとしてのお手本のような人物像であり、彼の残した数々の語録とともに企業研修などで引き合いに出されることも多いだろう。
本作は戦争映画ではあるが戦闘シーンに時間を割くことなくあくまで山本五十六にスポットを当てた作品である。誰よりも開戦に反対しながら、その火蓋を自ら切ることとなった苦悩。その後も軍令部や航空司令との対立の中で、それでもなお絶大な支持を集め、常に部下を思い家族を愛し、祖国の行く末を案じ続けたその姿は、真のリーダー像としてやはり魅力にあふれている。
大きな震災からの復興を目指す今の日本にこそ、彼のような大きなリーダーが必要なのだが・・・。



"『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』・・・真のリーダー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント