『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』・・・ブランコの向こうに

賢いがちょっと変わった行動を取ることのある少年オスカー。9.11のテロ事件で大好きだった父を亡くした彼に残る心の傷だ。最愛の父を失った悲しみを乗り越えられないでいた少年はある日、父のクローゼットで封筒に入った鍵を見つける。かつて父と遊んだ調査探検ゲームの思い出が、少年を鍵穴探しの旅に駆り立てる。

封筒にメモ書きされた「black」の文字をゲームのための父親のヒントだと思い込んだ彼は、NYの電話帳から472人の“ブラックさん”をピックアップし、一人一人訪ね歩く作戦に出る。この無謀ともいえる少年の調査探検だが、強力な助っ人も現れ、またそれぞれのブラックさんと触れ合う中で少しずつ成長していく少年。

探検の合間に挿入される父との思い出の日々がまた実にいい。トム・ハンクス演じる父親の明るい人柄や、アスペルガーの疑いのある我が子に対する優しく温かな教育方針がじんわりと伝わってくるのだ。探検に行き詰ったとき、回想の中の父親がそっと少年を後押しするかのような見せ方が巧いと思った。
こんなに明るく穏やかな家庭を一瞬にして奪ったあのテロ事件。気付けばもう10年以上の月日が流れたわけだが、映画の題材としてどうなのだろう。もちろんテロそのものを扱った作品ではないけれど、未だにアメリカでは正当な評価を受けにくいのではないかな・・・などと余計なことも考えてしまった。

鍵穴を探す少年の調査探検は、意外な結末とともにあっけなく終わる。鍵を手に鍵穴を探していた少年と同じように、鍵穴に合う鍵を探していた人物がいたのだ。たどり着いた鍵穴は残念ながら少年のために父親が用意した物ではなかったが、その代わりに少年は母親の深い愛を知ることになる。
サンドラ・ブロック演じる母親には、夫の死から前へ進めなくなっているネガティブな印象が終始付きまとっていたのだが、そんな印象がここで一変する。リュックを背負いタンバリンを手に毎日出掛けてゆく息子の行動とその意味を母親はちゃんと知っていて、こっそりサポートしていたのだ。
ブラックさんたちの共通の話題で盛り上がる母と子。ギクシャクしていたそれまでのわだかまりがすーっと解けていく様子に涙が溢れた。

父の死をしっかりと受け止めその悲しみを乗り越えた先には母親の大きな愛情があった。週末ごとにニューヨーク中を旅した少年の心を救う存在は、なんてことはない、ありえないほど近くにあったんだね。

東日本大震災以後、「絆」という言葉が頻繁に使われるようになった。人と人とがつながりあう温かい言葉ではあるが、軽々しく使ってはいけない重く深い言葉だと私は思う。本作でオスカー少年が悲しみを乗り越えようともがき悩み苦しんでいる時に母や祖父やたくさんのブラックさんが差し伸べた優しく力強い温もり、それが絆なのだ。

大きな感動があるわけでもない。見ていられないほどの悲しみも切なさもない。感じ方に個人差はあれ、観客を泣かせるためだけの演出が特にあるとは思えない。にもかかわらず止まらない涙。泣かされる映画ではなく、泣ける映画とでも言おうか。

ブランコの苦手だった少年がブランコを漕ぐ。
高く高く、大空の彼方に届かんとばかりに勢いをつけて、そして・・・。

珠玉のラストシーンである。


■9.11関連作品の過去記事
 『ユナイテッド93』 2006/08/18
 『ワールド・トレード・センター』の価値 2006/10/15


"『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』・・・ブランコの向こうに" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント