『ポテチ』・・・キリンに乗ってくから!

確信した。伊坂幸太郎作品の映画化は監督・中村義洋、音楽・斉藤和義でなければ成立し得ないことを。
中村×斉藤によって作り出される伊坂ワールドは原作ファンを決して裏切らず、それでいて一本の映画としての魅力に満ちている。このタッグでは3作目となる伊坂ワールド、その素晴らしさを今回も存分に堪能した。
(劇場での鑑賞は『ゴールデンスランバー』に次いで2作目)


「僕、すごいことに気付いちゃったんです」

主人公の今村忠司の序盤のセリフである。それがどんな“すごいこと”なのかを観ている人がどこで気付くかが本作の最大のポイントだと思う。言い換えるならどこまで気付かずに観続けるか、だ。

今村には同棲中の若葉という彼女がいる。で、ある状況下で今村が彼女にポテトチップスを買ってくるシーンがあり、今村が若葉に手渡したのが彼女希望のコンソメ味でなく自分に買ってきた塩味だったことでちょっとした悶着が発生してしまう。もっとも若葉は本気で怒っているわけではなく、「食べてみたら塩は塩でおいしいので、まちがってくれてよかったかも」といった趣旨の発言をするのだが、ここで今村がなぜかはらはらと泣き出してしまうのだ。

原作を知っている者なら若葉の言葉から彼が何を感じ取ったのか、その涙の意味が痛いほど伝わるのでこちらまで泣きそうになってしまう名場面である。ところが、事情を知らずに観ていると、Sっ気のある彼女の一言に気弱な青年がうるうるしている図にも見えてくるわけでこの場面、観る人によって泣きどころにも笑いどころにもなるという映画的に非常に面白いシーンだと思う。

つまりだ。今村が気付いた“すごいこと”とはそれこそ出生にまつわる重要事項。ところがそれが明かされていく前に彼が“気付く”のが今更ながらの「万有引力の法則」や「三角形の内角の和」なので、まずは笑いが先行していくのだ。やがて健康診断、同じ誕生日、同じ病院といったキーワードから一つの可能性が導き出されたとき、観ている者の胸の内に大きな何かがようやく、そして一気に押し寄せてくるのである。


伊坂×中村に欠かせない俳優が濱田岳。今回の彼もとにかくよかった。事情を知らない周囲を戸惑わせるプロ野球の尾崎選手への異常なまでの執着ぶりを熱演。原作の今村のイメージと必ずしも合致するキャラではない彼が、こうもすんなりと今村になり切るとは・・・。濱田の使い方をわかり切ってる中村監督の手腕おそるべし。もちろん濱田岳のウマさあってのことなのは言うまでもない。

今回私が濱田以上に惹かれたのが若葉を演じた木村文乃。「ぶっとばすよ!」が口癖の若葉を、原作から飛び出してきたかのような、むしろそれ以上の勢いで演じていたのではなかろうか。野球に関して冷めている彼女の気持ちが、クライマックスの野球観戦シーンで徐々に高まっていく様子は圧巻。
膝の上でわなわなと震える彼女の握りこぶし。

“そんなもんじゃないだろ” “どうしたんだよ”

今村の想い、彼の母親の想い、今村が慕う男、黒澤の想い、そして打席に立つ選手、尾崎の想い。“すごいこと”を知っている者知らぬ者。ポテチの取り違えで泣き出した命の恩人今村にまつわるそうしたすべてのことを理解した若葉が今、グランドの尾崎に向かって声を限りに叫ぶ。

「野球ヒーローだったんじゃないのかよ!!」

“ホームランなんてただボールが遠くに飛ぶだけじゃん”が持論だった彼女が、直後、尾崎の放ったホームランに立ち尽くし涙する。

「・・・だって、ただのボールがあんなに遠くに」

あ~、この場面、最高だったなあ。読んだときとは違う種類の感動を、中村監督と女優木村文乃のおかげで改めて味わうことができた感じだ。


なにせネタバレできない作品なので核心に触れられないのが何とももどかしいのだが、伊坂幸太郎ファンもケチのつけようがない完璧な映画化なのは間違いない。原作「ポテチ」は「フィッシュストーリー」の中の一編であり、中村×斉藤×濱田で先に映画化された表題作「フィッシュストーリー」も素晴らしい作品である。映画も原作もとにかくおすすめなので未見未読の方はこの機会にぜひ。ちなみに本作で黒澤がとあるカップルを脅すシーンがあるが、ここで引き合いに出すこわーい話は同じく「フィッシュストーリー」収録の一編が元ネタである。
そもそも黒澤というキャラは伊坂ファンにとっては超お馴染みの男なのである。また本作のヒロイン若葉もある伊坂作品に登場しているキャラなので、興味のある方は探してみるのも楽しいかと。

わずか68分に込められた切なくも温かい・・・いや、温かくも切ない人間模様に、私は原作を知りながらも涙を止めることができなかった。伊坂×中村×斉藤。ここに俳優・濱田岳が加わった時、映像作品としての究極の伊坂ワールドが誕生する。映画は長けりゃいいってもんじゃない。

傑作。


"『ポテチ』・・・キリンに乗ってくから!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント